プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

総合鑑定(病気)

おはようございます。

お返事どうもありがとうございました!
質問は別途申し込みでしたのに、
知らずに疑問ばかり送ってしまいましてすみませんでした。
回答していただき、どうもありがとうございます。
お気持ちに感謝致します。

おかげさまで、だいぶ見えてきたものがあります。
私はもうずっと「怒り」の感情を表現してこなかったのですね。
良い子すぎた・・・本当にその通りだと思います。
恐いから良い子となり、その度に抑圧されてきた「怒り」が内にこもって
不安という症状で出ていたんですね。

怒りを表現するのは未だに苦手です。
結婚してから夫にだけは「怒り」も含めて心を許せるようになり、
やっと本来の自分になってきたような気がするのですが、
実家の家族に対しては遠慮ばかりです。
特に母にはいくら怒りをぶつけても、全く届かなかったので疲れるだけでした。
今後は誰に対しても怒りの自分も表現していこうと思います。

>頭で考えるのではなく、その頃のあなたの「」を感じて取って下さい。
これならできそうな気が致します。
」って難しいですが、最近少しはこれかな?と感じ取ることが分かったように感じます。

この数日色々なことが分かり、まだ気持ちが混乱し、疲れた感もありますが
気分はとても良いです。
喜怒哀楽、全てが行ったりきたり、激しかったです。

でもパニック障害の正体が、そういうことに起因していたとは思いもよりませんでした。
私は何も悪いことをしていないのに、長い間大変な思いをしてきて、自分が非常に可哀想になってしまいます。
今おもいっきり悔しいですので、その分をバネにこれからは絶対に幸せな光の中を歩いていこうと思います。
自分を幸せの方向に引っ張っていきます!

>一見、不幸な現状でも、視点を変えてみると感謝に変わる事も多々ございます。
これは難しいなと思っていたのですが、今少し分かりました!
こんな苦しみがあったからこそ、これからの幸せに対しての決意が出てきたことも
いつの日か感謝に変わるかもしれませんよね!?

何だか色々なものがとけていきそうです・・・
パニックの方も治まっていく気がします。
というか自分で治します!
でなければ、私がかわいそうですから。

マッサージの件もアドバイスありがとうございました。
アカリさんに言われて、「そうだよね」って少しほっとする自分がおりました。
急がず、まずは自分をもっと元気いっぱいにしてから取り掛かってみようと思います。
学ぶことは、ご指摘のとおり精神的にとてもよいです。
楽しいし、夢や希望も湧いてきます。
元々人と接することが嫌いではないので、これからは益々人の中に入っていける感じがします。

この度は本当にありがとうございました。
ブログの方もとても勉強になっておりますので、今後も楽しみにしてます。
福島(でしたよね!?)に行くことがあったら、寄らせていただけたら嬉しいです^^
(私、祖父母が福島で生まれは福島なのです)
また、何かの時にはご報告も兼ねて扉をたたかせてください。

たくさんの鑑定の中、お忙しいかと思いますが
どうぞお元気でご活躍されてくださいね。

どうもありがとうございました!!


●● ●●●

感情というのは、相手にご自身の想いを伝達する手段の一つですが、その他にも大切な意味があります。それは、ご自身のスピリチュアル=「」の叫びを知るということです。
私達は、思考・・身体によって創られています。
この三つが同じ方向性を持たない時に、自己の不協和音のように、不安や苦悩が起こります。

怒り・悲しみ・虚しさ等の感情を、思考が押さえつけてしまうと、
感情はスピリチュアル=「」の底に、消化不良のように残ってしまいます。
それを繰り返していくと、どんどん地層のように積み重なり、スピリチュアル=「」はコントロール機能を失い、閉じ込められた感情が幻想のように飛び出してきます。
私はこれが不安障害パニック障害の原因の一つと、考えています。

タグ : スピリチュアル 不安障害 パニック障害

私のこと

私は基本的に、苦労話をすることが嫌いです。
よく、事業の成功者の方々の成功談には、「俺も最初からこうなれた訳じゃないんだ、あの頃は…」と
いった苦労話が飛び出しますが、好きではありません。
多分、私がその類の話を始めたとしたならば、何処から話そうかと人生を振り返った時から、胸が詰まり、涙が溢れ、言葉を選ぶ事が出来なくなってしまうでしょう…。

昨日のブログに、私の幼少時の記憶の一コマを掲載致しましたが、誤字がないかどうかを確認していた際に、自分の顕在意識とは裏腹に、何十年の月日を越えてスピリチュアル=「」が涙を流していました。
しかし敢えて掲載したのには訳があります。
私は霊視鑑定という或る意味に於いて特殊な能力で、ご依頼者の方々の苦悩の解決策を導いておりますが、ご依頼者の中には、私は自分の能力をもって苦悩の経験がないのではないだろうか…、と間違ったお考えの方も多くいらっしゃるようです。
又、恵まれた環境の中で育ち、物質的・精神的な問題を抱えていないと、大きな誤解をされているのも事実です。

…だから自分の苦悩を掲載するのではなく、どんな苦悩も見方を変える事や意識を変える事で、
大切な気付きがある事を、同じ苦悩を抱えた…、いえ抱えている立場であることを知って頂きたいと思ったからなのです。
そして何よりも、問題には必ず原因が存在し、原因が明確になる事で解決はされる事を、私自身の人生を含め知って頂きたかったのです。

時折、ご依頼者の方の霊視鑑定を進めながら、ふと顕在意識が「私よりも恵まれているのになぁ…」と呟きます。
自分の苦悩や環境を、他の誰かと比較する事は愚かです。
けれど、「自分は他の人よりも、不幸なのだろうか…」、そんな風に客観的にご自身を見つめられてみるのも大切なのではないでしょうか…。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : スピリチュアル 霊視鑑定 苦悩 顕在意識

総合鑑定(家庭)

上杉安可吏様、おはようございます。
お礼のメールが大変遅くなり申し訳ございませんでした。

夫の鑑定結果ですが、正直、心にグサッとくるものがあり、
数日間、脱力状態でした。
あまり読み返したくないなーと・・・でも読み返しました。

こんな人だったの?!と
何となく気づいてたけど、やはりショックでした。
精神面が子どものせいでしょうか又は親の教育に問題があったのか、
平気で嘘を付いたり、全ての行為が度を越してます。
バランス感覚が全くありません。

確かに、私は夫の性格を十分把握してなく、御洒落を等閑にしてました。
自分の価値観や基準で相手を判断し、このような人なのだと
都合の良いように思い込んでました。

安可吏さんの仰るとおり、この先のことは考えず、
「陽」の波動を出すことに励みます。
やはり疲れてしまったので、できればあれこれもう考えたくありません。
本来の自分を取り戻すまで、お洒落を楽しみながら、生活を送ります。

ここ半年間、ストレスで入院したり、不眠になったりで、
自分はどうなってしまうのか毎日不安でした。
どうしたら、いつになったらこの暗闇の中から出れるのかなーって
ずっと考えてました。
自分なりに解決する努力をしていましたが、この地を這うような
(負のエネルギーですかね?)感じはなかなか消えませんでした。
でも、安可吏さんと出会い、多くのことに気づかされ、
やっと抜け出せたみたいです。
今は前向きに生きると決めたので、漠然とした不安や恐怖が無くなりました。

