プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

菖蒲湯

ゴールデンウイークにいよいよ突入です。
例年より海外旅行に出掛ける方々が減少しているそうで、近場の行楽地で過ごす傾向にあるのでしょう。
人混みの中で過ごした後は、健康の為のみならず、スピリチュアル=「魂」の為にも、
帰ったら塩水でのうがいや、出来るのでしたら塩で身体を洗い、浄化するのをお勧めします。
塩とボディーシャンプーが一緒になった商品も数多く出回っていますので、使ってみて下さい。

5月5日は菖蒲湯に入る風習がありますが、
菖蒲の強い匂いが、浄化作用があると昔から言われてきたようです。
本来は菖蒲の根の方が、その作用が強いそうですが、根の入手は中々困難ですので、
菖蒲の葉を使います。
細かく切った葉を袋などに入れて、熱湯をかけ洗面器の中で十分ほど置いて、菖蒲の葉精を抽出したのを浴槽に入れるのが、最も効果的だそうです。

定額給付金も雀の涙で^_^;、ゴールデンウイークを満喫するまでにはいきませんから、
せめて菖蒲湯に入って日頃の邪気を落とし、これからの人生の「勝負」に如何に勝つかを考えるのも安上がりで有意義な過ごし方かも知れませんね。(^.^)

タグ : スピリチュアル 邪気

続)事故

運転をする方なら、「危なかった」という経験を、一度や二度はしていると思いますが、
危なかった…、だけで済んだのは、どうしてか考えた事があるでしょうか…。

見晴らしのいい場所で衝突事故が起こったり、
大事故になり兼ねない状況下で、軽傷や無事故で終わったり、
物理的に考えれば不可思議な現象ですね。

ツキがあった…、そうですね。
そのツキこそが、ご自身が出された、もしくは相手が出した「」の波動に他なりません。

都会では考えられませんが、田舎には周りが田圃や畑で、何ら遮るものがない場所というのがたくさんあります。
田圃や畑があれば、農作物は「」の波動を出しているのでまだ救いですが、
道幅だけがやたらに広く、農地であろうところには雑草が生えているだけで、
乾燥しきった土地は最悪です。
むしろ、こういった拓けた土地の方が、「氣」の波動が「」であることが少なくありません。
「氣」というのは、土地であれば樹木や建物、山、川、等をジグザグに通りながら、
回っていくのが良い環境です。
家の中であれば、家財道具が一切なくガランとした部屋よりも、
タンスや冷蔵庫、椅子やテーブル等の物が、樹木や建物の代わりになります。

誰もが良い「氣」が入って来るように、気持ちのどこかで意識しています。
だからこそ、住宅を建てる時には門の位置や、不浄と言ってトイレやお風呂場の位置を、
利便性だけでなく決めているはずです。
その良い「氣」を家中の隅々まで、出来るだけ行き渡らせたいと思うはずです。
家財道具が何もなければ、入って来た「氣」はすんなりと出て行ってしまいます。

霊視鑑定をしても、土地の場合には、現在そこに暮らしている方々だけではなく、
何百年前に起こった事まで起因している事もあり、
土着の浮遊霊のパワーは、想像を絶するものがあります。

また、以前は問題がなかったにも関わらず、
そこにマンションが建設されたり、樹木が伐採された事で、
土地の持つ「氣」が変貌することも多いのです。

数年前に、若い運転手の路線電車がマンションに突っ込んで行って、
多くの犠牲者の方々をつくった事故があったのを覚えているでしょうか…。
私はテレビの画像でしか見ていませんが、
あの事故は、あの場所にマンションが建設されなければ、起こらなかったと思っています。

電車のレール事態には問題ありませんが、レールの上を電車が走る際に出す金属音は、
正に「」の波動です。
レールが直線状態には、その「」の波動はそのまま流れて行きますが、
カーブの場所を通過する際に、そのカーブの外側、つまりマンションが建っている場所に、
その「」の波動が溜まります。
しかも、最悪なことにレールに向かってマンションの出入り口がありました。
マンションの裏側だったら、事故はあれ程の被害者を出さずに済んだかも知れません。

あの事故は、若い運転手の不注意や電車のダイヤの問題が浮き彫りになりましたが、
霊視鑑定の立場から言えば、あのマンションをあの場所に建てた事そのものが原因です。
」の波動と「」の波動が引き合ってしまった、悲惨な事故でした。

ニュースでは、電車にばかり視線が向けられていましたが、
マンションを建設した方々に、立地の都合だけではなく、
目に見えない物を感じようとする気持ちがあって欲しかったと思います。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 波動 浮遊霊 霊視鑑定

