プロフィール

上杉安可吏

Author:上杉安可吏
「灯りの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、
他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

考えるのではなく感じること

昼間は、短い夏を更に駆け足で走るように日差しが強いけれど、日没が確実に早くなっているのを感じます。朝方に窓を開けた時に、秋の香りがしました。

夏から秋に掛けて、気持ちがゆっくりと沈んでいく経験は、誰もが記憶の何処かにあるかと思います。
特別な出来事がない限り、夕暮れにススキが風に吹かれている様を見て、気持ちがワクワクしたり、
心が躍ったりすることはないでしょう…。

私達がそこに感じるものは、一抹の寂しさではないでしょうか…。
しかし、秋の夕暮れの光景は寂しいものだと、学んだ訳ではありません。
私達が人であるが故の、無条件の「」の反応なのです。

そこには、前世の記憶を、私達の思考は認識せずに、「」だけが認知をし反応している場合もありますが、総ての人達が、前世に於いて、秋に悲しい出来事があったとは考えにくいはずです。

私達にはそれぞれ個性がありますが、純粋な「喜怒哀楽」に対して、個性は影響を与えないのです。
つまり、どんな性格であろうと、血液型が何であろうと、年齢が幾つであろうと、
総ての条件とは無関係に、同じ感情を持っているのです。

しかし、世知辛い社会の中で生きなければならない為に、感じる事より考える事に意識が偏ってしまっています。
考える事より感じる人生を送ったら、少なくとも、あなたの隣にいる人を悪戯に傷つけることはなくなるに違いありません。
もう直ぐ選挙がありますが、国民がどんな暮らしを強いられて、どれ程の不安の中で生きているのか、
政治家の皆様に、思考からのスローガンを掲げるのではなく、「」で感じて頂きたいと願います。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 前世 喜怒哀楽

総合鑑定(恋愛・結婚)

こんばんわ。
ありがとうございました。

まず、私自身ですが、幼少の頃にはあまりいい思い出はありません。
それは、家庭の事情でしょうがなかったこ事だと思ってはいるのですが…。
確か、幼稚園の頃から小学入学にかけて位だったとおもいますが、姉の入院の関係で親戚の家で過ごしました。
写真からお感じになったのはその関係でしょうか。
今でも、孤独感疎外感に悩みますし、人から嫌われるのが怖いです。
それゆえ、人前では自分をネタにして笑いをとってみたりとしてしまいますし、とにかく人の顔色が気になります。
数年前も人間関係で悩み、友人からは性格に問題があるといわれてしまいました。

私への鑑定を読ませていただいたとき、泣いてしまいそうになってしまいました。
確かに友人から頼まれると嫌とは言えません。乗り気じゃなくてもいいよって言ってしまいます。
お金も貸したことあります。
自分自身、自分が好きな相手にはできることはしてあげたいと思いますが、それは自分の自己満足じゃないかと。
自分はいい人間じゃないと思ったり、でも、人にはいい人と言われたい。
ようするに、自己中心な人間だと思ってます。
「綺麗な」と言ってただけただけでも、鑑定していただいてよかったと思います。

次に、恋愛のほうですが、仰るとおり彼は既婚者です。
彼とは上司と部下の関係で、かれこれ4年片思いです。
相手は私の気持ちには気づいてるとは思いますが。
なにかと彼は距離をとろうとしているように感じます。
それでも、最近はやさしかったり、少し距離が縮まったように感じていました。

彼の2面性などを私自身、まだ分かりませんが、心のどこかでは感じているのかもしれませんね。
彼から感じるのは、自分の感情を抑えて、回りに気をつかってるような。そんな感じです。
仰るとおり、私は私を包み込んでくれるような、そんな愛情が欲しいです。
私のことを一番に大事にしてくれる、安心できるそんな場所が欲しいです。
片思いであるゆえに、まだ彼のいいところしか見ていないのでしょうね。
彼に対する気持ちが大きすぎて、この先どうなるか分かりませんが、この鑑定結果を頭において、彼の事を観察しながら少し考えてみたいと思います。

今回いいただいた鑑定結果には考えさせられましたし、自分を分かってくれる人もいたと感じました。
いつも悩みがなそうでいいねって言われるので(汗)

今回は本当にありがとうございました。
また、なにかありましたら、よろしくお願います。

●●●●


ご幼少の頃に寂しい思いをされながらも、我慢をを強いられて来られた方は、
ご自分の恋愛やご結婚の際に、大きな間違いをされがちなのです。
愛情や優しさに餓えたスピリチュアルー「」は、上辺の優しさやと本当の優しさの区別が付きにくく、
過剰な反応を示してしまう事が多々ございます。
以外に、誠実な優しさとは表面化しないもので、ぺんぺん草(ナズナ)のようなものなのではないでしょうか…。
踏み付けられるような道端に咲くのにも拘らず、いざ探そうとすると中々見つからなくて…、
三味線のバチに似た果実を剥がしてクルクル回せば、ペンペンと音を出して和ませてくれ、
若葉は春の七草にあるように胃の調子を整えてくれ、更に怪我をした際の止血にも役立つ…。
優しさとは、そういうものなのではないでしょうか…。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 鑑定 孤独感 疎外感 人間関係 鑑定結果

霊視鑑定の真髄

最近、対面鑑定出張鑑定のご依頼が多く、実際にご依頼者の方やそのご家族にお会いする機会に恵まれていました。
お申し込みを頂きました時に、或る程度感じるものを抱えながら、対面するのですが、
実際にお会いすると、想像以上の「負」の波動によっての精神の歪みを痛感しています。

まず私が最も強く感じる事からストレートに切り出すのが、私の対面鑑定の始め方なのですが、
殆どの方が男女を問わず、その時点で涙を流されます。
どうぞ、お気兼ねなく涙を流されて下さい、と申し上げます。
私は、その涙を「の涙」だと解釈しています。