ほんとに感謝の気持ちで一杯です。有難うございました。
安可吏さんから頂いた「陽」の波動を持った美しい言葉の数々、助言を
大切にして生きていこうと思います。

--
●●●●

霊視をした際に、鑑定依頼の内容とは違う様々な事柄に関しても視えてきます。
知らなくて良い事、知らなければならない事を、あくまでも私の判断で選択をしていますが、
ご依頼者の方の今後の人生にとって、精神的・物質的共にプラスになるように、視える事柄からアドバイスをさせて頂きます。
苦しみの渦中にいると、一日も早く結論を出して、すっきりしたい衝動に駆られる事があります。
結論を出すのはご依頼者自身ですが、その結論を衝動的に出す事は、決してご本人のプラスにはなりません。
又、大切な事の結論は、不思議な事に、「出すのではなく、自ずと出るものです」。
その為にも、相手を見る時間ではなく、ご自身のスピリチュアル=「」を本来の形に戻す時間が必要な事もあります。
ご自身の人生に視線を合わせられるようになると、周りの理不尽さに振り回されなくなっていきます。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 波動 スピリチュアル 鑑定

記憶

ご自分の一番小さい時の記憶は何でしょうか…。
お母さんのお腹の中にいた頃の、記憶を持っている方もいらっしゃると聞きますが、私は母の証言からすると、二歳にまだならない頃だそうです。

真っ暗な砂利道を、母の手に引かれて歩き続けている光景の記憶が、一番古い記憶です。
母は一歳年下の妹をおんぶし、長い綿入れ半纏を着ていました。
砂利に足をとられ縺れる私に、「もう少しだから…」と、か細い声で母が言ったのを、はっきりと覚えています。
真冬の夜に、何故歩き続けていたのか、その時の私は分かりません。
けれど、「もう歩きたくない」とすら言えない、重く悲しい気持ちを、今でも呼び起こすことが出来ます。

自分の一番小さな時の記憶が、悲しいものだという事実が、その後の私の人生にどう関わっているのか、明確ではありません。
しかし、その記憶が喜ばしいものであったならば、現在の私にはなれなかっただろうと感じるのです。

私がまだ無力だった頃の鮮明な記憶は、どれもが貧しく悲しい、そして切ないものばかりです。
私自身の使命が、そこから始まっていたと気付いたのは最近の事です。
その貧しく悲しい、そして切ない出来事を経験したからこそ、ご依頼者の方々の苦悩を感じる事が出来るのだと思います。
どんな出来事にも意味があり、その意味を感じ取れた人は、幸福なのだと思います。

その寒い冬の夜、母は自分の実家にお金を借りに行った帰りだったそうです。
現在車でも20分程掛る道のりを、まだ二歳にならない私の手を引き、頭を下げてお金を借りてきた母の気持ちを思うと、私の一番小さな時の記憶の母が、いつしか私自身にすり替わっています。
だから、あの時の私は、今の私を悲しませない…。

もし、私と同じような悲しい記憶に、今でも「」を傷つけていらっしゃる方がいるのなら、
どうぞその時のお母様の、お気持ちになられてみて下さい。
過去のあなたが、今のあなたを優しくしてくれるはずです。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El




タグ :

総合鑑定(家族・病気)

先日鑑定をお願いした●● ●です。

30分のお時間なのに、あれこれ質問をして長くなってしまったのに、最後まで何度も私が理解できるように話をしてくれたことに感謝しています。
安可吏さんが話してくれたことを、心で感じたからなのかどうか、あれから自分がとても清々しく、いつもと何にも変わらない家族の光景でさえ違って見えます。
鑑定をお願いする前にもブログをほとんど読んでいましたが、安可吏さんが言っていたように、霊視鑑定の結果を報告するだけでは、視えっぱなし…、になる、という意味を実感しました。

あれから一週間くらい経ちますが、安可吏さんの優しい言い方や暖かい響きが、時々思い出されます。一度しか話したことがないのに、その思いでが私の救いになっています。
本当にありがとうございました。
私の気持ちが変わったからなのか、家族の雰囲気も少しですが変わりつつあります。
100%相手が悪くても、自分に振り返って、自分があの時違う言い方をしていたら、笑顔を見せてみたらと考えてみることが大切だという言葉は、時間が立つごとに実感しています。
相手が悪い、って思うのも自分自身ですものね。

安可吏さんとの出会いは、私の人生を変えてくれたと思っています。
これからも沢山の人の救いになってください。

私の存在も、霊視鑑定も、ご自身の人生を明るくする為の切っ掛けに過ぎません。
あなたを変えたのは、あなた自身です。
あなたの素直なスピリチュアル=「」が、ご家族もご自身の人生ももっと輝かせるでしょう。

タグ : スピリチュアル 鑑定 霊視鑑定

使命

人生は、いつ、どんな時に、どんな人と出会い、その時スピリチュアル=「」が何を感じたのかで、
大きく変わっていきます。
ご自身のこれまでを振り返って、「あの時、あの人に出会わなければ…」「あの時、あの人に出会ったから今が…」といったように、人生の転機を経験なさった方も多いかと思います。

そういった出会いは偶然には起こりません。
そう申し上げると、じゃ前世での関わり…、と結びつけたくなられるかも知れませんが、そうストレートなものでもありません。
私達は現世に於いて、それぞれの使命を持って生まれてきます。
その使命とは、前世に於いて成就しなかった事に対するチャレンジや、罪の償いや、気付きや…、
千差万別です。
使命と言えば、とても重圧感を感じるかも知れませんが、一概にそうではなく、日常生活の中に起こる様々な出来事の中に潜んでいるのが殆どです。

神(自分が認識していない自分)は悪戯好きで、前世に於いて悪事に手を染めた人に、現世でも悪の誘いを唆したりします。
その悪の誘いを唆す人との出会いは、自分のスピリチュアル=「」が引き寄せているのです。
何故ならば、この現世に於いて悪事に手を染める自分を克服する為に…。

私達の肉体・精神=「」は、前世の記憶を、全細胞に記憶しているに違いありません。
興味が沸く…、というのは、その細胞が反応してる最たる証拠なのでしょう…。

最近、有名芸能人のドラッグのニュースが頻発していますが、
世論の調査で、「あんな男と結婚したから…」という意見も多くあったようですが、
スピリチュアル的に考えると、彼女自身が彼を引き寄せたに違いありません。
記者会見での彼女のコメントが真実なのです。
「私の弱さが…」、そう誘惑に対して、現世での使命よりも、前世を記憶している細胞が優先されてしまった…。それこそが、私の弱さ…、なのです。

スピリチュアル=「」が悪事に対して反応をみせた事を感じたら、それは現世での使命なのだと思われて下さい。
前世でのご自分と闘われ、この現世でのご自分の使命を果たしましょう…。
来世での自分は、そこにあります。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : スピリチュアル 前世 現世 来世

