プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

天使が逝ってしまった

今年から小学生になったばかりの孫が、
つい先日、移動中の車の中で、
「バアバ、どうして人は死んじゃうの?」と、
六歳なりにも切ない表情で問いかけてきました。

「そうね、生まれてきたから、
いつかは死んじゃうんの」
「人だけじゃなく、命があるものは、
総ていつの日か死んでしまうのよ」

勿論、理解などできるはずもないのだけど、
微かに聞こえる声で、
「うん」と頷いた。

昨日、海老蔵さんの男泣きの会見から、
小林真央さんの訃報を知り、
切なくて切なくて…、
可哀想で可哀想で…、
涙が止まりませんでした。

間違ってこの世に落ちてきた天使は、
とうとう帰るその時がきて、
逝ってしまったのでしょうか。


孫に話したことを思い出すと、
空虚しく薄っぺらで胸が痛みます。

時には残酷で、
持て余す感情を、、
何故に…、どうしてと、
その意図を言及しても、
静寂の中から聞えてくるのは、
我が鳴き声だけ。

こんなにも多くの人たちの声援や想い、
そして優秀な専門家の方々の知識と技術を集めても、
命を繋ぐことが出来なかった、
その無念を前に、
私は、
私たちは何を約束できるでしょうか。

今夜の新月を見上げながら、
考えてみたいと思います。

市川海老蔵という歌舞伎役者の妻で、
もう少しいさせてあげたかったと、
胸が痛むのは私だけではないでしょう。

小林真央さんのご冥福を心から祈ります。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯かりの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 市川海老蔵 小林真央 天使 新月

2017年、一年を受け入れていこうという覚悟

明けましておめでとうございます。

全国的に穏やかな天候の中迎えた新年でしたが、
昨年がどんな一年だったろうと、
誰にも平等にその時は流れ、
何処にいても、
誰と居ても、
誰も居なくても、
確かなことは、
皆等しく新しい一年が始まりました。

人はいつどんな時からでも、
良心からの気付きによって、
生き直すことができると思っています。

第三者の人生を自身のエゴや欲望から、
散々と掻き乱しながらも、
それでも生きていかなければならないのいですと、
言い放なった人がいましたが、
生きていくということは当り前で、
誰を傷付け、
誰を裏切り、
何に背いてしまったのかを、
残されているであろう良心からの気付きによって、
どんな生き方をしていくかが大切なのだと思うのです。


誰もが幸せになる為に、
この現世に生まれてきました。

だからこそ、
自身の幸福を優先し、
自分以外の人を傷付け、
裏切ってはならないのです。

そんなことを思いながら、
今年は出雲大社へ参拝に行かせて頂きました。

IMG_0629.jpg

画像は乾いているように見えますが、
実際には山肌から染み出てくる水で、
苔がキラキラと光りに反射していました。

ヤマタノオロチ退治で有名な、
須佐之男命が祀られているお社の裏側です。

お社はこちら
IMG_0633.jpg

下調べを一切なしで出掛けましたが、
この場所には他とは違う、
とても強い神のを感じ、
携帯で撮ったのですが、
パワースポットとして有名なのかもしれません。

私の後ろから参拝をされた方は、
この苔に触れていましたよ。

こんな一年の始まりに、
心から感謝しながら、
皆様方との良いごを築かれますことを祈願してまいりました。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 須佐之男 パワースポット 出雲大社

2016 ありがとうございました

2016年師走の空を、
こんな風に生きることは出来ないかと言うように、
悠々と雲が流れていきます。

今年を象徴する漢字は「金」でしたが、
この2016年、
皆様方にはどんな年だったでしょうか。

確かに一年という月日があり、
それは間違いなく一日一日の、
積み重ねだったはずなのに、
私の2016年は、
この雲とは裏腹な、
どんよりと重い、
いき場のない苦しみや、
ただただ唇を噛みしめていた、
悲しみの記憶しか思い出せません。

先日も対面鑑定の際に、
ご依頼者様と話をしていて驚かれたのですが、
皆様が思って下さっている様に、
強いメンタルを持ち、
どんな時にも冷静に選択判断をし、
背筋を伸ばして生きていきたいと思い、
願ってはいるものの、
現実はどうかと言えば、
不安に押し潰されそうになったり、
どうにもならないことに迷い
心がささくれ立っては、
悲鳴を上げているのです。

情けない自分を持て余しながらも、
それでも私を必要としてくれる、
ご依頼者の方々の存在が、
今日の勇気となり、
明日への望みとなって、
気が付けば一年が過ぎようとしています。

助けられたのは、私自身でした。

足りぬものや欲しいものを思えば、
欠乏感が生まれ、
目の前にあるものを思えば、
感謝が生まれます。


それでも心が暖かくなれない時には、
力尽くに向かせるのではなく、
心が風邪気味だと、
ただ自分を受け入れればいい。

正確に刻む時の中で、
静かにほどけていくはずだから…。

一年間、本当にありがとうございました。
沢山の幸運奇跡が降り注がれますことを、
心から祈っております。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 欠乏感 感謝 対面鑑定 ご依頼者様 幸運 奇跡