交通事故

私が住んでいる南相馬市は、市町村合併をしても人口が6万人強の田舎です。
交通手段は、勿論、車になります。
日頃の私は、引き籠り状態で(笑)、町の中の建物が取り壊されている事に、
半年も過ぎてから気が付いたりしています。^_^;

そんな私が、たまに運転をして外出すると、
「ここは、交通事故を招きやすいなぁ」と、感じる場所がいくつかあります。
勿論、運転者の不注意の過失がないわけではありません。
ただ、場所の「氣」の波動が、著しく良くない…。

例えば、見晴らしがとても良いのに、何でここで衝突事故が起きるのだろう…、
という場所を知らないでしょうか。

交通事故を引き寄せ易い「氣」を持った場所なのです。
そこを通過する運転者が、同じの「氣」を持っていたとします。
」の波動と「」の波動は、お互いに引き合います。

」のい波動を持った場所に、同じ「」の波動を持った運転者が二名、
たまたまそこに差し掛かった…。

双方の運転者は、接触して初めて、何が起こったのかを知る…。
理由は、考え事をしていたか、有り得ないと思うでしょうが、
見晴らしの良い場所にも関わらず、相手の車に気付かなかった…。
多分、それは真実だろうと思います。

気付かない訳がないでしょ、前後左右開けた場所なんだから…、
そんな風に、物理的に考えた時に納得がいかない事には、
「氣」=波動が関与している事も多いのです。

そんな場所が近くにあるのでしたら、
そこを通る際には、ご自分の波動を「」に意識して下さい。
差し掛かる前に、大きくゆっくり深呼吸するのも良いでしょう。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : スピリチュアル 波動

氣を感じて

霊視鑑定を通じて、色々な方々の人生に触れさせて頂きます。
皆さん、それぞれの悩みや不安を抱えながらも、
ご自分の人生を「諦めたくない」想いで、私のところに辿り着いて来るのだと、
胸がいっぱいになる毎日です。

人生は下降も上昇も、一直線ではありません。
必ず、放物線を描きます。
問題は、下降にある時に、何処でストップさせるか、
上昇にある時に、如何に追い風を受けて上れるかです。

ご自分では頑張っているつもりでも、過去の自分を振り返った時に、
思い当たる事はないでしょうか…。

あの時、不貞腐れないで必死で踏み止まったら…、
あの時、折角の運気が巡って来ていたのに、気を緩めてしまった…。

誰にでも「」の巡りはやって来ます。
良い「」も、悪しき「」も、平等に訪れています。
その「」を感じ取れる、スピリチュアル=「」を育てて下さい。

そして感じたら、感じた事をそのまま放置しないで、
行動に移す事が大切です。

今やって来た、良い「」は、今乗らないと、
次にはそれ以上の良い「」がやって来る事はありません。
同じ場所で足踏みしている方は、この「氣」を上手に生かしていない事がほとんどです。

今、あなたが良い「氣」が巡って来ていると感じているならば、
行動を惜しまずに、「氣」の流れに乗りましょう。
今こそが、自分の力を発揮する時です。
そして、自分の力以上の結果を手にする事が出来るでしょう。

悪しき「氣」を感じるのならば、
変化を望まず、しっかり地に足を着けて、身体の風通しを良くして下さい。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル

上手くいかない人

人生が思うように上手くいかない…、という霊視鑑定の依頼が数多くあります。
トントン拍子には上手くいかないのが人生ですが、
何をやってもダメ…、という方も少なくないのが現実です。

過去の霊視鑑定からみると、大きな原因は二つあります。
一つは、上手くいかない事を、いつも自分以外の所に原因があると考える、悪しき習慣です。
資金が足りないから…、人脈がないから…、時期が悪かったから…、
そして最終的には、ツキがない…。

こういう方を霊視すると、まず意欲という熱いオーラを感じません。
目の前にあるガラスの破片見つけただけで、この道は歩いて行けないと決めつけてしまうのです。
ガラスの破片を避けて歩く事は出来ないだろうか…、
どんな靴を履けばガラスが足に突き刺さらないのだろうか…、と試行錯誤するところに、
人生の光が射すのです。


もう一つは、原因が自分にあると認識しているにも関わらず、
究極の所で、また同じ過ちを繰り返す事です。
こういう方のオーラには膨らみがありません。
頭では分かっているのだけど…、が口癖です。

頭で理解している事を、スピリチュアル=「」で感じ、身体が行動をする。
これが正しい流れだと思っている内は、何度も同じ過ちを繰り返します。

正しくは、スピリチュアル=「」で感じた事を、頭に記憶させ、行動に移す、なのです。

タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル オーラ

心地良い場所

現在のご住居に満足されていらっしゃいますか!?

