プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

霊視鑑定結果のご感想 気付き

上杉 安可吏様

大変お忙しい中、鑑定をして頂きありがとうございました。

どんな鑑定結果が来るだろうと、正直不安もあり、ショックを少しでもなくすよう 事前に色々鑑定内容を想像しておりました。
例えば、「貴方には掛け替えのない二人のお子さんがいらっしゃる。
これ以上何をお望みですか。結婚しなくても、充分幸せでしょう。」などなど・・・。

実のところ、ここ最近とても順調で、子供たちもよい子に育ってますし、私自身もやっと今年4月から正規の職員として務めることも出来まして、(離婚してからはずっと派遣社員や臨時職員みたいなのをやっていました。)とくにこれといった不満もなく、(むしろ、幸せなのだと思う)他の方々の悩みからすると、これ以上の幸せを望むのは贅沢!!とも思ったりしていました。

が、鑑定結果は全く想像していない内容でした。
あなたの第三者に与える印象や波動は、他人の意見や思いを受け入れようとするものではない様で
やあなたご自身の几帳面で責任感の強いご性格を、少なくとも、あなたと関わり合う人間に対しても、それを強要してしまう様な部分というくだりですが、とても自覚しております。

離婚前は私はどちらかというとマイナス思考で、安可吏様に指摘されたような性格の為に、
悪いことは全て責任転嫁してたように思います。

以前視てもらったという霊媒師のかたには、「貴方は悪くない。離婚の原因は旦那にある。離婚して正解よ。」と言うことを言われましたが、上記のような性格をもっと早く気づくことが出来たら、状況は変わっていたと思います。

その後、いろんな方との出会いや助けを得たこと、また書物などから、改めて自分を見つめ直すことが出来ました。
今ではプラス思考に考えることが出来、同じ事でも私の気持ちの持ち方一つでプラスになったりマイナスになる事が分かったので、良くないことがあっても視点を変えてプラスになるように心掛けています。

また、他人の意見なども素直に聞き入れるようになったと思います。
だから、今の私なら再婚しても、今度こそ良い家庭が築けるのではないか・・・と考えておりました。
が、そうではなかったのですね。

最初、この鑑定結果を見た時、「えっ、こんなに自分を変えることが出来たのにどうして・・・。」と反発を覚えました。
そして、何度も何度も読み返して気づきました。
安可吏様はあなたの第三者に与える印象や波動と言っておられます。
そうです。私の心の中をどう改造しようが、あくまで私の気持ちの中だけで思っていただけで、
他の人に与える印象などは私の中では全く欠落していました。
特に家族には強要してしまったり、ご指摘があった、言葉尻の暖かさなどは意識していませんでした。反省です。

身体的問題からも大きく影響を受けておられる様に感じられます。生理の前後に、著しく精神の安定を欠いてしまわれる 低体温、神経過敏…、とありますが、今まで特に感じたことも指摘されたこともないのですが・・・。
ただ、生理時は強烈な腹痛と腰痛、眠気におそわれます。これも関係しているのでしょうか。今後意識してみます。

また、「多分、今直ぐにでも再婚をしたいと望まれておられるのではなく」「是が非でも…、といった切望よりも、」とありますが、私の中では、出来るだけ早くしたいという気持ちだったのですが・・・。
私の年齢的なことや、また、特にお姉ちゃん(小6)にしょっちゅう「新しいパパが欲しいから、早く再婚して!」と言われてることもありまして・・・。実はこれも、私の本心は違うところにあったのかなぁ。
 
なにはともあれ、「あなたの元来のご性格や気質」とのことで、こういったものは上手く直すことが出来るかどうか不安はありますが、今後は安可吏様に指摘されたことを意識し、アドバイスにあった、「言葉尻」に気を付けるなど、出来るところから改善に向けてがんばっっていこうと思います。
 
今回、改めて自分の短所を気づかせて頂き、鑑定を受けて本当に良かったです。
霊視の後に、さらにこれだけの鑑定内容を文章にするのはとても骨の折れる作業だと察します。
私も本来ならもっと早くに感想のメールを送りたかったのですが、なかなか文章がまとまらず、2日にわたって文章を書きました。それでも、まとまりのない、分かり辛い文章になったかと思います。(>_<) ごめんなさい。