総合鑑定(病気)

おはようございます。

お返事どうもありがとうございました!
質問は別途申し込みでしたのに、
知らずに疑問ばかり送ってしまいましてすみませんでした。
回答していただき、どうもありがとうございます。
お気持ちに感謝致します。

おかげさまで、だいぶ見えてきたものがあります。
私はもうずっと「怒り」の感情を表現してこなかったのですね。
良い子すぎた・・・本当にその通りだと思います。
恐いから良い子となり、その度に抑圧されてきた「怒り」が内にこもって
不安という症状で出ていたんですね。

怒りを表現するのは未だに苦手です。
結婚してから夫にだけは「怒り」も含めて心を許せるようになり、
やっと本来の自分になってきたような気がするのですが、
実家の家族に対しては遠慮ばかりです。
特に母にはいくら怒りをぶつけても、全く届かなかったので疲れるだけでした。
今後は誰に対しても怒りの自分も表現していこうと思います。

頭で考えるのではなく、その頃のあなたの「」を感じて取って下さい。
これならできそうな気が致します。
」って難しいですが、最近少しはこれかな?と感じ取ることが分かったように感じます。

この数日色々なことが分かり、まだ気持ちが混乱し、疲れた感もありますが
気分はとても良いです。
喜怒哀楽、全てが行ったりきたり、激しかったです。

でもパニック障害の正体が、そういうことに起因していたとは思いもよりませんでした。
私は何も悪いことをしていないのに、長い間大変な思いをしてきて、自分が非常に可哀想になってしまいます。
今おもいっきり悔しいですので、その分をバネにこれからは絶対に幸せな光の中を歩いていこうと思います。
自分を幸せの方向に引っ張っていきます!

一見、不幸な現状でも、視点を変えてみると感謝に変わる事も多々ございます。
これは難しいなと思っていたのですが、今少し分かりました!
こんな苦しみがあったからこそ、これからの幸せに対しての決意が出てきたことも
いつの日か感謝に変わるかもしれませんよね!?

何だか色々なものがとけていきそうです・・・
パニックの方も治まっていく気がします。
というか自分で治します!
でなければ、私がかわいそうですから。

マッサージの件もアドバイスありがとうございました。
アカリさんに言われて、「そうだよね」って少しほっとする自分がおりました。
急がず、まずは自分をもっと元気いっぱいにしてから取り掛かってみようと思います。
学ぶことは、ご指摘のとおり精神的にとてもよいです。
楽しいし、夢や希望も湧いてきます。
元々人と接することが嫌いではないので、これからは益々人の中に入っていける感じがします。

この度は本当にありがとうございました。
ブログの方もとても勉強になっておりますので、今後も楽しみにしてます。
福島(でしたよね!?)に行くことがあったら、寄らせていただけたら嬉しいです^^
(私、祖父母が福島で生まれは福島なのです)
また、何かの時にはご報告も兼ねて扉をたたかせてください。

たくさんの鑑定の中、お忙しいかと思いますが
どうぞお元気でご活躍されてくださいね。

どうもありがとうございました!!


/●● ●●●


不安障害パニック障害等、精神の不安定がご病気となって現象化していらっしゃる方は、
本当に沢山いらっしゃいます。
原因は様々ですが、多くはご幼少の頃の、無防備で弱い存在の時期に受けた精神的なショックが関与している事があります。

スピリチュアル=「」が感じる事は年齢に左右されません。
子供だから、まだ大丈夫だろう等と、配慮のない言動・行動は、成長後に思ってもみない現象を引き出す事に成り兼ねません。
幼少の頃には、感情が沸き起こっても、その感情の訳を理解する能力が備わっていません。
感情は整理されないまま、スピリチュアル=「」に深く刻まれてしまいます。

思考は現実に起こった事を拒否しようと働きますが、スピリチュアル=「」には深く楔が刺さったまま、という矛盾が一人の人間の中で起こります。
ナイーブな方ほど、こういった事が多く起こります。

幼い頃に否応無しに圧し掛かってきた現実に対する感情を、もう一度引き出す事から、
その頃の自分の感情を認め、「本当は辛かったね…」と、過去のご自身を抱きしめてあげる事が、
不安障害の克服に繋がるに違いありません。

次第に、不安障害の現象は影を潜めていくことでしょう…。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : パニック障害 スピリチュアル 不安障害

想い

今から13年前、私は両親を扶養しながら、まだ残っていた実家の住宅ローンと実家の借金を背負う事になりました。
普通の会社員では到底返済しきれない金額に、自分で商売をしなければならない状況にあった訳です。借金を返済しながら両親を扶養する為に、また借金をして、その時私が抱えた借金の総額は、
三千五百万円を下りませんでした。
今考えると、背筋が寒くなりますが、当時返済の不安を考える余裕もなく、「とにかく稼がなければならない…」という現実に立ち向かうしかなかったのです。

水商売は字の如く水物で、その日その日、店を開けてみなければ分からない…。
今日忙しく、ホッとするのも束の間、明日がやって来ます。
時計を眺めながら、ドアが開かない気配に脅え、焦り…、毎日が崖っぷちなのです。

社会状況は目に見えるが如く悪化していき、一週間を置かずにやって来る様々な支払いに、どんなに眠れない夜を過ごした事か分かりません。
そんな事が続き精神的に追い詰められると、「何で私だけがこんな思いをしなければならないの…」、
「何でなの…」と、両親を恨む事も度々でした。

スタッフが帰った後に、一人店の中で、何度泣いたか知れません。
「両親の為に、こんなに頑張っている私に、神様はいつの日かきっと、沢山のものを与えてくれるんでしょ…。でも、その中の一つでいいから、今与えて頂戴…」、そんな事を叫びながら雁字搦めになっている自分を感じていました。

或る時、いつもの様に店に残り、静まり返った店内をゆっくりと見渡しながら、気が付いたのです。
この店に在るもの総て、ゴミ一つも、私自身が作り上げたものなのだと…。
離婚をして自分の足で社会に立つ、と決めた事が現実になっている。
今こんなに苦しいのは、借金を背負わされたからではなく、自分自身にそれだけの力が足りないからなのだと…。

その時から、私は背負わされるのではなく、「自ら背負う」と誓ったのです。
不思議なものです。現状は何にも変わりはなく、明日の支払いも同じ様にやって来るのに、
「自ら背負う」と覚悟を決めた私には、苦しさよりも「絶対やってやる」、というエネルギーの方が強くなったのです。
苦しいのは当たり前、それだけの事をやると決めたのだから…。

どんなに状況が悪かろうが、どれだけの人達が「もうダメだよ…」と言っても、
私がダメだと思わない限り、ダメなんかにならない、しない…。

総ての事は、人の想いから生まれる…。
その時から、私は両親に「あぁ、自分達は幸せだった」と思って貰いたい…、それが想いになった。

そして現在は、一日も早く…、という言葉が付いた。
どんな苦しみも、見方一つで形を変えます。
もしかしたら、あなたが背負っている苦しみも、今日から想いに変わるかも知れません。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El