ご家族が多くなればなるほど、便利性だけではなく、快適にお住まいかどうかと言えば、
殆どの方が満足しきれないでいらっしゃるのではないでしょうか…。

ガーデニングをしたいと思っていても、マンションでお庭がなかったり、
ご両親とご一緒のために、中々自分の意向だけで模様替えもままならなかったりと、
快適には程遠い方も多いのではないかと思われます。

そんな方にお勧めしたいのが、ご自分のお気に入りの場所を、ご家庭の中に作ることです。
その場所を眺めたり、その場所に身を置くことで、気持ちが和やかになる事が出来る、
そんな小さなスペースを作るくらいならば、ご家族に反対されたり、迷惑になる事もないでしょう。

台所の片隅に、小さなベンチシートとサイドテーブルを置いて、
家事が終わったほんの僅かな時間腰を下ろして、一息ついたりするのも、
自分のスピリチュアル=「」を癒すのには効果的です。

また、いつもご自分がいらっしゃるリビングの場所から見える所に、
気に入っている絵をかけてみたり、寝室の枕元に小さな台を置いて、
アロマキャンドルの香りに包まれて眠りについたり…。

ささやかな自分だけの、癒しの場所を作ってみて下さい。
その時間だけは、何も考えずに、ご自分のスピリチュアル=「」に向き合って、
語りかけてくることに耳を貸すのは、何よりのビタミン剤になることでしょう。

一日の僅か10分ほどを、精神の栄養のためにご自分の為だけに使うことが出来たら、
自分以外の人達の為に、もっと優しさで接することが出来ると思います。

入浴する際に、電気を消して真っ暗な中で湯船に浸かるのも効果的です。
次第に暗闇に目が慣れて、窓越しの月灯りを感じられたら、
」のエステを受けていると思って下さい。

ちょっと贅沢に、アロエ塩で身体をマッサージしてみるのも、
知らずに付着した「邪気」を洗い流すのにいいですよ。(^.^)


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : スピリチュアル 邪気

イマジネーション

人の精神は元々、強くも弱くもありません。
フワフワとした真綿のようなものです。
生きて来る中で、どんな現象に直面して、どう感じ、どう考え、どう行動して来たのかで、
強くなったり、弱くなったりします。
真綿が水分を吸収して硬くなったり、太陽の日差しをいっぱいに浴びて、柔らかく膨らんだりするのに似ています。

人間にとってイマジネーションはとても大切な能力です。
青少年の犯罪などは、正しくイマジネーションの欠乏、又は、「」のイマジネーションが引き起こす、
由々しき結果だと思っています。

そのイマジネーションがまた、残酷に精神を脅かしているのを、
霊視鑑定を通して、実感しています。

結婚して十数年、夫の誠実さに疑問を持たずにきた女性が、
或る時、夫の女性関係に気付きました。
仕事の拡張を計り、それまでとは全く異質な業者との付き合いも多くなって、
気の緩みから起こる、単なる浮気だろうと、過ぎる月並みな感情を自分の中で、揉み消してきたのですが、日が経つ毎に、その月並みな感情は、
月並みの範囲を逸脱し、夫が留守にする時間は、彼女のイマジネーションを次々に膨らませていくことになります。

○○さんとの接待で、今夜は遅くなると言われれば、
「ご苦労様」の言葉が出なくなるどころか、
またあの女と会うのだろう…。
何処で会うのか…。
何をしているのか…。
何で会うんだろう…。
何であの女なんだろ…。
私はこんなに夫や家族の為に頑張って来ているのに…。
時計を眺め、もう十二時を過ぎたのに帰って来る気配すらしない。

どんな顔をして、何を話しているの…、
最近では私達家族にすら見せない、満面な笑顔でいるに違いない…。

こうして、次第に眠れない夜を過ごすようになり、
睡眠不足の身体は生気を失い、食欲もなくなり、イマジネーションによってスピリチュアル=「」は、
不安・怒り・憎しみ・嫉妬・悲しみ・切なさ・情けなさ・…、
ありとあらゆる「」の感情で溢れ、
自分自身では処理しきれないところまで行き着いてしまいます。

ここで、立ち止まって考えて頂きたいのですが、
ご自分のスピリチュアル=「」を、そこまで追い詰め傷つけたのは、
夫でしょうか…、その浮気相手の女性でしょうか…、
違います、紛れもなく自分の「」のイマジネーションが、
大切なスピリチュアル=「」を汚してしまったのです。

現実に、そのお立場に立たれた方にとっては、許し難い屈辱に違いありません。
だからこそ、そんな者達の為に、
大切なご自分のスピリチュアル=「」を汚して欲しくはないと願います。