あなたが持っているもの

もっとこうしたい…、
もっとこうなりたい…、
もっと、もっと…。

次のステップや目標を大きく掲げることで、
私たちは向上心を養い、
成長してきたのだと思います。

その結果として日常生活は、
一年を通して著しく便利になり、
金銭の余裕さえあれば、
殆どの物を手にすることが出来き、
様々な経験や知識を身に着け、
沢山の選択肢の中から、
自分が望むら生活のスタイルを、
チョイスすることができます。

一歩外に出ると、
季節感あふれるインテリアや、
手が届きそうにない、
高級品のレイアウトに魅了されながらも、
何処からともなく聞こえてくる、
若い女性たちの、
「マジ可愛いんですけどお~」、
「超可愛い~」の声に、
少しだけ救われた気持ちになったりします。

そこら中に「超可愛い」は溢れていて、
しかもそんなに無理をしなくても、
手が届くのが運のつき、
あと少しで還暦を迎える私も、
か細い声で「カワイイ」と呟きながら、
気が付くと超可愛いキッチン用品や、
マジ可愛いバスグッズ、
激可愛い快眠グッズで家中が溢れています。

そしてその殆どの物が、
利便性の高い実用的なものではなく、
なんとなく癒されたり、
なんとなく楽しくなったり、
何となく心地好いものなのです。

何となく…、
この押し付けがましくない感覚が、
少し疲れてる私たちにあったかい。


単に物質の利便性を追求する時代は、
少しずつ姿を変え、
メンタルに働きかける付加価値、
心の豊かさの提供に向かっている様に感じます。

これだけ長いこと、
もっと、もっと求め得られてきたけれど、
何故か幸せだと言い切れないのは、
いつも先々を思い惑い、
今を見ていないからだと思うのです。


足し算の生活から、
引き算の生活へ変えてみようと、
言い出してから随分と経ちますが、
それを明確なカタチにしたのが、
既にご存知の断舎利だと思います。

加えて最近では、
物を持たない暮らしを提唱する、
ミニマリストが増えている様です。

私もここ二年くらいの間に、
大きな断舎利を三度やりました。

場所ごとに分けて、
数日を掛けてやるのですが、
三度目をもってしても、
物が無くなった感がないのです。

年末の大掃除を、
一気にする時間がないので、
鑑定の合間に、
時間を取って始めていますが、
ついでに四度目の断舎利を決行しています。

振り返ればこれまでの断舎利で、
燃えるものから不燃物まで、
相当を捨ててきましたが、
いまだに「捨てなきゃ良かった」と思ったものがありません。

それどころか、
昨日何を捨てたのかすら、
きっと書き出すことが出来ないでしょう。

それは自分が何を持っているかを、
知らずに生活をしていることと
同じことなのだと思います。


今自分はどんな物や、
どんな人たちに囲まれ生きているのかを、
その手に触れて知ることが、
幸せへの近道なのだと思います。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 鑑定 スピリチュアル 大掃除 幸せ 断舎利 ミニマリスト

無気力になるくらいなら怒った方がいい

梅雨に伴う災害に見舞われた方々へ、
心よりお見舞い申し上げます。

熊本地震の災害の記憶も新しいなか、
再び痛ましい土砂崩れによる訃報に、
総てに意味があるというのなら、
この現実の何処に、その意味を知り得るのだろうと、
湧き起ってくる怒りを隠しきれませんでした。

目の前の困難に向かっているとき、
何故なのか…、
どうしてなのかと、
人は苦しみの本当の訳を探すことで、
スピリチュアル=「」と繋がり、
倒れそうな自分を支えていきます。


その渦中にあって、
再び、別の苦悩や障害が降り掛かってきたとしたら、
困難を乗り越えようとしていた気持ちの、
そのエネルギーの分だけ、
心身に打撃を受けることになります。

そして打撃は、総ての感情を消し去り、
総ての負の感情がまとまっても敵わない、
脱力と無気力という、
にとって最も危険な状態へと、
引き摺り込んでしまうかもしれません。

人は同時に二つのことを考えることができませんし、
同時に二つの痛みを感じることもできません。

問題や痛みの強さの大きい方に、
意識が向かうというのではなく、
何処を見ることも出来ずに、
目をつぶってしまうように、
氣力を失ってしまう傾向にあると感じます。

問題を改善、解決して、
困難を乗り越えようとする「氣力」。
痛みと闘おうとする「氣力」。

ピンと張り詰めていた氣力という糸が、
一瞬にして切れてしまうのかもしれません。

現実に抗い、罵り、怒り
矛先を何処へぶつけようと、
それは幸福を望む姿であり、
エネルギーが残っているという事実で、
決して失ってはならない、
最後のエネルギーなのだと思います。

人はひとつの理由で死を選ばないと、
何かの本で読んだことがありますが、
苦しすぎて死を選ぶのではなく、
呼吸をするという氣力さえも、
失ってしまうのかもしれません。

東日本大震災で家族を失い、
一人ぼっちになった老人が、
深い皺を歪ませながら、
様がしたことに文句は言えない」
そう話していた姿が忘れられません。

特別な宗教を持っていなくても、
私たちのの中に、
そして身体の細胞一つひとつは、
間違いなくの存在を認め、
共に生きているのだと思います。

でも、それが生きる最後の砦となる、
怒りのエネルギーすらも奪うのならば、

「もういい加減にしてくれ」
…、とに唾しても良いのだと思います。


今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございます。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 苦悩 無気力 氣力 怒り 災害

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE



Powered by FC2ブログ