タグ : 借金 エネルギー

本当に解決出来ないことですか…

私は、常に不自由の中にしか、自由はない…、苦労の中にしか幸福はない…、と言っています。

目の前に精神を脅かす問題がぶら下がっている時には、寝ても覚めても、その問題に翻弄されて、
著しい圧迫を感じるに違いありません。
もしかしたら、絶望感に苛まれて、「死んだら楽になれる…」と、生きてることすら嫌になるかも知れません。

でも、目一杯息を吐いて、肩の力を落として考えてみて下さい。
前世に於いて、ご自身が亡くなった時の事を記憶していない私達は、死後の世界がこの現世よりも幸福だと言い切れるでしょうか…。
まして、与えられた人生を全うせずにして、死後の世界が幸福に包まれる事は決してありません。

問題は必ず解決します。
長い間、問題が解決出来ずに、暗闇に閉じこもっていらっしゃるのなら、それは解決出来る道を、
あなたご自身が選択なさっていらっしゃらないのかも知れません。
ご自身の中にある窮屈なりや、虚栄心、世間体…、等によってご自身の選択を狭めていらっしゃることはないでしょうか…。

意地は張るもの、イコジはなるもの…。
人生の中で、苦境を越える為に意地を張り通す必要がある場面はあるに違いありません。
しかし、イコジになって越えられるものなどありはしません。

今現在、闇の中で膝を抱えて震えていらっしゃるなら、思考でご自身を雁字搦めになさらずに、
問題を解決出来るとしたら、何があるだろう…。
その為に必要な事は何だろう…、と心のゲートを少しずつ開いていってみて下さい。
必ず一筋の光を見ることができるでしょう…。

問題を抱える事は不幸ではありません。
その問題をどう捉えるかという、ご自身のスピリチュアル=「」が不幸と感じているだけなのです。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 精神 り虚栄心 世間体 スピリチュアル

総合鑑定(家庭)

上杉安可吏様、おはようございます。
お礼のメールが大変遅くなり申し訳ございませんでした。

夫の鑑定結果ですが、正直、心にグサッとくるものがあり、
数日間、脱力状態でした。
あまり読み返したくないなーと・・・でも読み返しました。

こんな人だったの?!と
何となく気づいてたけど、やはりショックでした。
精神面が子どものせいでしょうか又は親の教育に問題があったのか、
平気で嘘を付いたり、全ての行為が度を越してます。
バランス感覚が全くありません。

確かに、私は夫の性格を十分把握してなく、御洒落を等閑にしてました。
自分の価値観や基準で相手を判断し、このような人なのだと
都合の良いように思い込んでました。

安可吏さんの仰るとおり、この先のことは考えず、
」の波動を出すことに励みます。
やはり疲れてしまったので、できればあれこれもう考えたくありません。
本来の自分を取り戻すまで、お洒落を楽しみながら、生活を送ります。

ここ半年間、ストレスで入院したり、不眠になったりで、
自分はどうなってしまうのか毎日不安でした。
どうしたら、いつになったらこの暗闇の中から出れるのかなーって
ずっと考えてました。
自分なりに解決する努力をしていましたが、この地を這うような
(負のエネルギーですかね?)感じはなかなか消えませんでした。
でも、安可吏さんと出会い、多くのことに気づかされ、
やっと抜け出せたみたいです。
今は前向きに生きると決めたので、漠然とした不安恐怖が無くなりました。

ほんとに感謝の気持ちで一杯です。有難うございました。
安可吏さんから頂いた「」の波動を持った美しい言葉の数々、助言を
大切にして生きていこうと思います。

--
●● ●●●

相手を変える事は自分を変えるよりも難しい…。
ご感想のメールの文字からも、現在の現象は過去の自分が創り出したものである事に、少しずつお気付きになられ始めたようです。
不安恐怖はご自身が常に受動態で考えた時に、頻繁に襲って来るものです
意味のないプライドや我心が認めることを難しくします。
しかし、それよりも救われたい想いと、本来の美しい「魂」が、ご自身を素直なお気持ちにさせ、
抜本的な救いは、ご自身を見つめることだと知ったのだと思います。
もう、あなたは大丈夫…。

タグ : 鑑定結果 波動 不安 恐怖

繰り返し

「継続は力なり」、という言葉がありますが、言うは易し、行うは難し…、です。

霊視鑑定をされた方が、「陽」の波動の大切さに気付かれ、その気付きがスピリチュアル=「」に響き、表情や言葉が変化していかれます。
鑑定の感想を頂いた中にも、その事に関しての様々な発見や、ご自身の心境の変化を、生き生きと書かれてあり、嬉しく思っております。

しかし、月日が経つに連れて、日常の色々な問題や季節の変化、気付きに対しての慣れによって、
いつの間にか、又思考に偏った生活に逆戻りされ、再度鑑定を…、というのも珍しくありません。

こういった場合には、ご本人も自覚していらっしゃっていて、霊視鑑定というよりも、
スピリチュアル=「」を成長させる為の、セミナーのようになってしまいます。(^.^)

「陽」の波動が「陰」の波動に変化をしていく際には、一気に変わる訳ではありません。
しかし、その過程で自覚するのが難しく、鏡に映った姿を改めて覗いて「誰…」って事になるのが殆どのようです。
仮にそういった状態に又しても陥ったとしても、落胆をされる事はありません。
子供のオムツが取れるように、何度も繰り返し、その感覚を身に付けていくのです。

最近、「ありがとう」って言われてないな…、と思ったら、ご自分の波動を感じてみて下さい。
最も感じやすいのが「色」です。
自分の波動スピリチュアル=「」の色を感じてみる…。
濁っていたり、所々色が抜けているように感じたりしたら、スピリチュアル=「」のリフレッシュをするのも効果的ですよ。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : スピリチュアル 波動 霊視鑑定

総合鑑定(仕事)

上杉 安可吏様



この度は早々に霊視鑑定結果をお送りいただきまして、ありがとうございました。



内容をじっくり読ませていただきました。

全体的に厳しい内容だと思いましたが、あくまでも冷静に読み進めた感想と

しましては、現段階で納得できた部分と、そうでない部分とがあったという

ところです。恐らく、納得できない部分というのは自分の成長度がまだ

そこまで達してないからなのだと思います。その部分に納得し、今後の人生に

生かしていくことが課題なのかも知れません。



しかし、それらを差し引いても全く(少なくとも顕在意識では)当てはまらない

ところがいくつもありましたので、困りました。



「一攫千金を夢見る事」など思ってもいないことです。もちろん、人間ですから

経済が苦しいよりは、余裕があったほうが良いに決まっています。でも、金に

関しては左程多くを求めておりません。それよりも、仕事において自分の活躍

出来るフィールドや人間関係の充実さを求めております。



成功、というのは自分の中ではビッグに成り上がることではなく、経済的に

多少余裕があって、心豊かに日々を充実して過ごせることだと思っております。



独りよがりになることも、特に日常では気をつけているところです。家族や

友人など、周囲の助けがあってこその自分だということを忘れずに、感謝して

生きたいと思っていますので。



地道にコツコツと、という姿勢は素晴らしいと思っていますし、これまでの

人生では、問題が起こる度にそのように乗り越えてきたところも多かったです。



楽をして儲けるという思考が染みついている、という鑑定には正直戸惑いを

覚えました。人間ですから、時にはそういう態度で仕事に向き合ったことが

あったかも知れませんが、そのような怠けた態度が染みついているなどという

ことは考えられません。しかし、それが潜在意識から来ている問題だと言われて

しまえば何も言い返せませんが。仮に、潜在意識から染みついている思考

だとするなら、そこには救いは無いのですか?