今回は本当に有難うございました。もっと自分を向上させることが出来た時、また鑑定をお願いするかもしれませんが、その時は宜しくお願いします。


●● ●●●

ご依頼者様からの丁寧なご感想は、
HP開設当初からのもの順次、掲載させて頂いてきたのですが、
ブログの更新にも問題があり、
気が付くとこちらの感想は2012年11月のものです。
個人が得て出来てしまう部分は●●に変換して、
そのままを掲載させて頂いておりますが、
如何様にもどうぞ…、って具合には出来なくて、
ブログを読んでくださっている方々にも、
何処かお心当たりがあったり、
明日へのヒントが隠されていたり…、
きっとするだろうと、
短い文ではありますが、
掲載後に追加分として乗せる様にしています。
そんな風にして読んで頂ければ幸いでございます。

自己啓発が著しくはびこった時代が過ぎ、
「変わることなんてないんだよ」
「ありのままの自分でいいんんだよ」
…、と自分を愛し受け入れることから、
幸福とは何かを導いていく書籍がとても多くなったと感じますが、
「変わる」という言葉に対しての偏見が、
頑丈に蓋をされ続けた思考の柔軟性を、
拒んでいるのではないかと感じます。

変わることは、自己の否定ではありません。
変わることは、魂のステップアップです。


自分にとって望ましい生き方が出来ていない現実の中で、
その要因は様々ですが、
どんなに心を痛め苦しみの中から知恵を絞り出しても、
自分のこと以外のことは、
自分ではどうすることも、解決することが出来ないのです。


そんな中で、苦悩から解放される為には、
自分以外のせいにせず、
そう言えば私にも…、
あの時、あんないい方ではなく別の言葉を…、
という様に、
もっと自分に出来ることが、
気付くことがあったならばと、
問題を自分に移行させることによって、
状態が改善されなくても、
自分の中での問題意識に変化が生じ、
それは相手に対しての悪しき感情から、
ご自身が解放されることに繋がります。


その気付きの為の、
意識の変化を促すのも霊視鑑定士としての役目なのではないかと、
時にご依頼者様に憎まれながらも、
それでも使命だと思っているのですが…。
やっぱりやるせない時もあるかなあ(笑)

今日も最期まで読んでくださって、(今日は一段と長い(笑))
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯かりの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 霊視 波動 鑑定結果 離婚 再婚 上杉安可吏 問題 思考

今どきの子たち(笑) から学ぶ

未開発の地に、空から何かが落ちてきた。
数人の村人が、恐るおそる落ちた物体に近寄り、
初めてみる物体を眺めています。

木の枝で突いてみて、
動かないことを確認すると、
匂いを嗅いでみたり、
直接手で持って見る者もいた。

一先ず、物体は酋長の家に預け、
其々が奇妙なその出来事を、
家族に話しました。

或る者は「丸いものが落ちてきた」と言い、
或る者は「赤いものが落ちてきた」と言う。

そしてまた或る者は「とても良い香りがした」と言い、
別のものは「少し硬いものだった」と言った。

もう想像がついたのではないかと思いますが、
これは「りんご」を知らない人間達が、
「りんご」をどう表現したのかです。

どの人も総て正しく、
そして総て完全ではありません。


これはリンゴをどう表現したかの話に留まらず、
このお話の本質は、
人は其々に感性が違い、
同じものを見ているにも拘わらず、
見方に違いがあるということです。


決して、価値観の違いではなく、
単純な見方の違いなのです。

どれもが正しく、
そしてどれもが完全ではないことに、
気付くのが賢者であり、
他人の見方を受け入れずに、
自己主張し続けるのが愚者です。

他人を受け入れるということは、
自身を否定することではなく、

受け皿を広くし、
引き出しを増やすことだと、
気付くために必要なことは、
人間性だとか、
心の広さとか、
そんな言うは易しなことじゃなく、
「疲れたくない」の境地です。

自分と違うものを受け入れないということは、
違うちがうと頑ななエネルギーを放出していて、
それは相手に向っていくのではなく、
跳ね返って自分に向かってくるという、
とても疲れることなのです。