そして、問題はその時点で解決されているのも事実なのです。
私達は「の底」で、現象の原因も、どうすべきなのかも、その総ての真実を知っています。
感じる事を否定したい気持ち、認めたくない業、すり替えたいエゴ…、それらの顕在意識が、
真実から遠ざけてしまっています。

ご依頼者の方の涙は、覚悟を決めた安堵の涙…、要約辿り着いたの震え…、なのだと思っています。
だから、その涙を見た瞬間に私は、自分の役目の殆どが終わったと感じます。

霊視鑑定によって導き出した結果は、今後の人生をより輝かしく生き抜く為の、具体的なアドバイスに過ぎません。
ご依頼者の方は、聴き洩らしがないように、本当に真剣にメモを取ります。
勿論、霊視鑑定によっての具体的な解決法は、その後の継続した行動に重大な光を照らしますが、
見落としてはならない大切な事は、何故それをするのか…、誰の為にそれをするのか…、
そのスピリチュアル=「」にあります。

日頃は、ご自身の利己的な行動や言動に気付かず、家族という変え替えのない人達を傷つけてきた方も、私の話を真剣に聞かれていらっしゃるその瞬間は、ご自身の事よりもご家族の幸せを願い祈りお気持ち以外の何物でもありません。

対面鑑定出張鑑定でお自宅を訪ねるのは、歪みかけているご家族が、もう一度お互いの存在の大切さや、愛情を確かめる為の切っ掛けになるのだと、改めて認識致しました。

鑑定を終え、お自宅を後にする際に、私は心の中で「もう大丈夫よ…」と呟きます。
霊視鑑定は、自分に与えられた能力を知らしめる事ではなく、
幸せになる為に生きている人達が、明日に希望を持たれる為にこそあるのだと、確信しています。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 対面鑑定 出張鑑定 霊視鑑定 スピリチュアル

総合鑑定(家庭・病気)

安可吏先生、丁寧な鑑定をありがとうございました。
鑑定結果をメールで頂いたのに、その後で電話でまでお話をして頂き、本当に感謝しています。

私の情報を一切伝えていないのに、主人との別居のことを指摘されて驚きました。
今まで鑑定をされた方の感想を読んで、この人にならと思い私もお願いしたのですが、自分の想像以上に当たっていることばかりで、本当に驚きました。

それから、言葉の一つ一つがとても暖かく、優しさが伝わってきて涙が止まりませんでした。
自分が生きてることの意味さえ分からなくなって、何度も死のうとしたことも、安可吏先生の「命は自分のものではありません」の言葉で、みんなお見通しなんだと、恥ずかしくなりました。

主人を責めたり恨んだりばかりでしたが、先生に言われて自分にも思い当たることばかりでした。
元には戻らないかも知れませんが、先生が言ってくれたように、これからの自分の人生のために、
もう一度主人と話し合いを持ちたいと思います。

素直な自分の気持ちを伝えるつもりですが、多分主人は聞いてくれないでしょう。
でも、主人の気持ちを取り戻すことが目的ではなく、今までの自分を清算するためですよね。

鑑定をして頂いてから、持病の発作も出なくなりました。
私自身がつくっていた病気だったんですね。
これからは、生きていくことを考えます。本当にありがとうございました。
この感謝は一生忘れません。安可吏先生もお体に気を付けて、私のような人達の救いになってあげて下さい。

●● ●●



変わっていく人の心を引きとめようとするのは、果たして愛情なのでしょうか…。
溢れてくる感情が持つその意味を、自分自身で感じて下さい。
きっとそこには、誰のせいでもなく偶然が重なった必然だった事を知ることもあるに違いありません。
自分の死をもっても、人の気持ちは変えられない事を知って下さい。
生きて行くその姿こそが、人の心を動かすのです。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El




タグ : 鑑定

児童虐待

昨日、深夜のTV番組で、虐待を受けて何らかの精神的問題を抱えた子供達が暮らす施設のドキュメントを見ました。
その施設は小学生から高校三年生までの子供達が、医師と看護師の元生活をしています。
精神的ケアをしながら学校にも通い、実際の親元での生活に戻れるように支援しているようです。

その中に小学校六年生の男の子がいました。
その子は、母親の育児放棄により、施設に入所して来たようですが、夜になると徘徊が始まり、
それを注意する看護師に対して暴言・暴力を振るうのです。

母親と暮らしていた時に、その母親は夜になるとその子を一人部屋に置いて、外出を繰り返していたそうで、その不安からくる症状なのだそうです。
およそ半年に渡って取材をしてきた中で、その母親に対するインタビューもありました。

その母親は、何故育児放棄とみなされたのかを理解していません。
実際の親子関係の全ては分かりませんが、
その子の小学校の卒業式の時に、母親も出席していましたが、作文を朗読する場面がありました。
私はその子の作文を聞いて、鳥肌が立つほどの怒りと寂しさでいっぱいになりました。

「僕は中学校に入ったら、もっと親のためになりたいと思います」

無防備で無力な子供が、一番身近な母親からどんな言葉を浴びせられ、どんな扱いを受けて来たのかが、その文章一つで見えてきます。
治療が必要なのは、まず母親の方に違いありません。

医師が番組の最後にコメントをしていました。
虐待という傷を完全に癒す事は出来ない。それは水の入ったコップに、赤いインクを落とした時と同じで、水は赤く染まってしまい、元の水にする事は不可能な事です。
しかし、赤く染まった水に、まっさらの水を足していく事は出来る、それがケアだと言っていました。