しかし、人見知りをする不器用な人間という自覚は十分にありますので、



「まっさらな自分を曝け出して生きられては如何でしょうか…。」



の箇所には大変共鳴致しました。そうであって欲しいので、それはこれから

努力していきたいと思います。



背後にお見えになったと言う丸顔のお婆さんについて。

しいて言えば父方の祖母かも知れませんが、殆ど交流がなかったので

「一緒に連れて行かれたか?」という心当たりは無いですね。



それよりも実際には母方の祖父との縁を強く感じていますし、現にこれまで

何度も夢に出てきては、その都度印象的な場面を見せてくれました。

父方の祖母が夢に出たり、近くに存在を感じたことは一度もありません。



女性に対して利用価値の有無の判断基準が張り付いている、というのも、

百歩譲ってもあり得ません。老若男女関係なく、人格的に大変素晴らしく

尊敬すべき人を何人も知っていますし、交流もあります。逆に、最善を

尽くしても分かり合えなかったり、軽蔑に値する人にも何人も出会って

きました。しかしそれは、人間として生きていたら誰にでも起こりうる

ことなのではないですか?



正直、この度の霊視は自分には合わないものだったというのが率直な

感想です。厳しい内容でも当てはまるところが多かったり、結果として

救いがあれば良かったのですが、今まで自分なりに真面目に、そして

懸命に生きてきたことを否定されているような気分になりました。



しかし、それをも結果として厳粛に受け入れることに致します。何しろ

貴重な霊能力を駆使して私という人間を深く掘り下げて視ていただい

たのですから、きっと間違いでは無いのでしょう。



以上です。この度はありがとうございました。

●●●

霊視鑑定をご依頼される方の中には、ご自分の答えを用意している方がいらっしゃいます。

霊視鑑定の結果をお伝えする際には、ご依頼者のお気持ちを十分に考慮しながらも、鑑定に忠実である事を忘れないように心掛けて折ります。
誰しもが心の中に、怒りや喜びの琴線を持っています。
十分に配慮した言葉でお伝えしたつもりでしたが、この方の琴線に触れてしまったのだと思います。
鑑定の内容は、お仕事に取り組んでいても中々経済的に豊かにならない…、といった趣旨でした。
このご感想を読ませて頂いて、経済的に豊かになりたいと思っていらっしゃるという事との矛盾を感じました。一攫千金を夢見る事は、「悪」ではありません。
むしろ、一攫千金を目指した方が結果的に上手くいく方もいらっしゃいます。
ただ、この方には相応しくないと申し上げました。
私だけではなく、誰しもが言葉や文章から、その方の感情の波動を感じる事が出来ます。
ご依頼者の一部の人間性を指摘したはずですが、ご自身を全否定された気分になられるのは、
当のご自身のスピリチュアル=「魂」がそれを認めた事です。
その事実にお気付きになられる事を、切に望みます。
嬉しい事だけを言われたいのであれば、霊視鑑定をすべきではありません。

追記で返信を致しました事に、お返事を頂戴しましたので、それも掲載させて頂きました。

上杉 安可吏様



あのような返信にも関わらず、再度メールをいただきまして

恐縮です。



お怒りの様子、と書かれていましたが、本人はそんな自覚は

ありません。むしろ淡々としています。



私には魂の声に耳を貸さず、楽な方向へ流され、ギラギラとした

野望を抱き、女性を利用の有無で判断するという部分があるのだ

ということを教えていただきありがとうございました。いかに今までの

自分がダメ人間だったかがよく分かりました。事実なのでしょうから

受け入れて改善していきたいと思います。



●●●


負けず嫌いは、事と場所を選ばないと、ご自身の評価が下がるだけではなく、
大切なスピリチュアル=「魂」を汚す事です。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El




タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル 波動

救いの道

環境の変化は、スピリチュアル=「」の成長のとても良い切っ掛けになる事が多くあります。
例えば、この社会状況の煽りを受けた「失業」・「失恋」・「裏切り」・「病気」・「離婚」・「死別」等がそうです。
お気付きになられたと思いますが、どれもが心に痛手を負った時なのです。
私達は本来身勝手で、「何か楽しいことないかなぁ…」なんて口にしている時には、言葉の裏側では、現状に対して満足をしていて時間を持て余し、単に「刺激」を求めている時です。

スピリチュアル=「」の成長も、人間性の向上も、実は自分自身が不満足な状態からしか生まれないようです。
つまり、「救われたい…」心の叫びが、スピリチュアル=「」の成長を求めるのです。

ご経験がおありになられると思いますが、傷心の渦中にいて、書店で目に付く文字は、
「救い」・「愛」・「「」・「心」・「幸福」・「光」・「希望」・「夢」等ではないでしょうか…。

実は私にも鮮やかに記憶に残っている場面があります。
離婚直後、有楽町阪急デパートのバック売り場のマネキンとして働いていた時、
平日の休みに書店に行き、何か本を読もうと書籍の帯を見て回った時の事です。
目的があった訳ではなかったものの、手に取ってはパラパラと内容を閲覧したのは、全てマーフィーのゴールデンルールでした。
主婦と子育てをしていた私には、マーフィーの言葉さえ知る事はなく、「想いは叶う」の言葉に釘付けになったものです。
離婚を決意した際に、自分の望む人生を生きようと…、自分の二本の足で社会に立つ…、と本気で思った私には、そのマーフィーとの出会いは必然だったに違いありません。

それを機会に、様々な自己啓発の書籍を貪るように読みあさりました。
そして、知ったのです。
現在の自分は過去の自分が創り出したものであった事を…。

もし、離婚の現実を相手や自分以外のもののせいにして生きていたなら、現在の自分は無かったでしょう…。
このブログを読んで下さっている方、霊視鑑定のご依頼をされて下さる方は、思考の中で特定の誰かを恨み・憎むお気持ちを持っていながらも、その実、ご自身のスピリチュアル=「」は、原因は自分自身にある事を知り、認めたいに違いありません。
それが、唯一ご自身が救われる道だと、スピリチュアル=「」は知っているのです。

私のところに、霊視鑑定依頼を直接されてこられる方に、現在「病」の方はいらっしゃいません。
何故ならば、「」はご自身を認めたくない思考が、スピリチュアル=「魂」に逆らう結果だからです。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : スピリチュアル 霊視鑑定 失業 失恋 裏切り 病気 離婚 死別

総合鑑定(家庭・子供)

