プロフィール

上杉安可吏

Author:上杉安可吏
「灯りの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、
他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

心をひとまず落ち着かせる方法

啓蟄も過ぎて、
いよいよ春めいてきたと、
遠洋漁業から半年振りに帰ってくる恋人を待つ思いで、
軽いステップを踏んで浮足立っていたら、
エアコンが故障してしまったのかと思うほどに、

非情に寒いっ!

何度もエアコンの前に立っては、
手を上げたり覗き込んだりしながら、
アパートの筑年数を数え、
いっそのこと壊れて欲しい願いは、
手のひらに感じる、
緩~い風によって打ち砕かれたのです。

っもう!! …と、
こんなことにすら、
思い通りにはいかない、
何か人生を感じてしまう昨今です。

60年近くまで生きて来たのだから、
いや、この気候には気を付けろ、
期待しちゃダメだ、
筋肉が緩みかけた頃に、
寒さがぶり返すはずなのだと、
むしろ身構えていたら、
ここまでの苛立ちを覚えなくて済んだだろうに。

学習はまったく生かされず、
わずかな季節の移り香に
一喜一憂  してしまう自分を、
通りすがりの鏡越しに眺めて、
容姿は歳相応なのにと、
更なる落胆の追い討ちです。

レッグウォーマーを履いて、
ブランケットに身を包み、
また冬へ後戻りかと窓の外をみると、
なんと雪です。

西からの強い風に追いかけられる様に、
雪が上へ下へと舞い上がっています。

これじゃ、しょうがない。

中々寿命を全うしないエアコンも、
私の幼稚さも、
全部ひっくるめて妙に納得して、
心の穏やかさを取り戻します。

えっ??
何がどう結び付いて納得なの???

きっとそう思われる方も多くいらっしゃるでしょうし、
私自身も心の内の変化を言葉にすると、
こんな感じなだけで、
そこに理論が成立する訳じゃありません。

どう関係するのかなんて、
難しく考える必要はなく、
要するに精神安定のためには、
何かしらの切っ掛けが必用だということです。


この寒さは、
8年落ちのエアコンのせいじゃなく、
ましてや単純で学習能力が足りない、
私のせいでもなく、
そう雪のせいなのです。

雪のせいにすると、
じゃ仕方がないよねってことになり、
ネガティブ要因は、
一瞬にして吹き飛んでしまいます。

精神安定へリセットする為に、
突発的な嬉しいことでも起これば、
それを切っ掛けにすることが出来ますが、
ほぼほゞ起こらない。(笑)

そんな時、
関係性なんて全く無視して、
天気のせいでもいいし、
朝のTV番組での生れ月占いで、
「ガッカリス」だったからとか、
出掛ける時に左足から玄関をでたからとか、

特定の誰かを設定しない、
しょうがないか…、
を自ら作り出すことで、
洋服の埃をポンポンと叩き落とす様な、
リセットの作用が働くと思います。


またまた一か月ぶりの更新になってしまいました。

自責の念で心が折れそうなので、
眼鏡が合わなくなっているせいにしようと思います。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 霊視鑑定 霊視 啓蟄 精神 安定 ネガティブ

自分の認め方

穏やかな一年の始まりに、
新たな覚悟をしたのも束の間、

はっ、はやい!

もう二月も半ばになろうとしています。

しかもブログの更新が、
一か月ぶりだなんて、
信じ難い事実の前で、
些か呆然としています。

新年を迎えてから、
私は何をして、
何を思い、
何者として過ごしてきたのだろう…と、
目まぐるしく霊視をしながら、
少し息を整えています。

先週不覚にも感染してしまったインフルエンザで、
沢山のご依頼者様方に、
ご迷惑をお掛けしてしまい、
本当に申し訳ありませんでした。

お待たせしていたにも拘らず、
更に延期をお願いしまして、
お叱りを受ける覚悟でしたが、
皆様に優しい気遣いの言葉を頂き、
有り難いやら情けないやら、
高熱で意識が遠くなる中、
私は幸せ者だとつくづく思いました。

はすっかり下がったのに、
気が遠くなりそうなのは、
延期して頂いた霊視鑑定が、
雪崩の如く襲ってきているためなのですが、
「大変だぁ~」
って口にしている自分が嫌いじゃない。

駆け足でトイレに行くことすら、
何やら心地好い。

人は少し無理をするくらいが、
時間を有効に使い無駄がないだけじゃなく、
頑張っている実感が湧き、
自己の尊重に繋がるかもしれません。

最も私の場合、
自己評価のハードルが低過ぎる傾向がありますが。

自信が持てなくて、
次の一歩が出せない様なときに、
意識的に忙しいスケジュールを立てて、
それを一つひとつこなしていく自分が、
一足早い春一番かも知れません。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 霊視 自己評価 インフルエンザ 自信 尊重

十一月の憂鬱

さっきまで顔をのぞかせていた太陽が、
いつの間にか雲に隠れ、
景色は一変して、
今にも雪が舞い降りそうな冬空になっています。

毎年やってくる、
十月のから解放されたのではないかと、
喜びも束の間、
十月のは十一月のに変わっただけでした。(笑)

しかも、遅くなった分だけ、
症状は悪化している気がしてなりません。

以前から天候と精神の安定には、
専門的なことは分からないけれど、
密接な関係があると、
確かに感じることを掲載してきましたが、

太陽がいない!