その医師の伝えたい事は十分に理解できますが、私には深い疑問が残りました。
傷を無くす必要があるのでしょうか…。
私達は虐待に限らず多くの傷を受け、又傷を付けて生きています。
その傷があるからこそ、人とは…、生きるとは…、という「」の在り方を模索していけるのだと思っています。
悲しい事ではあるけれど、傷を受けた事実を自分自身が受け入れる所からしか、本当の「癒し」はありえないと思い疑いません。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 虐待 育児放棄 癒し

魂の在り方

私の友人から依頼があり、お仕事のお付き合いのある方の霊視鑑定をさせて頂きました。
その方は食肉となった家畜処分のお仕事をしていらっしゃるのですが、現在ご家族の精神面に大きな問題を抱えていらっしゃいました。

そのご子息に「邪気」が取り憑き、引き籠り精神障害を引き起こさせています。
又、奥様にも軽度の「」の症状がみられます。

そのご職業そのものに問題があるのではなく、その方の「」に問題がありました。
私達人間の利便さで廃棄される家畜を、単なる生ゴミとしか考えてはいないのです。

この世に存在する総ての生命に「」が存在します。
生命を持たない物質にも、人の「念」によって「」が吹き込まれことも珍しくありません。
私達が大切にする「お守り」も、元はただの紙ですが、そこに災いから守られ幸福であるよう「念」が込められるからこそ、「お守り」になるのです。

ましてや命のリレーによって誕生した動物です。仮にそれが食肉を目的に生れてきたとしても、
一つの生命である事に違いはありません。

その方は、その動物の「」を供養し、葬ってさしあげる仕事に従事している…、という自覚と認識に著しく欠けていました。
更に、それによってご自分達の生活が成り立っている事への感謝の気持ちももたなければならなかったのです。

無意識の内に、私達人間の為の社会・自然であるような大きな勘違いをしているのかも知れませんが、私達人間ほど多くの動物や自然のお陰で生かされているのは明白です。

何をしているかより、どんな気持ち「」でしているかが、現象として自分に襲いかかってきます。
この方のご職業に関してだけではなく、私達の当り前の日常生活の中で、どんな気持ちで行動したか…、という「」の在り方は大切なことです。

東北地方には「梅雨明け」宣言がされませんでしたが、ようやく太陽が顔を出してくれるようになりました。洗濯物を太陽の下に干せる快感のついでに、日頃のご自分の「魂」も洗濯するのもいいですね。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 霊視鑑定 邪気 引き籠り 精神障害

総合鑑定(病気・土地)

上杉 安可吏 さま

丁寧な鑑定をありがとうございます。
土地が問題だろうなとは思っておりました。書いてあった通り、不快な感じがぬぐえません。
しかし、アパートで床下に炭はまけませんし、1Fの部屋ですので2Fはありません。転居はできないし
(どうしても今お金が足りません)、したいとおもってもできない事が多すぎて悲しくなりました。実
行する財力が無いのです。発言権もありません。

こうなったら家にいる時間を少なくするしかないのでしょうか、フルタイムで働くとか。

祖父が憑いているとは驚きました。実は夢の中で叱られた事(ののしられた事)があったのです。なん
か不満そうだったので…。私は祖父のお葬式にいけませんでした。その事かもしれません。ずっとあや
まっているのですが、通じていなかったのですね。

体調が悪いのは、この土地に移る前からなのですが、この土地に来てますます悪化したのでしょうか。


今日は良くない事ばかりだったので、ますます暗い自分になってしまいました。なんとか前向きになり
たいと思っていますが、それさえも疲れを感じます。

大らかになりたいと思っていますが、大らかってなんなのか分かりません。これが私の人生の課題なん
でしょうね。

ありがとうございました、理由がわかりましたので、不安がるのは止める事にします。病院通いも止め
る事にします。現実を知らせてくださった事に感謝します。

●●●●


問題の原因が表面化したら、後は解決する為の行動をすれば良いだけなのですが、
現状を理想化するのが困難な場合に、今自分が出来る解決の方法を見出そうとせずに、
それも無理…、これも無理…、と決めつけてしまってはいけません。
ベストが出来なくても、ベターに近づけようとする、前向きな「陽」波動が最も大切な事なのです。
苦しみの渦中で、解決する為の物質的要素が困難になると、投げ槍になられるお気持ちも分からなくありません。
しかし、本当にご自分の今後の人生を諦め切れるでしょうか…。
諦められないからこそ、私に霊視鑑定をご依頼されたに違いありません。
必ず現状の中でもやれることがあるのです。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 鑑定 波動 「陽」 霊視鑑定

総合鑑定(恋愛・結婚)

上杉 様



鑑定結果をお送りいただき、ありがとうございました。

今迄に鑑定していただいた皆様のおっしゃる通り、「何でわかるの?」とまず驚きました。(笑)



≪現在のお悩みというのも、そういった数人の複雑な感情が入り混じった問題と思われますが…。≫


実は、今付き合っている人は妻子ある方なのです。

独身の●●●●、妻子ある中学時代の先輩・・・。

2人とも私の事をすごく好きでいてくれていますが、私は●●●●と付き合っていたにもかかわらず、後から現われた

先輩を好きになりその方をえらんでしまいました。

知り合いからは、

「何でわざわざ・・・。●●●●のがお金はあるし独身だし、そっちのがいいじゃないの?」

と言われます。

先輩は妻子ある方なので、将来的にも・・・(泣)

なのに離れられずにいます。



≪その瞬間に「落ちて」しまうタイプなのです。≫


その通りです。当たっています。



≪しかし、あなたがもし恋愛のその先に結婚があると、お考えになっていらっしゃるのならば、あなたが好きな方でなく、

あなたを好きになってくれる方を選ばれる事をお勧めします。

こうは言っても、あなたは難しいでしょう…。

愛されるより、愛する事の方が、あなた自身を満足させるのですから…。≫



●●の場合はこのパターンです。まだ私の事を好きだと言ってくれています。

でも私は先輩を好きなように、そこまで●●を好きになれません。



≪本意ではありませんが、あなたは愛人として生涯を生きる事も出来る女性です。

ただ、その道を選択する時には、あなたも子供を産む事を認め、

また、その物質的甲斐性のある男性でなければなりません。≫



愛人!?(泣)

やはり先輩より●●を選んだ方のが・・・?