そして、イマジネーションは時として実態とは別の方向に膨らんでいき、
あたかも真実かの如く、スピリチュアル=「」に入り込んで来るものだという事を認識して下さい。



霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : スピリチュアル

心の窓

立場や金銭は、時に人を変えます。
変える…、というより本来のスピリチュアル=「」が顕著現れる、と言った方が正しいでしょう。

あの人は、社長に就任した途端に変わってしまった…、
遺産が入った途端に変わってしまった…、よく耳にする事ですが、
変わったのではなく、本質が見え出したのです。

またそれとは反対に、金銭的に窮地に立たされる事で、本質が見え始める人も居ます。

資産や財産、地位、権力というのは、身に付けている洋服のようなものです。

私達は初めて会った人を、第一印象の約7割で決定付けてしまうそうですが、
第一印象というのは、その人の顔であったり、声、身に付けている服飾、表情の総体的なものです。
つまり私達は多かれ少なかれ、その人の内面ではなく、外見的な要因で相手を見ているという事になります。
その第一印象があまり芳しくなかったのに、名刺を頂戴して、○○会社(株)代表取締役…、
等という肩書を目にした途端に、横柄な態度は格式の高さ、冷たい視線は鋭い洞察力に変わってしまう等ということは、誰にも経験があるのではないでしょうか。

変わった…、というのも実はその人は何ら変化などなく、
私達自身の見方が変化しただけという事も、少なくないはずです。

勿論、実際に変わっていく人も同様に少なくありません。
相手が変化していくことに対しては、残念ではありますが致し方ない事で、
問題は、相手を見る時の自分自身の「心の窓」です。

高級ブランドに身を包んだ、スマートな物腰に惑わされずに、
その方のスピリチュアル=「」の輝きを感じられる、
そんな自分のスピリチュアル=「」でありたいものです。

「ボロは着てても心は錦…」
そんな方に出会った時に、果たしてその心を感じられる自分でしょうか…。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : スピリチュアル 本質 心の窓

電磁波

最近、霊視鑑定のお申し込みや問い合わせが、かなり多くなっています。
社会状況の悪化だけが原因ではなく、
生活が便利になるに連れて、電磁波が氾濫しています。
電磁波は、私達人間の感覚を使っては感じ取ることは出来ません。

つまり、無意識に影響を受けているのです。
特にこれといった思い当たる原因が無いのにも関わらず、
だるさが取れないとか、急に落ち込んでしまう、やる気が起きない、気持ちが落ち着かない…、
等症状は様々ですが、私達の身体に影響があるのは事実だと思います。
しかし、この現状の中でしか生活出来ないのも必至なのです。

私は数年前まで、寝室の枕元に携帯電話を置いて寝ていましたが、
営業メールで起こされるのが苦痛であるのも勿論の事、
電磁波の影響を懸念して、それを止めました。
それだけではなく、寝室にはテレビも、電磁波を出す時計も置いていません。
その代わりに、アロマキャンドル(焚かなくても香りが漂う)や、
部屋の浄化に役立つ岩塩があります。

会社にはパソコンがあり、常に携帯を持ち歩き、私達の生活圏には、ありとあらゆる場所に、
電磁波が溢れているのです。
意識をして、電磁波から逃れる時間を作りたいものです。

そして、常に電磁波に浴びせられている身体を、
月の灯りや自然のマイナスイオンで浄化して下さい。
その意識が健全なには必要です。

タグ : 霊視鑑定 電磁波 浄化

除霊の必要性

インターネット霊視鑑定を始めて、たくさんの方が過去に霊視鑑定を受け、
霊の憑依があると言われ、除霊をして貰った事があるという事を知りました。
それでも状況は何ら変わらず、私に霊視鑑定の依頼がくるのですが、
ここで申し上げたいのは、
浮遊霊や特定の霊の憑依によって何らかの障りが起こっているというのは、
実例として、そう多くはないということです。

私のこれまでの鑑定では四人だけです。
その中のお二人は、身体に著しい問題が生じていたので、除霊をお勧めしました。
後の二名に関しては、四足(猫)が憑依していて、
性格や行動、言動に目に余る問題がありましたが、
本人は自分のスピリチュアル=「」に関して、何ら問題を感じていません。
本当はそれこそが問題なのですが、自分自身の「邪気」を認識しようとしない人には、
私の力を貸すつもりはありませんので、残念ながらそのままの状態です。

私達は肉眼で認識できない、「」の影響を多分に受けて生活をしています。
生活の利便性にだけ偏った思考で暮らしていると、「」の流れに逆らい、
その障害として、様々な問題や不具合を引き起こす事は多分にあります。

常々言っていますが、まず感じて下さい。
私達には誰にでも危機を回避したり、「」を感じ取る力が備わっています。
何となく嫌な場所や、不快感を覚える瞬間には、それなりの理由があります。
そう感じたんだけど…、あぁあの時…、
と後になって思う事はたくさんあるはずです。