その瞬間から変わってしまう自身の精神状態は、
果たして如何なものだろうか。

まるで改札口で切符がないと、
慌てる精神構造に似ていると、
半ば呆れながらも、
例年より遅くやってきた、
十一月のと向き合っています。

十月のは、
長雨が大きな要因だろうと推測していましたが、
十一月のとなると、
直ぐには思い浮かばなくて、
湿度や雨のイメージに対しての反応じゃなく、
日照時間の脳への影響かな??

それとも私特有のことなのだろうかと、
記憶に残るこの頃の季節を引き出そうとしたけれど、
憂鬱への入り口は、
そう簡単には見つかりそうにありません。

そして辿り着いたのが、
きっと原因は一つではなく、
幾つかのネガティブが重なって、
重苦しい精神状態を引き起しているのだろうと、
結論を曖昧にした分だけ、
気持が楽に感じるのは何故でしょう。


若しかしたら、
私の精神の不安定さは、
ここにこそ大きな要因があるのではないかと、
ふと…、
しかも鮮明に脳裏を過っていきました。

「何とかなる」
「なるようにしかならない」

出来るだけそう思う様に、
自分を仕向けてきたけれど、
本質との歪みは、
少しずつ蓄積していって、
鼻先を渡る北風にすら、
心が落ち着かなくなってしまうのかも知れません。

スピリチュアル=「」は騙すことができないようです。

懸命に前向きになろうとすればするほど、
後退りしていく気持ち…。

人は何とかなる根拠が欲しいのです。
なるようになる訳が知りたいのです。

それを誰よりも知ってる私だから、
ご依頼者様の希望へ繋がる、
何かを探し出したいと願いながら、
霊視をさせて頂いていますが、
時に思うのです。

頑張らなくていいのかも知れないと…。

ネガティブの川に流されながら、
今一度歩いてみようかと、
心がニュートラルに入るまで、
自分を待ってみようか…、

そんな風に思えたら、
少しだけ太陽が顔を出した様に見えた。

今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございます。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 長雨 スピリチュアル 精神状態 ネガティブ 憂鬱 霊視

思い遣り、足りていますか

出来るだけブログを更新したい…、
更新しよう…、
いや更新するぞ!
そう自分自身に誓ったのは、
そう遠い昔ではないとハッキリと記憶しています。

頑張って、頑張って三日に一度更新して、
ごめんなさいと誰にともなく謝りながら、
一週間に一度に変わり、
気にはなっているんだけれどと、
言い訳も虚しく一か月が過ぎてしまいました。

恰好を付ける訳じゃないないけど、
読んでくださる人たちがいるという事実を前にして、
背筋を伸ばしている自分がいます。

ソファでくつろぎながら、
携帯で読んでくれている人もいるでしょうし、
何かのついでに立ち寄ってくれている人、
ネットサーフィンで偶然アクセスした人と、
その切っ掛けは様々であっても、
私の思いや考え、価値観が活字となって、
不特定多数の方々の目に触れる、
その責任や影響というものを、
少なからず自覚しているつもりだからか、
記事を更新する時には、
深呼吸と共に姿勢を正します。

ブログを読んでくださって、
霊視鑑定の依頼をして下さる方も多く、
先日のメールでの鑑定の方もそんなお一人でした。

お写真のその女性は、
一見すると人間関係の悩みなど、
彼女の思い過ごしではないかと疑うくらい、
とても爽やかな笑顔でしたが、
霊視を始めて直ぐに、
爽やかさは自分に対しての自信の現れであり、
白黒をハッキリ付けたがる性格が、
周りの人間達に不快感を与えている様子が視えてきました。

ただ本人には悪意はなく、
思ったことや日頃の考えを、
言動にしているだけの意識で、
そもそもそれだけの意識というところが、
一番の問題だと思いますが、

私たちには自己があり、
色々な場面で自己を表現しなければならない必然性も、
した方がいい優位性もあります。

ただ、そこには自己を表現することによって、
特定の誰かを批判したりするものであってはならないという、
暗黙のルールがあるはずなのです。

何故暗黙なのか…、
それが相手を思い遣るという、
人の気持ちに他ならないからです。

思い遣りとは規律や義務の介入しない、
人となりの心の現れだと思います。


自分にとっての正義が、
第三者の不快に繋がらないかを、
思い遣ることが大切ではないかとお伝えしました。



9日の掲載を読んでくださった方は、
以下の文が少々違っていることに、
疑問を持たれるかもしれませんが、
自分のことが公の場にさらされ非難されるのは、
とても辛いとのメールを、
ご本人様から頂戴しました。