上杉様の鑑定結果をドキドキしながら待って、出していただいた結果です。

何度も読み直して、少し落ち着いてじっくり考えてみます。

お忙しい中、ありがとうございました。


恋というものは本当に不思議なパワーを持っています。
例えば、霊視鑑定によって現在のお仕事をお辞めになってはいけません。このお仕事があなたに沢山の精神的満足と、豊かな生活をもたらすでしょう…。
…、と鑑定結果が出たら、殆どの方はそのお仕事を辞めません。
しかし、恋は違うのです。
現在のお相手の方の方が、あなたに人生の幸福を与えます…、と申し上げても、
結論は、自分の感情を選択する事が殆どなのです。
どちらを選択してもいいのです。
ただ、覚悟が出来れば…。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 鑑定 霊視鑑定

総合鑑定(恋愛・結婚)

上杉さん、

鑑定どうもありがとうございました。背中をポンっと押していただいたような温かい気持ちになりました。
今まで鑑定を受けられた方の感想を見て「当たるんだろうなあ」とは思っていましたが、まさかここまでとは本当にびっくりしました。
何ひとつ言ってないのに全て上杉さんのおっしゃる通りです。とても満足しています。

友達とわいわい騒いでいても本当の自分ではないなあとよく思っていました。違う自分がいつもいて、なんか違うのにって言っていました。
そして、前世はシスターだったと言われてすごく納得しました。困ってる人がいると誰でも助けたくなります。
友達からは「なんでそんなにお人よしなの?そんな人助けなくていいじゃん」と言われたりしますが、助けたことによって幸福を感じる私がいます。
自分の中に感情をためこみすぎる、とありましたが、まさにその通りです。これを言ったらこの人はどう思うかなどを考え、言わないようにしていることも
たくさんあります。一人で悶々と悩み、どうしたらいいかわからなくなることもよくあります。

そして、彼のことですが、上杉さんのおっしゃるように彼は●●●●●●にいます。
私は今日本には一時帰国の状態で●●●●●●にずっと留学しています。彼とはそこで出会いました。
そして、障害は上杉さんのおっしゃる通り、シキタリと宗教の問題です。
私は●●●教ではなく、●●●人でもないため、結婚を反対されました。
彼は優しく自分の意見を主張する人ではないので、私と別れ、紹介された●●●人の子と付き合いをしようとしています。
積極的な行動とおっしゃられましたが、この問題を乗り越えるにはどのような行動をしたらいいかなどアドバイスをいただくことは可能でしょうか?
それでは、鑑定を本当にどうもありがとうございました。本当に全てその通りでびっくりしました。

●●●●

恋愛や結婚のご相談は、若い女性の方の霊視鑑定依頼には本当に多くあります。
恋愛の結論を結婚にしたいと願うお気持ちは、純粋で美しくもありますが、
人を好きになるスピリチュアル=「」は、結婚という形に結びつかなくても、恋愛を経験したその事自体に大きな成長があります。
真剣に人を想うところに、利害は生じません。
利害無き想いは、必ずご自分の幸せに繋がっていきます。
恋の形や、その結果に囚われず、誰かを真剣に想い愛した自分を愛して下さい。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 鑑定 スピリチュアル 霊視鑑定

盆踊りの意味

お盆に入りましたが、ご先祖の供養にお墓参りのご予定はありますでしょうか…。
遠方にいらっしゃって、お墓までは足を運べない方もいらっしゃることでしょう。
そんな方は、ご自宅の香炉でお線香を焚き、菓子を添えて、日頃の無事を感謝し手を合わせるだけでもいいのです。
その供養の「」は、お線香の香りに乗って、必ずご先祖様に届きます。

ところで、この時期には各地で「盆踊り」の催しが行われると思います。
日本の「祭り」の殆どが、農作物の豊作を祈願したり感謝したりするのが旨ですが、
「盆踊り」だけは違っています。

盆で帰って来られた祖先のに、子孫やこの世の人達と共に踊り、歌ってあの世に帰って貰う為のものなのだそうです。
こうしてご先祖様は勿論のことなのですが、私は日本人のスピリチュアル=「」の素晴らしさを感じたのは、その際に、無縁の霊にも、そのおすそ分けの施しをして、祖先の霊と一緒に供養の踊りをするそうなのです。

「おすそ分けの施し…」、暫く振りに美しい言葉に出会いました。
今年の「盆踊り」は、そんなことを感じながら踊ってみては如何でしょうか…。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : スピリチュアル 無縁の霊 ご先祖様 供養

総合鑑定

●●●●です。

お忙しい中、ありがとうございます。

簡単には行かないとわかっていますが、自分の進むべき道が見えました。

片想いなんてしていますが、自分の目標に繋がっているのなら迷う必要なんてありません。

感じるままに行動。
やってみます。

昨日からブログも読んでいます。それだけで気付く事もたくさんありました。

遅くにすいません。


本当に感謝しています。
ありがとうございました。

失礼します。


この方は、或る目標に向かって邁進していらっしゃいます。
それ故に、青春の中にいる自分の行動や感情を制限してきています。
何かに向かって走り続ける事は、精神的抑圧が計り知れないもので、時に走る意味さえ分からなくなる事もあります。
意思を継続する辛さにパワーを与えてくれるのは、「恋」だったりします。
「片想い」という形は問題ではなく、誰かを想うスピリチュアル=「」が、力を与えてくれるのです。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : スピリチュアル