」は、自分自身、家屋、土地、周囲の景観、等様々な事が絡み合って流れます。
自宅の隣にマンションが建設されても「」は変わりますし、
庭に樹木を植えたり、また伐採してりしても変化が起きます。
増築したり、リフォームして壁の色を変えても、それは起きます。

霊の憑依よりも、この「」の流れによっての問題の方が圧倒的に多いのです。

同じ霊視鑑定士として、そういう方が居るとは思いたくはありませんが、
もし、霊視鑑定を依頼なさって、直ぐに除霊の話が出るようでしたら、
ご自分の感じ取る力で、判断をされますように…。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : インターネット 霊視鑑定 憑依 浮遊霊 除霊

魂の叫び

先日、霊視鑑定をして、今までかつてない経験をしました。
いつものようにお写真を拝見して、その方の波動に自分の波動を合わせた時です。

涙が溢れてきてどうしようもないのです。
この涙の訳は何なの…、写真のその方に問いかけながら霊視を進めていったのですが、
その方の「」の叫びが、伝わってきたものでした。

ご本人はご自分のの美しさにお気付きになっていらっしゃいません。
世の中の悪や理不尽さえ、長い間受け入れ続けて来たものと思われました。

ご相談の内容は、至ってシンプルなものでしたが、
そのシンプルなお悩みの陰に潜んでいたのは、長い間の「悲しみ・切なさ」でした。

鑑定をお申込みになられる方は、それぞれにご苦労を抱えていらっしゃいます。
しかし、この方のように美しいを、社会や心ない人々によって傷つけられ、
しかも傷つけられている事にさえ、気付いてはいらっしゃらなかったでしょう。
ただ憂鬱感に苛まれ、もしかしたら、それすらも、
ご自身が原因であると思っていたのかも知れません。

私はこれまで、自分のスタッフを始め多くの方々に、争いの虚しさや醜さを伝え、
100%相手に問題があっても、自分のせいにして客観的に問題を見つめてみる事の方が、
自分のスピリチュアル=「」を輝かせることだと言って来ましたが、
この方に出会って、一概にそう言えなくなってしまった自分がいます。

「怒り」という負の感情(波動)を、微塵も抱えていない方に出会ったのは初めての事です。
如いては自分のスピリチュアル=「」の叫びさえも封じ込めてしまっていました。

脳での思考と、スピリチュアル=「」で感じる事は、決してイコールになるとは限りません。
私達は無意識にそれを使い分けしながら、色々な人間関係を保持しているのです。
それはまた、最も大切な自分のスピリチュアル=「魂」を守る事でもあります。
けれど、その方はスピリチュアル=「魂」の叫びさえも、そうではないと押し潰し、
他人を責めず、恨まず生きてきたのです。


どれ程の悲しみ・切なさ・怒り・辛さを丸ごと抱えてこられたのか…、
その結果、その方のスピリチュアル=「魂」は破壊される寸前でした。

我慢をしなくていいのだとアドバイスをしたのは、初めてのことでした。
あまりに深い悲しみのその瞳に、私は自分の言葉の無力さを感じ、
更に努力をしていく想いでいっぱいでした。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル 霊視 波動

ナンバーズ

霊視が出来るなんていうと、とても特別な人間のように思われがちですが、
至って普通です。
まっ、別の意味で普通じゃないという人も多いのだけれど…。^_^;

先日、母が電話を掛けてきて、唐突に思った数字を言ってくれと言うのです。
どうゆう事なの!? と聞くと、いいから思った数字を言えばいいんだと、挑戦的な態度です。
少し不機嫌になると、実は…と、ナンバーズを買う話です。

本当を言えば、私も以前浮かんだ数字でナンバーズを買った事があります。
しかし結果は、全廃…。
何一つ当たってはいませんでした。かすりもしないのです。(>_<)
その時に思ったのです。
我欲は霊視を妨げる…。

母にその事を話したのですが、それでもいいから言ってくれと聞きません。
仕方なく、浮かんだ数字を言うと、それから、それからと合計20も数字を言いました。
それを傍で聞いていた息子が、先日私の所にやって来て、
「おばあちゃん言ってたよ、クソの役にも立たないって」(>_<)(>_<)

そんな母です。
そして私は、そんな母の娘で、
ご丁寧に知らせに来たのは、紛れもなく私の息子です…。

欲が働くと真実が視えなくなるのは、霊視に限った事ではありません。
一攫千金を夢見るだけだはなく、
愛情も仕事も、我欲が優先すると感じるものを濁らせてしまうのでしょう。

それじゃ…、と我欲を捨て去ったつもりで、数字を浮かべてみても、
当てる事を考えてる時点でNGです。
しかし、完全に諦めたわけではありません。
只今、攻略法を思案中です!(^_-)


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視 我欲

いっぱいの「ありがとう」をありがとう!