上杉 安可吏様

丁寧に鑑定をして頂いてありがとうございました。
安可吏様のブログを読んで、自分がとても恥ずかしくなり、お礼が遅くなりました。
子供の登校拒否に、毎日今日こそは、今日こそは、、と焦りがあり、どうしたら良いか、毎日が地獄の日々で、主人はその場限りの返事ばかり、それだけでなく、他に女性との付き合いもあり、気が変になっていました。

少しでも解決の道が開ければ、、、と霊視鑑定をお願いした次第でした。
自分は何も悪くないのに、何で私がと、安可吏さんからのメールを見ながら鑑定なんて頼まなければ良かった、、、とも思い、暫くそのまま折りましたが、日が経つに連れて、 安可吏さんから言われた言葉が甦ってきて、何度も何度も読み返してみました。
そしてやっと気が付きました。安可吏さんが指摘してくれたのが真実でした。
私は自分が楽になる事ばかりを考えていて、息子の気持ちも、主人の気持ちも考えようとしていませんでした。そう気が付くと、色々な場面が甦ってきて、私にもっと配慮があったなら、ここまで悪化することはなかったと、今は正直に思います。
考えてみれば、息子の登校拒否は主人の帰りがいつも遅く、香水の匂いやカードの支払に疑問を感じ始め、そのイライラや腹立たしさで、息子にあたっていたところもあり、息子の状態を主人のせいにして、主人を責め、、、。
>あなたの感情が悪循環を招いている可能性が高いと思われます。その通りだった事を深く反省しています。
何だか自分がとてもみじめで、自分の存在が嫌になって、気力を失っていました。
そんな時に、また安可吏さんからの鑑定結果をじっくり読み返しました。
>過ぎてしまった過ちに囚われて、次の過ちを引き起こしてはいけません。
>愚かな事は、過ちを起こすことではなく、気付きをそのまま放置する事です。
安可吏さんは、そこまでも視えていたのですね。
その言葉に、ありがたくて、、、。救われて、もう一度家庭を作り直そうと思いました。
一度の霊視鑑定で頂いたメールの中の多くの言葉に、何度も気付かされ、救われました。
本当にありがとうございました。

●●● ●●●

いつも申し上げていますが、ご自分がご自分の過ちを認める事は、とても難しいものです。
でも…、だって…、と自分自身にさえ言い訳をしたがるります。
けれど、自分以外のものに責任を押し付けても、何にも解決しない事に気付く事が大切なのです。
完全な人間などいないのです。過ちを犯して当たり前…、そこから何を学ぶのかが、
スピリチュアル=「魂」の成長であり、生き抜くことと思います。
気付きを得たならば、問題は解決したも同然です。気付きを、そのまま放置し眠らせないで、行動や言動に活かして下さい。
必ず、少しずつ変化が訪れるはずです。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : スピリチュアル 霊視鑑定 登校拒否 鑑定

幸せはあなたの中に

幸せはやって来ない、自分が掴むものだという事を誰もが知っているはずです。
知っているけれど…、どうすればそれが掴めるのかが分からない…。

霊視鑑定のご依頼者の方々には、とても多くいらっしゃいます。
幸せって何かを考えた時に、直ぐにその答えを出される方がどれだけいるでしょう…。
暫くの間、空を見つめて口にするのは、「情のある人間関係かな…」「経済的にゆとりがあること…」「家族みんなが健康であること…」と、殆どが、金銭健康、この三つに大別できるようですが、
この三つが備わっていれば、人は自分を幸福だと思えるのでしょうか…。
又、この三つが備わっていなければ、幸福とは感じられないのでしょうか…。


もうお気付きですね、そんな事はない…、と。
金銭健康…、これらは単なる現象であって、ご自身の幸不幸を決定するものではありません。

幸不幸は、あなた自身の感覚以外の何物でもありません。

主人は今、私を一人の女性として見てくれてはいなく、そのを感じられない…、けれど私がこうして気の合う友人と愚痴を言っていられるのは、やっぱり幸せなんだよね。
住宅ローンに追われて、生活の余裕がなくてお洒落も出来ない…、でも子供達はそんな事に囚われず元気いっぱいなのは、やっぱり幸せなんだよね。
どうして私がこんな病気になってしまったのだろう、私でなくても良かったでしょ…、けれど自分が病気になった事で、初めて生きるってことがどんな事なのか、家族って自分にとってどんなに大切だったのかを知ったのだから、やっぱり幸せなんだよね。

幸福は現象ではなく、ご自身の中にある事を知って下さい。
それを知ったスピリチュアル=「」は、次々と幸福を現象化していってくれるはずです。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル 金銭 健康 幸福

総合鑑定(家庭)

安可吏先生へ

お礼が大変遅くなり、失礼しました。
実は安可吏先生から霊視鑑定結果のメールが入った日の午前中に、物凄い腰と下っ腹の痛みで歩く事も困難になりました。近くの病院へ行ったのですが、産科のある病院へ行くように言われ、そのまま産婦人科に行くと、子宮筋腫で出来るだけ早い内に手術をするように言われました。
それまで特に症状もなくきたので、ショックを受けて帰宅した所、安可吏先生からの鑑定結果がきていて、読んで本当に驚きました。

最後になりますが、全身像より身体を霊視致しましたが、多分子宮筋腫ではないかと思われますが、
筋腫がかなり大きくなっていらっしゃるように感じます。
悪性ではないと思われますが、出来るだけ近い内に、一度病院へ行かれる事をお勧めします。

と、書かれているではないですか、、、。
病院で筋腫が発覚し手術を言われショックをかかえて帰って来たのに、安可吏先生の鑑定がまったくその通りのことを霊視していて、そのことの驚きでショックが薄れました。
本当にびっくりでした!
旦那のことで鑑定をお願いしたのですが、本当はこの病気を教えてもらう為だったのでは、、、と思いました。実は鑑定申込をしようとしたのは、申込みをした日よりも1週間くらい前だったのです。
その時にはどうしようか迷いやめてしまったのですが、やはり気持ちの重いまま過ごすよりも、どんなことも受け入れようと思ってお願いしました。あの時にお願いしていたら、あの激痛はなかったのでしょうね。
旦那も今回の私の病気で少し変化がありました。一時的なことかもしれませんが、一緒に病院へ行ってくれて色々と手続きをしてくれているのを見て、安可吏先生から言われたように私も配慮がなかったことに気付きました。そしたら素直にありがとうと言え、旦那は照れ臭そうでしたが「お前が病気になったら俺が困る」と言っていました。

安可吏先生、本当にありがとうございました。自分が悲劇のヒロインのように思っていましたが、私にも原因がいっぱいあったようです。そのことに気が付かせて頂きました。
心から感謝しています。

●● ●●●

私が、一日早く霊視鑑定結果を差し上げる事が出来たら、ショックが軽く済んだのではなかっただろうか…。その思いが、時間の使い方を振り返る切っ掛けになりました。
ご病気に関してはとてもデリケートな事ですし、はっきりと病名が浮かんでくる場合と、その場所に不具合を感じる場合など様々です。
霊視鑑定はパーフェクトではありません。
しかし、何らかの指針に成り得るものである事は、これまで多くの方々を霊視鑑定させて頂いて痛感しています。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視鑑定 子宮筋腫 霊視 鑑定