魂のイメージイラスト発送について

イメージイラストの事を掲載しましてから、本当に沢山の方々からお申し込みを頂戴しました。
順次発送の予定でおりましたが、毎日の発送は困難な為に、お申込みの区切りが付きました時に、まとめて発送の準備をしていました。
7月18日以降のお申し込みの方々には、大変遅くなってしまいご心配をお掛けしてしまいましたが、
ようやく明日には発送出来ますので、後二、三日お待ち下さい。m(__)m


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : イメージイラスト

総合鑑定(結婚)

こんばんは。
返信が大変遅くなってしまい申し訳ありません。
普段あまりパソコンでメールをしないので、チェックするのが遅くなってしまいました。

鑑定結果、読ませていただきました。
全て思い当たる事ばかりで凄く驚きました。
現在、付き合っている人がいるのですが、彼女の家庭環境が問題で両親から猛反対されています。
確かに、両親が反対をする気持ちも分かりますし、両親には心配をかけたくはないのですが、
彼女の事を思っているので、その狭間で凄く悩んでいます。
彼女への気持ちを貫くべきか、両親の言うように他の相手を探すべきか・・・。
このままでは誰とも結婚できないで終わってしまいそうな気がして不安になります。
この今の状況を少しでも好転させる為に、自分がどうしたら良いのか正直分かりません。
この事について、電話でお話が出来たらと思っております。

今度は鑑定を受ける際は、対面鑑定を希望したいと思います。


この方の恋愛の対象になられる女性は、いつも或る問題を抱えた方が殆どで、
「慈悲」、それがこの方の愛情の形なのです。
どちらかを選択しなければならない…、という考え方が苦しみを呼びます。
どちらも選択出来る為のアドバイスを差し上げました。
この霊視鑑定の数か月後に、対面鑑定をさせて頂きました。
遠方より時間を掛けていらっしゃって下さいましたが、
どちらも選択する勇気と覚悟が出来たご様子で、益々「」が磨かれていかれることでしょう。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 鑑定結果 鑑定対面 鑑定 霊視鑑定

総合鑑定(仕事)

上杉 安可吏 様



いただいたアドバイス通りまずは自分の気持ちを「陽」に変えて、

希望を持って進もうと思います。



霊視鑑定は初めて受けましたが、的確なアドバイスと、

何よりも上杉さんの温かい文面に非常に勇気づけられました。



ありがとうございました。


人生はいつどんな人に出会うかで、その方向が決まってしまうと言っても過言ではありません。
人との出会いは、実際に会うことばかりではなく、一冊の本を読むことも、話を聞く事も、
霊視鑑定もまた、人との出会いの一つです。
景気低迷が長引き、ご自分のご職業に関しても大きな不安や迷いが生じることでしょうが、
無性に動きたくなる時には、立ち止まってみて下さい。
「負」の波動に包まれると、人は変化を望むようになります。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 霊視鑑定

「魂」の破壊

この所、芸能人のドラッグ関与のニュースが頻繁に放送されています。
ドラッグの恐怖に関しては、マスコミを通して誰もが認識しているにも拘らず、なくなるどころか、益々その年齢は中学生にまでも広がってしまっているのが現実のようです。

私は、勿論経験はありませんが、その相談を受けた経験もありますし、
実際ドラックを使用していた、当時十七歳の少女も三十歳を過ぎた男性も知っています。

彼女達は、何度も止めようとしました。しかし、事が発覚して逮捕されるまで、止める事が出来ませんでした。
もう三十年も前になりますが、今でも忘れられない彼女の言葉があります。
「薬をやってる時だけ、私じゃなくていられるの…」

その時の私は、その言葉を聞いて、暫くの間言葉を失いました。
誰もがありのままの自分自身で生きる事が、最も精神の安定した状況のはずなのに、
彼女は自分である事が苦痛だと感じているのです。

何をどう言ったかは覚えていませんが、多分、私の知っている言葉の全てを使って、彼女にドラッグを止めさせようとしたしましたが、その頃の私には大切なことが欠けていたに違いありません。
私は知識や常識で彼女を納得させようとしただけで、彼女に愛情を抱いてはいませんでした。

偶然にアパートの隣同士になって、三つ年上の私に親近感を持ってくれたのですが、
空気の違いを感じていた私は、表面的な付き合いしか望んではいませんでした。
或る時に、私の部屋をノックした彼女は、
口の端からよだれを垂らし、ろれつも回らず、涙を流しながら、それなのに笑っていました。
その彼女の姿を見て、私は恐怖に身体が硬直したのを覚えています。

外の騒々しさにドアを開けると、数人の警官に囲まれ、婦人警官とパトカーに乗り込む彼女の姿が見えました。彼女は私の方を見ると、ぎこちない笑顔で、声にせずに口を動かしました。
パトカーが走り去った後で、彼女が何を言ったのか、その口の動きを思い出した私は、
罪悪感と虚無感で涙が流れ、暫くそこを動く事が出来ませんでした。
彼女は「バイバイ」と言ったのです。
まるでその姿は、迷い犬が保健所に連れられて行くようでした。

私が彼女に対して愛情を持って接していたら…、と無力ながらも自分を責めたのです。
結果は同じだったかも知れませんが、少なくとも「ばいばい」ではなく、「ごめんね」だったに違いありません。
どんな苦しい経験をしてこようと、どんな家庭環境にあろうと、ドラッグに走る事は短絡的な自己逃避に過ぎません。何も解決しないだけではなく、確実に自己を崩壊させていきます。
自己を崩壊することは、身体のみならず、掛け替えのないスピリチュアル=「」を破壊する事です。
」が破壊されてしまう事は、生きながら死んでいることと同じなのです。