私はこの霊視鑑定をさせて頂いて、たくさんの方々との出会いを持つことが出来ています。
そして、沢山の「ありがとう」を頂き、
インターネット霊視鑑定を始めて、本当に良かったと思っています。
私の方こそ「ありがとう」です。(^.^)

私は霊視鑑定をして人の救いになる事から、お金を頂く事にずっと抵抗があり、
それだけは嫌だと首を横に振ってきました。
けれど友人は、「世の中には悩みを抱えている人はいっぱいいるんだ、君の霊視鑑定で救われる人がいるなら、やるべきだ」と勧めてくれ、サイトを立ち上げる協力を全面的にしてくれました。

今こうして、私はたくさんの方々からの「ありがとう」を頂き、
その方々が明るい波動を放ち、昨日とは違う明日を生きられるお手伝いが出来ることは、
私のスピリチュアル=「」が輝きを増し、
もっと多くのものを発信出来る勇気に繋がっていきます。

私も決して恵まれた環境に生れ、育ってきたわけではありません。
むしろ、人生からいつ転落してもおかしくない…、そんな人生でした。(今も継続中^_^;)
何で私だけが…、と天に唾を吐く事も度々でした。

でも、今私ははっきりと言えるのです。
この日の為に、今までがあったと…。
そして、この先の日の為に、今があります。

私だけの事ではありません。
今、苦悩の中に背中を丸めて佇んでいらっしゃる方も、
この先に、この日の為に総てが起こったのだと思える日が必ず来ます。

その為には、
決して諦めないことです
自分の一回きりの掛け替えのない人生です。
誰が何を言っても、自分だけは自分を諦めない
…、そうして生き抜いていきましょう。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 霊視鑑定 波動 スピリチュアル 苦悩

続)霊視鑑定

大切な事を判断するのは、本当に勇気がいります。
洋服一つ買うのにも、この色にしようか…、色が決まったと思ったら、
今度は、やっぱりあっちの方がいいかな…、と迷いは次から次へと移行していきます。
ましてや、今後の人生を大きく左右するであろう事柄であったら尚更のことです。

この社会情勢が多分に起因しているのだろう考えますが、
最近の霊視鑑定依頼に転職や、就職等、お仕事に関する依頼が多くなっています。

依頼者の方のお顔からその方の性格、過去の生き方、
そして現在から霊視する未来へと霊視を進めていきます。
ですから、鑑定内容が「お仕事」でも、仕事についてのみ霊視するわけではありません。
ご報告は「お仕事」に関してのみすることになりますが、
実はもっと大切な事が視えるのが、言わざる真実なのです。

結果には必ず原因があると、何度も申し上げてきましたが、単に現象として「仕事」に出ている事も珍しくはありません。
「仕事」の問題は、原因が仕事であるとは限らないのです。
同じように、家庭の事で苦悩されてる方の原因が、住んでいる土地家屋にあることも多いのが現実です。

何かの問題について一度、霊視鑑定を受けてみようと思われる方は、
まずご自分についての総体的な霊視鑑定を受けられるのがいいでしょう。
そして、更に詳しくお知りになりたい事を別に鑑定して貰う方が、
より具体性のある鑑定になるでしょう。

どんな霊視鑑定士と出会うかも、その方の「」です。
善い「」の出会いをされることを願うばかりです。

上杉 安可吏

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 霊視鑑定 原因 現象 霊視 土地 家屋

霊視鑑定

最近、霊視鑑定の限界について考える事が多くなりました。
依頼者の方の性格や、背負っているものによって、
霊視が困難な部分や、視える事が実際にどんな影響を与えているかは、
以前にもブログに書きましたが、医者がMRIの画像を見て病の原因を探すようなものです。

因果関係が容易に出来る事も、何度霊視を繰り返しても、
パーツとしてしか視えてこない事もあります。
そんな時には、無理やり関係をこじ付けせずに、
視えるままをご報告し、その関係について心当たりをお尋ねするようにしています。

最近、霊視鑑定の信憑性についての問い合わせを、度々頂くようになりました。
過去に霊視鑑定をご経験された方が、その結果報告に関して御納得がいってない内容もあります。
その内容から、その方々は悩みを抱え、藁にもすがる思いで霊視鑑定を依頼されたに違いありません。
しかしながら、その鑑定結果は藁にもすがる思いを癒すものではなかった事が推測されます。

どのようなやり取りがあったのかは具体的に明記されていませんので、実際の所は判断がつきませんが、同じ霊視鑑定士として大変残念なことです。

勿論、私にも霊視によって総てが視える訳ではありません。
また、先に申し上げましたように、因果関係を明確に読み取れない事もあります。
しかしながら、私にとっての霊視鑑定とは、「報告のみに有らず」が理念です。
つまり、霊視鑑定とは指針でなければならないと考えています。
依頼者の方が、霊視鑑定という指針を、ご自分の人生にどう織り込んでいかれるかが、
霊視鑑定の真髄なのです。