愛情のカタチ

食事をする時に、たまたま観たテレビで、とても心に沁み、スピリチュアル=「」が暖かくなる話があったので、是非紹介したいと思いました。

宮崎県にお住まいの吉田さんご夫婦のお話なのですが、今から二十年前に、奥様が糖尿病によって視力を失ったそうです。
目が見えなくなってしまった事で、塞ぎがちになった奥様を見ていて、ご主人も胸を痛めていらっしゃったそうですが、何とか奥様に笑顔を取り戻させてやりたいと考えついたのが、自宅の敷地に芝桜を植える事だったそうです。

とても広い敷地には、二十年間植え続けてきた芝桜が、まるでピンクの絨毯を敷き詰めたように、そては鮮やかに、そして奥ゆかしく咲き誇っていました。

けれど、視力を失った奥様には、その光景を見る事はできないのに…、どうしてと思われるでしょう。
私もそう思い、香りを楽しませるためだったのかと思いましたが、そこにはご主人の深い愛情が込められていたのです。

ご主人は、自分の広い敷地いっぱいに芝桜が咲いたら、人々がその花を見に我が家にやって来てくれるだろう…。そうすれば、視力を失って外へも出ずに塞いでいる奥様の、話し相手になって貰えるのではないだろうかと思ったそうです。

ご主人の奥様に対する愛情は、芝桜と共に見事に咲き誇り、今ではご近所の方だけではなく、
宮崎県の観光名所のひとつになっているそうです。

この話をテレビ番組に投書されたのは、他でもないその奥様でした。
今では、遠くから観光でいらっしゃる沢山の人達と出会い、お話をさせて頂いて幸せですと、コメントが寄せられていました。

痛いところを擦ったり、手を引いたりしてあげるのも愛情です。
しかし、何十年も掛けて、外から伝わってくる愛情に感銘を受けました。

スピリチュアル=「」の話をさせて頂いてきて、言葉の無力さを感じさせられた瞬間でもありました。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : スピリチュアル 愛情

総合鑑定

上杉 安可吏様

梅雨時で大変な時に鑑定していただきありがとうございました!
アドバイスいただいこと、どれも心当たりのあるものでした。
まだ悪い癖がなおってないんだなと身が引き締まる思いでした。
しっかり心に刻んで、行動にでるように精進したいと思います。
たくさんの質問にお答えいただきありがとうございました。
にもかかわらず、病気と恋人についてやはり先にもう少しお話しとけばよかったと
思った点がありましたので・・長いのですがお話させていただきます。
鑑定内容も思うことを書いてみました。別料金が発生する場合はご連絡いただけると幸いです。どうぞよろしくお願いします。
一部割愛させて頂きました。
現在の彼との関係

あなたの背後に爽やかな印象の男性を感じますが、お二人の付き合い方は四六時中べったり、といったものではなく、お互いの邪魔にならない、適度な距離感を取っていらっしゃるように感じます。
ただ、人生の大きな影響を与え合う存在にはなり得ないかも知れません。
ご友人から恋愛に発展されたのでしょうか…。
急激に引き合ったといったものを感じません。

お付き合いしている男性は●●●人と日本人のハーフです。
その方が映ったのでしょうか?東京と●●と遠距離です。
友人から恋愛です。

あなた自身から、相手の方に対する女性としての情熱的な愛情が感じられませんが、
あなたが異性に対して求める「力強さ」、ここという時の「頼りがい」のようなものを、
見い出せないのかも知れません。
外見とは少し違っていて、いざという時には、
あなたの方がずっと頼もしいのではないでしょうか…。
それと、現在のあなたの意識が恋愛よりも他の事に向けられている事が原因かもしれません。
リウマチを治すことでしょうか?
彼と別れるなら1人立ちをしなくてはと思っています。


あなたは、同時に幾つもの事を思考処理出来ない方なので、あなたの中の優先順位を乱されたりする事をとても嫌います。
急速に離れる事はないでしょうが、お互いに現在の視点が少しずつずれて行き、
二人合意の上に、歩む道を選択する事になると思います。


病気を治すためにするべきこと・病気の原因


ご病気との事ですが、全身写真から霊視致しましたが、特に深刻な不具合を感じられないのですが…。如いて言うならば、甲状腺に軽度のトラブルを感じます。
自律神経失調症、と診断された事はありませんでしょうか…。
それによっての生理不順、過呼吸の陰が視えます。
しかし、日常の生活に支障をきたす程に深刻な問題とは思えませんが…。

関節リウマチがよくなってきたので、深刻な不都合がないのかもしれません。
甲状腺は母方の祖母が甲状腺の病気でしたのでその気はあるように思います。
自律神経失調症です。

あなたは、精神とスピリチュアル=「」のバランスが取れず、肉体に影響を及ぼしているように感じます。
わたしもそう感じるのです。もうなんて、バランスの取れない子なのって思います涙。


あなたがおっしゃっていらした、「何が自分の声なのかグルグル周って…」、
それがバランスの取れない現象の一つと思われます。
あなたが自分の声と思っていらっしゃるのは、実はあなたの思考が導き出す声であって、
あなたの「」の声とは別のものです。
それはあなたの真面目で几帳面な正確が、起因していると思われます。
あなたは物事を筋道立てて、答えを事前に用意して進む事が、正しい事とお考えではないでしょうか…。
これは、こうあるべき…、それは、そうでなければならない…、
そうお考えになられる事が、結果的にあなたを苦しめる原因なのです。
自分の声とは、思考によって導き出された声ではなく、
あなたの「」が感じる事そのものなのです。
もしかしたら、あなたの「」が感じる声は、あなたの思考が許さない事かも知れません。
そこに、精神とスピリチュアル=「」がの不協和音が起こります。

うっとうしいくらい思考型です。常に何かを考えています。寝ている夢でも考えています。
自分でも思考を止めたいのに止め方がわかりません。
最近、お経を読むようにしました。雑念はまだ消えませんが生活にハリがでてきたように思います。
どうやればの声をきけるのか、解放してあげられるのか何かアドバイスはございますでしょうか?

認めたくないけど、私はきっとすごく怠け者なんです。これは魂の声ですか?
風のおもむくまま、気持ちが流れるままに自然に生きたいと思うのです。
そうするとタダ自分が苦手なこと、めんどくさいことに目を向けないだけなんじゃ・・・現実に目をむけてないだけなんじゃ。現実的な目標を設定して仕事につかなくては!と思います。

例えば、仕事も、人前で話すのが苦手で、いい格好しいなので失敗を恐れるあまり人前だと緊張します。だから苦手です。ならば公立校の教師にならず少人数制のクラスで教えたり、リウマチの経験をいかせる体操を教える人でもいいんじゃなかろうかとも思います。もちろんその方向で自分なりにがんばるつもりです。でも、緊張の原因がわかるのであれば、それを克服して教師になるのもまた成長なんじゃないだろうかとも思いますし、恐いけどチャレンジしてみたいと思う自分もいます。目の前にあることをコツコツこなせば、おのずとどの仕事が自分はしたいのか答えはみえてきますか?こういうこともあり、公立校の教師、企業の講師、その他と質問したい次第です。



今後気をつけること、精進すべきこと・今世ですべきこと


同じ山に登るのにも、登り方も道も一つではない事を「魂」で知って下さい。
あなた自身を縛りつけている、「こうあるべき…」という思考を柔軟にし、
ご自分を,そして他人も解放してあげる事です。
そうする事によって、あなたと価値観が違う人間達を、心から受け入れる事が出来るようになるはずです。

質問が重複しますが、解放する方法など具体的にありますでしょうか?
例えば人の話をきいて、”それはこうあるべきだろ!”と思っても、声に出さず自分の心にしまっておくという行動を繰り返せば、いずれは”こうあるべきだー”などと考えることもなくなるのでしょうか?