苦しみには必ずその原因が存在します。
原因があることは、解決出来るのです。
現実から目を背けない少しの勇気があれば、明日は必ず、今日とは違う太陽が登ります。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El




タグ : スピリチュアル

魔法の言葉

先日友人と談笑していた時に、輪廻転生の話題になり、
友人は「もう次に生まれて来たくないな…」と、苦笑しながら言っていました。

私はこの現世に於いてどれだけの「」を積んだかによって、来世がやって来るのだと思っています。
「じゃ、この現世を積むことだよ。を積んだ分だけ来世が遅くなるから…」
を積むって、どうするの」

」とは、どれだけの人達に「ありがとう」を言われたかなのだと思います。
例えば、自分の経営する社が大きな利益を出していて、その権力を知らしめる為や税金対策の為に、市町村に寄付をしても、それは「」を積んだことにはなりません。

「徳」とは、小さな「ありがとう」の積み重ねなのです。
「ありがとう」は、とても不思議な言葉で、言われて「徳」を積み、自分が言葉にし、相手に「徳」を与えることで、自分にも「徳」が与えられる…。

電車の乗り降り、お爺さんに手を貸して頂いた「ありがとう」、
落ち込んでいた友人に送った、励ましのメールに頂いた「ありがとう」、
おすそ分けの桃二つのお返しに頂いた「ありがとう」…、
そんなささやかな「ありがとう」が大切なのです。

私は家の近くのコンビニでよくタバコを買いますが、アルバイトの男の子にでも、
受け取った時に「ありがとう」と言います。
すると、次に行った時に「ありがとう」を言われた男の子は、カウンターに私が立っただけで、
私のタバコを用意してくれます。
私が言った「ありがとう」は、とても気持ちがいい空気になって私に帰って来ます。

「ありがとう」は、人の「魂」に触れる魔法の言葉です。

今日、何回「ありがとう」を言いましたか…。
何回「ありがとう」を言われましたか…。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El






タグ : 輪廻転生 現世 来世

総合鑑定(仕事)

灯りの扉 El 御中

上杉 安可吏 様



早速の鑑定、ありがとうございます。



ご指摘のとおり歯がゆいくらいに言葉が出てこなくて、

しかしまさかそれが「誤魔化し」と受け取られてしまっているとは

思ってもみませんでした。

自分でも気付かない点を指摘してもらえることを、大変ありがたく思います。

いただいたアドバイス通り、これからはもっと人間関係を築く努力をして

ゆきます。



左肩の女性はおそらく母方の祖母だと思います(母は一緒に暮らしているので)。

母と祖母は外見も性格も似ておりまして、「詫びている」というのは

たぶん母の過去の浪費グセ・・・のことかもしれませんが、祖母の気持ちを知り

胸の痛む思いです。「過去のことなのでもう気にしないで欲しい」と仏壇に手を

合わせようと思います。



今、仕事に関して私は度重なる岐路にありまして、もし適職がありましたら更に

お伺いしたく思っておりますので、その時はまたどうぞ宜しくお願い致します。



本当にありがとう御座いました。


自分の意思を的確に相手に伝える事は難しいことです。
ちゃんと伝えなければ…、と意識するほどに言葉が浮かんでこなかったり、
言葉が空回りして文章にならなかったり…。
けれど、私達人間関係を築く最も基本にあるのは、やはり「言葉」です。
上手く自分を表現出来なくて、誤解を受けたり損をしている方は多くいらっしゃいます。
ましてビジネスの場に於いては、尚更のことです。
上手に話す…、という事を意識し過ぎると悪循環になり兼ねないものです。
上手に話すことよりも、ありのままを話す事が大切なのだと思います。
しかし、「出来る人」が良い人とは限りません。
スピリチュアル=「」の美しさと、社会的評価が比例していく世の中になって欲しいと思います。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 鑑定 スピリチュアル

自分探し

前世を知りたい…、という霊視鑑定依頼はかなりの数になります。
それを知る事が良い事かどうかは、その方の現状にもよりますが、多くの方は知った後で納得されるようです。
興味がある事やこだわり、癖等の原因が結びついている事が多いからでしょう…。

多くの方の前世を霊視させて頂いてきて、一つの共通点を感じます。
それは現世に於いて、視えない世界に対して真面目な姿勢を持たれていらっしゃる方が、
前世に於いて、僧侶・シスター・山伏・巫女等、宗教や神に仕えていた方が圧倒的に多いという事です。

私達は前世での記憶を、心身の細胞に組み込まれているので、当然でもあります。
先日、音階にも意味があり、私達の過去の(前世)での記憶を心身の細胞が感じ取り、
感動する事がある…、という事を掲載しましたが、
現在の生活の一部始終の中に、前世での自分が潜んでいるのは間違いのない事です。

霊視鑑定によって前世を知る事も、長い人生を納得しながら前向きに生きる為の手段ですが、
こんな長雨に持て余している時間、ご自分のルーツを探っていくのも良いかもしれません。
ご自分のルーツを探る事は、自分自身を知る事に繋がるからです。
認める事の苦しみや、認めたくない自我との闘いは、精神の成長に必ず結びつきます。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El





タグ : 前世 霊視鑑定 ルーツ 現世

総合鑑定(恋愛・結婚)

思いあたることは、多く、驚きました。健康面では、左の腰痛と肩こりが、悩みで、マッサージに通っています。家族トラブルはないとは、思いませんが、弟はいます。私自身、家族思いだと思ったことないですが、思いがあるんでしょうかね。あと、背後にみえる男性の、年が離れた方の人が、思いあたらないんですが、年上でしょうか、既婚者でしょうか。年下の男性に対しての感じ方は、まさにこのような心境の変化は、ありました。でも、好意を持ってくれてる人では、ないんです。背後にいるのは、私自身が、思いをよせている人ということでしょうか。あと、守護霊のようなものは、ないでしょうか。