霊視鑑定をしたから、その後の人生が変わるのではありません。
人生をより輝かせていくのは、自分自身なのです。
霊視鑑定をしてみようと判断したように、それを指針とし人生の岐路を判断していって欲しいと願っています。

上杉 安可吏

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 霊視鑑定 因果関係 霊視鑑定士

ろくでなし

霊視鑑定をして、「救えないな…」という方がいます。
私は、そういう方を何と言っていいか言葉に詰まってしまう事も度々ですが、
最近は「あの村の出身」から、「ろくでなし」に変えました。(笑)

ろくでなし」に変えてから、「ろくでなし」って語源はなんだろう…、って疑問に思い、
調べてみると、
感じでは「碌でなし」と書くのですが、この「碌」という字は当て字で、
本来は「陸」だそうです。
陸というのは、平らという意味があります。
つまり、陸でない…、平らではないというのが語源でした。

語源を知って、益々「ろくでなし」が当てはまります。

ろくでなし」になった原因は様々ですが、問題は本人が「ろくでなし」だと気付かない事にあります。
環境が人を変えることは事実ですが、
こんな自分になったのは、あの時、あの人が、あんな事を…、と責任転嫁する人には、
まだ救いの可能性があります。
こんな自分…、という自覚があるからです。
しかし、真の「ろくでなし」は、自分は「まとも」、如いては「善人」だと信じて疑っていません。

何故そう信じて疑わないか…、こういう方は、
自分の感情ひとつで、或る人には…、或る時には…、過ぎるくらいの労力を注ぎ込んだりする事があるからです。

まさしく平らじゃない…、「ろくでなし」です。^_^;


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視鑑定 ろくでなし

我欲

人間は本当に、我欲の塊だと思います。

石ころだらけの道を歩けば、平らな道を歩きたいと言い、
やっと平らな道を歩きはじめたら、
今度はつまらないと思う…。
思うだけならまだしも、平らな道を自分の手で壊してしまう。

言葉だけの上なら、「そうそう、ホントそうだよね」で済むけれど、
人生という道では、その欲が総てを失い、また失わせる危険を秘めているのです。

私の知人が、最近離婚をしました。
奥さんの人間性に対して我慢が出来なくなった、というのが本人の理由です。
しかし真実は、他に好きな人が出来て、その人との未来の方が魅力的に思えた、
というのが理由です。

「奥さんの性格に我慢が出来なくなった」と、対外的と自分のスピリチュアル=「」を誤魔化す為の
理由を掲げ、我欲のままに走ったのです。

それを指摘され、「それは違う」を繰り返していた彼も、
何も言わなくなった私が、認めたと勘違いをしているのでしょう、
時間と共に、好きになった女性の事をチラホラ会話に混ぜ込んでくるようになりました。

我が子を育てる義務を放棄し、他人の子供を育てると真顔で語る彼に、
何かを話すことすら虚しい…。

時に愛情は気持に重く圧し掛かり、欲情は甘美な幻の未来を映し出します。

愛情を捨てて、欲情を選択するのも、人生に於いては何の問題もありません。
何故ならば、前世のつけが現世にまわって来て、また来世に持ち込むだけのことですから…。

問題は、原因を他人になすり付けて、真実を隠す事にあります。
人を欺くことが出来ても、自分のスピリチュアル=「」を欺くことは出来ません。

どんな人生を選択しても、我が人生…。
スピリチュアル=「」で我欲を認め、その上で覚悟をして生き抜く姿勢こそが、
煩悩多き人間の、唯一の人たる生き方ではないでしょうか。

「すまない、他に好きな人ができた。別れてくれ」
これは一見、無神経で軽薄な言葉に思えますが、
スピリチュアル=「」から見ると、混じり気のない「」の波動なのです。

欲情という我欲を選択するにあたって、相手が納得出来る理由などあるはずはないのです。
責められ、罵られて当たり前!
総てを受け入れなければ、新しい人生などありえません。

「何をいわれるか怖いから、聞きたくない」って、知人は言いました。
人は、やはり知っているのです。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 我欲 スピリチュアル 波動 前世 現世 来世 煩悩

総合鑑定などで、家庭家族の問題の霊視をすると、その問題の他に視えてくる、
或る共通する事柄があります。

霊視をする際には、私の波動で依頼者のお顔から波動を引き出し、
家族関係建物土地等を読み取っていきますが、
その際に、家の中の風景が映ることも珍しくはありません。

すると、これまでの鑑定例から、まず目に付くのは、
玄関に無造作に散らかった靴や、タタキの汚れです。
家族が多かったり、小さなお子さんがいらっしゃると、中々整頓するのも難しいのかも知れませんが、
親子喧嘩が絶えず、夫婦の間で口論が尽きない方の玄関は、
得てして整理整頓がなされてない事が多いものです。