争いは嫌だと口にする人ほど、
遠い昔の自分同様、
「私は…」「私は…」と口にします。

そしていつも疲れています。

私が見たのは赤いものだったけど、
そうか硬かったのね。
いい匂いがしたなんて、
食べられるのかしら…。

そう口にした瞬間に、
自分を主張する者はいなくなるはずなのです。

今どきの子たち(笑)には、
共通言語の「ヤバイ」の一言によって、
その場は完結してしまいます。

どうヤバかったのかを言い合うことも、
振り返ることもなく、
後に話に浮上しても、
あんときヤバかったよね~。

うんそうそう、ヤバかった。

これはこれで新しい賢者のカタチで、
悪くはないと思うのですが。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯かりの扉 


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 霊視鑑定 霊視 賢者 今どきの子たち 争い ヤバイ

霊視 ご依頼者様との繋がり

どう視えているのですか?
視えるってどんな感じなのですか?

こういったご質問を受けることがありますが、
それを上手く説明するのは、
今でも正直難しい。

誰もがきっとそうだと思うのですが、
過去の経験を思い出す時、
様々な光景が脳裏を過っていったり、
その時の感情が甦ってきたりすると思うのですが、
自分が経験していないことなのに、
まるで過去の思い出の様に、
脳裏をかすめていくという表現が最も近いと思います。

光景や表情は連動していなくて、
その一瞬がフラッシュしてきたり、
様々な感情が込み上げてきたり、
時には匂いを感じることもあります。

対面鑑定以外では、
お写真を通して霊視をさせて頂きますが、
どんな方でも同じ様に見える訳ではなく、
すうっと入っていくことがことが出来る方もあれば、
厚い壁のようなものに遮られ、
無線塔の周りを回るように、
壁伝いにグルグルと回っては、
突破口を探し続けることあります。

お申し込みを頂いた際にお伝えしているのですが、
こうしてネット上でサイトを立ち上げた当初は、
私自身の能力を分かって頂く為に、
鑑定内容すらお聞きしないで霊視をしました。

それはとても時間を要し、
また私自身の大きな疲弊感に繋がりましたが、
実際に体験した方々からの、
沢山のコメントやご紹介を頂くまではと、
写真の向こう側にいらっしゃる方と、
長い間睨めっこしたものです。

当時を思い出すと、
お一人を霊視させて頂き、
尚メールという活字に起こす作業に、
半日以上を費やしていたかもしれません。

お陰様をもって、
日々霊視鑑定のお申し込みが増えていって、
時間的にも体力的にも困難になっていき、
鑑定の内容と現状に関して、
予めお知らせ頂くようになりました。

それが先に申し上げた
霊視を進めていく突破口にっていく訳です。

そうして霊視鑑定をさせて頂いて、
もう既に九年になろうとしています。

これまで数多くの方々の、
人生の一部に関わらせて頂いてきて、
沢山のご感想も頂戴してきました。

勿論、お礼だけではなく、
「当たってません」
のただ一言だけも忘れられない感想ですし、
ご依頼者の仰っていることの原因ばかりではなく、
その実際の光景さえ、
どうしても視えてこなくて、
謝罪のメールを差し上げたこともありました。

どの鑑定も同じことはひとつとしてなく、
霊視をさせて頂きながら、
人の幸不幸を、
考えさせられることばかりです。

有り難いことにお礼のメールも数多く頂戴し、
今日も先程読ませて頂きました。

本当に視えているんだと驚きました…、
から始まったそのメールを読ませて頂きながら、
この九年間の鑑定の中で、
初めて感じたことがありました。

私自身の物理的な理由で、
簡単な現状や鑑定内容をお知らせ頂いていたのですが、
それを知らせて下さるご依頼者様の、
私を信頼してくださる…、
信頼したいと思って下さるお気持ちが、
何よりの突破口ではなかったのかということです。


霊視鑑定士なのだから、
視えて当り前で、
お引き受けしてからは、
私だけの問題だと思ってきたけれど、
そうではなく、
少なくとも信頼をしたいと思って下さっているお気持ちが、
綴られた文章の中に存在し、
より深い霊視が出来ていたことに、
初めて気付いたのでした。