個人を特定できない様に配慮させて頂きましたし、
一個人を批判するものでは決してなく、
私を始め誰にとっても起こり得ることの、
気付きとして掲載をさせて頂きましたし、
読んでくださった方々には、
何故、これを掲載させて頂いたのかの意図を、
ご理解頂けるものと確信しておりますので、
公の場での批判と捉えられてしまったことは、
とても残念でございましたが、
その方がお悲しみの中におられるのなら、
それは私の本意ではありませんので、
下記水平線より下を書き換えましたことを、
どうぞご理解ください。




私たちは、何ら特別なこととしてではなく、
いとも簡単に、
そして当たり前に、
思い遣りという言葉を使いますが、
自分を思い遣るように、
果たして私たちは、
目の前の人を思い遣っているのでしょうか…。

大切な人からの思い遣りを欲しがるように、
思い遣りを差し出しているでしょうか。

人間関係の構築は、
特別な人だけの問題ではなく、
家族という身近なものから、
社会という大きな枠組みまで、
何らかの組織に属し生きている限り、
避けては通ることの出来ないものですが、
正義や論理で向かえば、
決して固まることはありません。

人の数だけ正義があり、
人の数だけ価値観があるからです。

他人同士だけじゃなく、
親子だって、兄妹だって、
夫婦だって、みんな違うけれど、
確かに繋ぎ合うものがある。

それが思い遣る気持ちであり、
そのやり取りこそが人間関係の構築の基礎であり、
人となりの姿だと思うのです。


今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル ネットサーフィン 思い遣り 人間関係 深い

感じようとするからこそ、導かれる

特定の工事現場で事故が相次いだり、
誰がどんな商売をやっても、
数年と存続したことがないといった物件があったりします。

そう言えばと、
身近に浮かぶ場所や店舗があるのではないでしょうか。

その土地の波動が、
強い影響を与えていることも少なくありません。

僅か7坪くらいだったでしょうか、
天上も低いとても小さな小料理屋がありました。

駐車場もなく人通りも疎らな、
飲食店としてはかなり不利な環境の店でしたが、
防音設備のない店からは、
いつもお客の賑やかな声が聞こえてきて、
経営していたご夫婦のお人柄や、
コスパもあってのことだったと思いますが、
その盛況ぶりは中に入らなくても、
想像ができる程でした。

そんな状況が続くにつれて、
もっと広い店舗へ移転してはどうかと、
常連客からも言われるようになり、
あまりにも狭すぎ、
お客様に不便を掛けていることや、
満席でお断りする日常に移転を決心され、
私が経営していた店の近所に、
一部改装を入れて越されてきました。

ご挨拶を頂いたので、
新装開店の一か月後くらいに、
スタッフたちと立ち寄らせて頂いたのですが、
新しい木の香りがする清潔な広い店内には、
常連客がお一人カウンターにいるだけで、
奥座敷やこあがりは灯りを落としていました。

嘗ての活気や賑わいが嘘の様で、
広すぎる程の調理場で、
丸椅子に腰を下ろしているご主人が、
お気の毒ですらありました。

立地条件も以前よりはるかによく、
天上も高く圧迫感がなく、
せっかく来て頂いたお客様を、
お断りすることもなくなるはずの新店舗は、
これまで足繁く通ってきた常連達までも、
足が遠のいてしまうような、
負の波動を持った土地だったのです。

似たようなことが、
きっと皆様のご近所でもあるのではないでしょうか。

土地や樹木は人間の意識以上に、
私たちの日常に深い関わりを持って存在しています。

隣人の様に挨拶を交わすわけでもありませんし、
何かを語り掛けてくることも通常はありません。

しかしながら、土地も樹木も生命体であることを、
私たちは忘れてしまっているのかも知れません。


私たち人間は独自の言語を持つことによって、
感じようとするという、
スピリチュアルが持つ能力を、
手放してしまったのかもしれません。


向こうが語り掛けて来ないからこそ、
言葉にならない、
その何かを感じようとすることこそが、
関係構築の基本だと思います。


そしてそれは、
言語を持たないものとの関係ばかりではなく、
同じ人間同士でも言えることなのではないでしょうか。

言葉には意味だけではなく、
その言葉が持つ波動があります。

機械装置で波動を認識することもできますが、
私たち人間は五感を通して、
或いはシックスセンスを持って、
波動をひとつのエネルギーとして感じることが出来ます。


聞こうとする心の耳が、
見ようとする心の目が、
感じようとするが、
大切な何かを教えてくれるのだと思います。

そしてそれは、必用なことに違いないのです。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 波動 スピリチュアル 五感 霊視 生命体 シックスセンス

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE



Powered by FC2ブログ