また、浴室や洗面所の汚れが目立つ家庭に於いては、
逆に家族間の会話が乏しく、同じ屋根の下で暮らしているにも関わらず、
挨拶すらしないというような、殺伐とした家族関係になっています。

トイレの掃除が行き届いていなかったり、ドアを開けっ放しのままトイレを使用したりするようですと、
家族間の問題に止まらず、外部とのトラブルを引き起こす事が多いものです。

家というのは、木造であろうと、鉄筋であろうと、建てただけではただの物体です。
そこに住む人達のスピリチュアル=「魂」が集まって、家となる事を忘れてはいけません。
「家相が悪いのでは…」、と考える前に、
第三者の視点から、玄関や浴室、トイレを確認してみて下さい。

家族が元気に出掛け、また帰って来てホッとするような玄関でしょうか…。
一日の疲れを癒せる浴室でしょうか…。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 総合鑑定 家庭 家族 霊視 波動 家族関係 建物 土地 鑑定例

春を感じて

今年は桜の開花が早く、自治体が計画している「桜祭り」の時には。
既に葉桜になっている可能性が高いかも知れませんね。

ところで、その昔には、舞い降りた「」が桜の木で休んだという逸話から、
桜の木には「」が宿ると言われてきたようです。

あの薄紅色の可憐な花が、木々に集まると々しささえ感じるのは、
私だけではないでしょう。
夜桜などは、人の気持ちを妖しく動かす「」を持っています。

そんな美しい「」の集まる下で、日本酒の瓶を転がし、大騒ぎをするのには、
些か辟易しますが、豊作を祈願した農民の祭りの名残りですので、
セめて、垂れ染める桜の花の持つ美しい「」を、感じながらであって欲しいと思います。

自然の移り変わりには、それぞれの「」が流れます。
その中でも、春は植物が芽を出し、生命の誕生を意味する「」が、至る所に溢れています。
自然界からの「」は、人間にとっても影響力を備えています。
この季節にしかない、生命の誕生の「氣」を、十分にスピリチュアル=「」に取り入れて、
上手に生活したいものです。

食に関しても同様で、春の香りのする、ふきのとう・タラの芽等を食べて、
身体の中から生命の「氣」を取り入れるといいですね。

春を浴びて、春を感じ、春を味わう…、短い季節を十分に堪能して下さい。
そんな些細な気持ちが、明日を好転させてくれるものです。



霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : スピリチュアル

こちらこそ、ありがとう

霊視鑑定をして、一番良かったと感じるは、
依頼者の方が、前向きにご自分の人生を生き抜いていこうと、
スピリチュアル=「」が輝き出すことです。

霊視占いではありません。
ですから、生年月日や家族構成、血液型などをお尋ねすることはありません。
霊視鑑定をするにあたっての情報は一切ない状態で、
ご本人のお写真に映し出されるものを、感じとっていきます。

対面鑑定の場合には、依頼者の波動を直接的に受け取れるので、
環境に問題がなければ、霊視そのものは、そう難しいものではありませんが、
写真鑑定の場合には、まず依頼者の波動を引っぱり出すところから始めます。
私自身の波動を送り込み、誘導するのです。
これが中々エネルギーを使います。
霊視して視えてくるものは、統一性や連動性がありませんから、
断片的に視えるものを繋ぎ合せていかなければならないのですが、
複雑に絡み合っていたり、一部が隠れていたりして、
まるで、MRIの結果を見つめるドクターのようです。
霊視結果を導き出すのに、長い時には二時間程の時間を要する時もあります。

鑑定の結果に対して、感想を頂き、
「当たっていてびっくりしました」
「そんな事もまで分かるのですね」等のお言葉は、とても有り難く、胸を撫で下ろします。
けれど、私は占い師ではなく、霊視鑑定士ですので、当たっているのは当たり前の事で、
大切なのは、霊視した結果から、依頼者の方が、この現世を精一杯生き抜かれる為の指標を示す事なのです。
私が出来る事はそこまでなのです。
目の前を立ち塞ぐ囲いを取り除くのは、依頼者の方に他なりません。
ですから、私の霊視鑑定の結果をお読みになり、
新たに生き抜く勇気をお持ちになったり、
自身を甦らせたスピリチュアル=「」を感じる事は、何よりの喜びです。

それが私のスピリチュアル=「」を、更に豊に輝かせてくれています。
「ありがとうございました」との、依頼者の方のお言葉に、
「こちらこそ、ありがとうございました」と、呟く日々です。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル 霊視 占い 波動 対面鑑定 写真鑑定

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