(質問に対して、多少お答致しました)

ありがとうございます。背後の男性、気掛りなんですが、私、39才なので、37才は年下となります。そのあたりが、よくわかりませんでした。

この方の鑑定で、私は大きなミスを犯してしまいました。
私は鑑定の際に、ご依頼人の年齢をお聞きしません。
お写真を拝見したした時に、この方を20代後半と判断してしまったのです。勿論、それは霊視ではなく私の思考の判断です。
その為に、霊視結果に矛盾が生じてしまったのです年齢さえも霊視をしなければならないのか…、と呆然とした鑑定例でした。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 霊視 鑑定

音階の秘密

アーティストの谷村新司さんがTVでお話していた事が、とても心に響いたので、記憶が出来た所に関して掲載したいと思います。

まず、音階には意味があるそうです。
ドは土、レ=人間、ミ=水、ファ=風、ソ=太陽、ラ=宇宙、シ=宇宙の果て…、そんな意味がこの一つ一つに込められています。音階は世界共通ですが、この意味を言葉から納得理解出来るのは、
唯一日本人なのだそうです。
ド=土・ミ=水…、そしてソ=太陽とラ=宇宙、これを私達は空(ソラ)と呼びます。
谷村さんはおっしゃっていませんでしたが、シ=宇宙の果て…、これは多分「死」を意味しているのではないでしょうか…。つまり、「死」にも世界があるという事です。

私達が音楽を聴いて、初めて聴く曲なのに、何故か涙が流れてきたり、感動したりした経験は少なからず誰もが持っていると思いますが、それは私達の身体にはメロディーに含まれている音階を記憶しているメカニズムがあり、その音階が耳から入り、潜在的に記憶している経験を呼び起こし、感動という形になるのだそうです。

しかも、私達人間の身体にも音階を持っていて、ドは股間、レ=丹田、ミ=鳩尾、ファ=喉、ソ=第三の目、ラ=頭頂、シ=頭から15㎝程離れた空中(エンジェルを思い出しますね)
こうして音階を身体のそれぞれの部分で感じていたのですね。

とてもスピリチュアル=「」と密接な関係で、深く興味を持ちました。
時間がある折には、更に深く調べてみたいと思いました。

メロディーから、私達の前世の記憶を呼び覚ます事が出来るのかも知れません。
とても楽しみです(^^)v
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El




タグ : スピリチュアル 前世

総合鑑定(ご両親・守護霊・ご主人)

上杉様

おはようございます。
お世話様です。鑑定結果読ませていただきました。
主人との事・両親への思い等ハッとしながら鑑定結果を一気読み
させていただきました。

~両親について~

私の幼少期から見る父は、他のお父さんとは何か違うなぁ・・・
外で一緒に出掛けると恥ずかしいなぁと思っていました。
一方、母は私の幼少期に父がお給料を家に入れないので
その分働き、苦労人だ・・・と。  

父・母は私が高校生の頃から別居しております。
表立っての喧嘩でその状態になった訳ではなく、それまで●●屋をやっておりました
がその頃クローズし父は外で働く事になり家から通うのが大変・・という理由上家を出
ました。母もそれまでのお店・お金の支払いから開放された・・・という感じなのでしょう
か…、外で働くようになり、自分の目標に突き進んでいったのではないかと思います。

母の目標はマイホームを持つ・・という事で私が高校卒業・・・と同時にその夢を果たします。母の郷里に家を建てることが出来ました。でもその家に私は3年弱しか一緒に住まず、父・姉もあまり縁の無い土地には来よう・・とは思わなかったのかなぁと。


上杉さんのおっしゃる母の使命感が達成感(でも満足ではない、仕方ない)というもの
に変わってる…というのはその事からではないか…と感じました。

一方、父はお店をクローズし外で働き出してから人に騙されたり、世の中の汚い
部分を沢山見たのかと。もう一度自分のお店をやりたい!!と思いながらもそれが
難しく、でも懸命に生きてきたのかなと。

                     
                     以上が私が高校生から現在にに至ります。


母は私が家を出てから1人で暮らしてるので、あれこれ考えることが多い
のかもしれません。とっても頑固で勝気?になってしまった様に思います。
父には経済面を求めてなく、とにかく自分でお金を貯める事に懸命になって
いるのかと。上杉さんの『自然な愛情の波動が感じられない・・』というのは
そういったことからかと。

私は前世で父とは師弟関係にあったのですね。離れてから師匠の存在の大きさに
気付いた・・というのは、現世においても同じかと感じました。
(それまでずっと好きではなかった父を結婚後とても心配になった・・という点から。)


~主人について~

主人とのことは了解いたしました。父に無いものを主人に求めたのかも
しれません。そして主人なら父の事を理解してくれるんではないかと。
結婚後、じわじわと感じてくる事もあります。でもそれは自分のした事なの
で逃げず覚悟を決めないと~思います。

守護霊様について~

守護霊様についても教えていただきありがとうございます。
私の今の状況についてきっと、”何を、もたもたやっているんだ!!”と
お思いでいるのかと。”巫女さん”と言う事で少し驚きました。

自宅からわりと近くに稲荷神社があります。最寄駅の側にも大きな鳥居が
あり、スーパーの買い物帰りにそこを自転車で通る事があるのです。


余談・・というかしょうもないことですが(笑)私は西洋のお菓子や芸術品・工芸等が
とても好きで、”伝統”という響きにも惹かれるし、人とのコミュニケーションも上手く
はなく、きっと前世は、フランスもしくはドイツ辺りの修道女だったんじゃないか・・・と
本当都合よく思っておりました。未だ行った事の無い西洋への憧れですね。