こんなに長く携わらせて頂きながら、
何で気付かなかったのだろ。

…って少凹みました。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯かりの扉 


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 霊視 信頼 突破口 対面鑑定

天使が逝ってしまった

今年から小学生になったばかりの孫が、
つい先日、移動中の車の中で、
「バアバ、どうして人は死んじゃうの?」と、
六歳なりにも切ない表情で問いかけてきました。

「そうね、生まれてきたから、
いつかは死んじゃうんの」
「人だけじゃなく、命があるものは、
総ていつの日か死んでしまうのよ」

勿論、理解などできるはずもないのだけど、
微かに聞こえる声で、
「うん」と頷いた。

昨日、海老蔵さんの男泣きの会見から、
小林真央さんの訃報を知り、
切なくて切なくて…、
可哀想で可哀想で…、
涙が止まりませんでした。

間違ってこの世に落ちてきた天使は、
とうとう帰るその時がきて、
逝ってしまったのでしょうか。


孫に話したことを思い出すと、
空虚しく薄っぺらで胸が痛みます。

時には残酷で、
持て余す感情を、、
何故に…、どうしてと、
その意図を言及しても、
静寂の中から聞えてくるのは、
我が鳴き声だけ。

こんなにも多くの人たちの声援や想い、
そして優秀な専門家の方々の知識と技術を集めても、
命を繋ぐことが出来なかった、
その無念を前に、
私は、
私たちは何を約束できるでしょうか。

今夜の新月を見上げながら、
考えてみたいと思います。

市川海老蔵という歌舞伎役者の妻で、
もう少しいさせてあげたかったと、
胸が痛むのは私だけではないでしょう。

小林真央さんのご冥福を心から祈ります。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯かりの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 市川海老蔵 小林真央 天使 新月

朱璃(あかり)に改名しました

先日、依頼霊視鑑定を通して、
姓名画数だけではなく、
五行(火・水・木・金・土)からの、
吉凶を占う資料を眺めていて、
自身の名前を当てはめて、
ビックリ仰天!
」のオンパレードです。

本名が画数によると最悪なのは、
随分と昔に分かっていましたが、
苗字は変えられないし、
いえ一度変わった経験はあるけど、
それはそれで問題だったし。

名前もせっかくばばちゃんが、(父親側の祖母)
父親の一字を貰って付けてくれた、
人の思いが詰まった有り難い名前です。

確かに気に入ってはいないし、
「子」が付いていない同級生が、
それだけで可愛く感じたりしたけど
仕方がない…。

そう仕方がないと思ってきた半世紀と少しなのです。

まだお店に出ていた頃に、
最寄りの神社の宮司さんが、
同級生でもあって店に顔を出してくれた時に、
そう言えば君の名前は、
「トンビに油揚げをさらわれる名前だから」
せめて源氏名は別の方が良いと言って、
紙と鉛筆を持って、
何やらブツブツと言いながら、
これがいいと決めてくれたのが、
上杉安可吏でした。

これまた特に気に入った訳ではないのですが、
名刺を新調する時に、
せっかくなので使わせて頂き、
HPを立ち上げる際に、
これでいっかあ~、
くらいの感じで決めてしまいました。

念のために上杉安可吏でも調べてみると、
本名よりはひとつが少ないくらいで、
これまた五行・三才配置も悪い。

本名が悪いと知った時には、
画数くらいは調べてよって、
既に他界していたばばちゃんを毒づいたのですが、
安可吏の方には、
ったく、あのブツブツの意味は何だったのだと、
罰当たりにも、
同級生の宮司の顔を思い出し、
舌打ちの連発です。(苦笑)

数字にも波動があるので、
画数自体の持つエネルギーもそれぞれ違います。

ですから、画数だけで吉凶をはかるのには、
些か抵抗がありますが、
数字のエネルギーに五行を合わせるとなると、
これまた深い意味が生じてきます。

舌打ちの後、
そうだ改名しよう!

すると良いと提示された名前に、
「あかり」の漢字があるではないですか、

しかも、私は気に入っている。
前から欲しかった洋服を、
やっと買って貰えたくらいに喜んでいる自分がいます。

HPでの変更は些か困難な事情があって、
直ぐには難しいのですが、
ブログや実際のメールのやり取りは、
今すぐから変更しようと決め、
安可吏、改め「朱璃」にしました。

何故か分からないけど、
頭のてっぺんから、
少し冷たいものが気道を通って、
すうっと流れていった。

私自身は何にも変わらないのに、
でも何か変わった自分がいるのです。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 改名 依頼 波動 五行 姓名 画数 吉凶

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE



Powered by FC2ブログ