西洋ではなく日本の伝統工芸だったのですね。
それも何だか新鮮に感じます。50歳前後、現実的に可能だったらそういった工芸品
でもなんでもお稽古がてら外国に行きたい・・と現実逃避することもありました。

でも今は主人に向き合い子供を作ろうかと思っております。
失敗ばかり恐れてたら全く全く何にも進歩しないんだ・・・まずは動く事、嫌だからと
言って逃げない事、落着いて考えて行動する事、利害を見て何かを決めない事・・・
家族を大切に・・等思い歩んでいけるように勤めたいです。
あともっと柔軟な人間になりたいです。

長く長くなってしまいお疲れになってしまいましたよね・・・。
上杉さんもお体等お大事になさってくださいね。

引越し等やまた同様の事でお世話になることがあるかもしれません。


それでは、ありがとうございました!!    
                     ●● ●●


Ps、対面鑑定希望の場合、福島県の方でやられてるのですよね?
    今後、ブログも楽しみに拝見させていたきます♪


とても丁寧なご感想を頂き長くなってしまったので、一部割愛させて頂きました。
誰しもが、突然沸き起こった自分の感情が、何処から来るのか…、何故急にそう気になってしまったのか…、自分自身でも説明の付かない事があるに違いありません。
本来は、その意味を追求する必要性はないのかも知れません。
その意味を追求し、明確にしなければ行動に移せないのであれば、それは単なる「気まぐれ」なのでしょう…。
感じるままに行動する事が「導き」なのだと、ご自分自身を信じて下さい。
人間同士の関わり合いに関しては、前世での関わりを知る事で、納得のいく事が多いようですが、
この現世での新しい関係を築くことも、スピリチュアル=「魂」の成長です。
親子・夫婦・友人・等、固有名詞の関係に囚われずに、「魂」の関係をつくっていきたいものですね。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 鑑定 守護霊

総合鑑定(病気・人間関係)

これで今までの疑問が解けた思いです。
私が夢だと思っていたのは、本当は実際に起こっていたことだったのですね。
私のパニック障害の原因が幼少の頃にあるというのは、医者からも言われていたので、あかり先生から、小さい頃に、多分お母様から受けた精神的ショックでしょう…、と言われ納得がいきました。
しかも、あかり先生が言った「お母様の顔の表情と暗闇…」というのは、私が長い間苦しめられてきたあの夢そのものでした。
今でも母に対して、拒否感があるのも事実です。

でも、私がされて苦しんでいることを、私も子供に対してしてしまっていたことが、改めて呆然としています。
あかり先生が言ってくれたように、私の中のトラウマを私自身がなくさなければ、子供も不幸にしてしまいます。それは絶対にしたくないので、アドバイスを忘れずに実行していきます。
あかり先生に出会わなかったら、ニュースで流れているような母親に私もなっていたかもしれません。
それを考えると、ぞっとします。
今回は本当にありがとうございました。
あかり先生に感謝しています。


この方のご病気の原因は、幼少の頃に受けた精神的ショックでした。
自分がされて苦しんだ事をどうして子供にするのだろう…、と思われがちですが、
理性では解決できない潜在意識=「」の傷が、自分を見失わせてしまう事も多くあります。
児童虐待の深刻な問題にも、過去に受けた「」の傷も少なくありません。
最悪な状態になる前に、専門医にご相談されたり、その原因を追究して、ご自分をしる事が、
状況を解決する第一歩なのです。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : パニック障害 トラウマ

魂のカビ

最近、友人とのトラブル、家族間のいさかい、夫婦の摩擦…、等人間関係は如何でしょうか…。
はっきりとした理由が見つからないのに、どうも関係がスムーズじゃないと感じるならば、
長い梅雨が原因しているのも、否めないかも知れませんね。

農作物の育成も懸念されていますが、私達人間も例外ではありません。
農作物に於いては直接的影響が如実に現象化しますが、人間に対しての影響は即効性は低く、
現象も分かりずらい分、人間関係の不具合を日照不足と結び付にくいでしょう。

私達は五感を通して、その先にある「感じる」という、「」の振動を無意識に感じ取っています。
日常生活の不便さという事に関しては、長雨はむしろ慣れによってそう付加は掛らなくなっているに違いありません。
こんなに雨が続くと、理屈を飛び越え「不快感」が身体を襲います。
普段使っていない部屋の畳が、隅からカビが広がるように、「」にもカビが発生するのでしょう…。

」のカビは、苛立ちや攻撃的態度等、精神にその現象が現れます。
梅雨明けをひたすら待ち望むだけではなく、「」にも除湿が必要なようです。

」に風を通すのには、映画を観るのがいいかも知れません。
出来るだけ昔のピュアなラブロマンスが、爽やかな風を吹き込んでくれるかも知れません。
「ローマの休日」などは如何でしょうか…。(^.^)

タグ :

総合鑑定(仕事)

上杉 安可吏様

●●です。
早速鑑定いただきまして、ありがとうございました。
アドバイスを真摯に受け止めて今後の対応に生かしていきます。
今は自分自身が全然見えていないような気がしています。
何をやっても裏目に出るような感じがして、
それを人のせいにしてきました。
気を抜かず、もっとしっかりと心を据えて
誠実に人と関わるようにしてみます。
後日、近況を報告させていただきます。

大分デリケートな部分に対しても、アドバイスをさせて頂きました。
私は、この感想を頂戴した時に、依頼者のこの方はご自分でも感じていらしたのだと思いました。
人は皆、本当は知っているのです。
しかしながら、誰もが皆そうなように、認めたくない自分がいます。
きっと、後押しが必要だったに違いありません。
100%何かの責任だとしても、自分にも非があったのではないだろうか…、と受け止めてみると、むしろ気持ちが楽になる事も多々あります。
何より、そうの方が自分の成長に繋がるに違いありません。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 鑑定

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