あなたの前世は中世フランスの指導者ようです。(男性)
ただ残念な事に、その権力を盾にした独裁的なやり方が、後に自分の身を滅ぼしてしまったようです。
教師・講師等を職業の選択にされるのは、その「魂」が引き継がれているのかも知れません。
そのどちらを選択しても、あなたはそこに遣り甲斐や、自分の居場所を見つけられるに違いありませんが、先に申し上げましたように、自分と価値観の違う人間を受け入れる「魂」を磨かれていって下さい。
そこを間違えてしまうと、孤独に陥ってしまいかねません。
守護霊ですが、あなたに良く似た老人男性が視えますが、曾お爺様かと思われます。
お母様の方のお爺様が、あなたに似ていらっしゃいませんでしょうか…。
その方も、とても几帳面で、尚且つ強情な方だったようです。
フランス!以外でした。勝手に中国かと思ってました笑
独裁的。。( ;∀;)弱く臆病な人間だからでしょうか。。。汗
曾お爺ちゃんは何か言っていませんでしたか?
残念ながら、母方の祖母はすでに他界しており、曾お爺ちゃんも早くに他界したそうで
誰も曾おじいさんがどういった方だったのか分かる人が周りにおらず残念です。
お仏壇に手をあわせたいと思います。ほんとうに人間は1人で生きているわけではないのだなと
なんだか温かい気持ちになりました。ありがとうございました!


結婚相手

残念ながら現在のあなたからは、ご結婚のお相手が霊視出来ませんが、
人を介しての出会いが「縁」を結ぶようです。
二十代の結婚にはならないでしょうが、あなたはご結婚をされ、お子さんをもうけられてからが、人としての「魂」が向上していくに違いありません。
それは、現在のあなたの「魂」はとても男性的で、前世から引き継いだままに近い状態ですが、
ご結婚をしお子様をもうけられ、母になり、そこからより人として掛け替えのない柔らかな「魂」を導き出されていく事と思います。

そうですか楽しみです!元々子どもは好きだったのですが二十歳くらいからとっても心がすさんだためか、リウマチになり更に子供を毛嫌いしていたのですが、最近はまたとてもかわいいなと思えるようになりホットしています笑  そういえば、リウマチになってからお花がとてもかわいく思えるようになりました。とても不思議です。不思議というと語弊がありますが、以前はお花をみても心が揺さぶられることはなかったのですが、最近は心がキュンキュンいいます。笑 

感想より質問が多くなり恐縮です。
お答えいただける範囲で結構ですのでご連絡いただけると幸いです。

●●

タグ : 霊視 スピリチュアル 波動 前世 自律神経失調症 過呼吸

一人の時間

最近、霊視鑑定をさせて頂いていると、
現象として現れている実態が問題なのではなく、ご本人が「何を求めたいのか…」それが分からずに、同じところを行ったり来たりしている方が、本当に多くいらっしゃいます。

特に、恋愛やご結婚に対して、「どう選択したらいいのか…」「この人もいいけど、あの人もいい…」、
又逆に、「この人も何となく違う気がするし、あの人も違うんじゃないかな…」。
つまり、自分が誰を本当は好きなのかが分からない…。
「私は誰も好きになれないのではないだろうか…」
結婚って、一体何なんだろう…」
…、と疑問や不安は終わる所を知らず、問題が少しずつ移行していって、ご自分が何に悩んでいるのか、その本質さえ分からなくなっています。

次々と恋愛を継続されていると、こんな現象が生じてくる事は珍しくありません。
誰もお付き合いしている方が居ない時間は、本当はご自身を知る為の有効な時間なのです。
目の前に対象となる人物がいないからこそ、自由にご自分の本音と向き合え、
スピリチュアル=「」が求めるものに耳を傾けることが出来るのです。

まずは、ご自身の求める幸福の在り方を、感じ知って下さい。
そして、ご自身が求める幸福は必ず訪れる事を、スピリチュアル=「」で信じられることです。

買い物をする事と同じです。
欲しい物が特にないのに、フラッと出掛けたりすると、値段やディスプレーに惑わされて、
必要でもない物を購入したりしてしまい、身体もお財布もグッタリ…、という経験があるはずです。
これが欲しい…、と明確な物があれば、そこに向かって真っすぐ直行するはずなのです。

もまったく同じ事…、ご自身が求めるものを明確にしていなと、
上手な言葉や雰囲気に流されて、「こんなはずじゃなかったのに…」って事になり兼ねません。

明確に持っていても、現実は「あれっ…」って事が多々あります。
恋愛結婚の過程とお考えになっていらっしゃるのなら、尚の事、理想ではなく、ご自身の思考・・身体が満足するものは何なのかを知る事です。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル 恋愛 結婚

恋をしていますか

独身の方のみならず、既婚者の愛のご依頼も少なくありません。
霊視鑑定の内容如何に関わらず、人が人である限り「」をし続けるのでしょうね。

甘酸っぱい遠き記憶が甦って、「そんな時代もあったなぁ…」と、中島みゆきの「時代」を口ずさんでみたりします。
訝しそうに煙草を吸う、眉間のシワが素敵だと思ったり、ロンジンの薄い時計が似合う手首に釘付けになったり、会ってる時には感じたこともないのに、電話の声に落ちたり…、と「」とはそんなものなのかも知れませんね。
」はのままにしておけばいいものの、「愛」だと勘違いをしてしまうところに、ストーリーが生まれます。

ご依頼者のお悩みを伺っていると、霊視というよりは、人生の先輩のアドバイスになってしまう事も多々ありますが、鑑定の内容が相手の方のお気持ちだったりすると、霊視によって視えてくる事をストレートに伝えることの方が、優しさだと思えるのです。
ご本人も、本当は感じていらっしゃるのでしょう…。
だからこそ、一抹の望みと、ポンと背中を押して貰いたいのだと思います。

同じ方から別の愛に関してのご依頼があると、生きているパワーを感じます。
お写真を拝見して、あれっ、この方は以前に鑑定をした事があるな…、と霊視を始めて「やっぱりそうだ」と分かると、「今度こそはちゃんと巡り合ってて下さいよ…」等と呟いたりします。

恋をし続けられるという事は、肉体が健康で、スピリチュアル=「」が活動しているという事ですし、人の良いところを見つけられるという事です。
一度や二度、いえ10回や20回の恋でへこたれないで、自分が巡り会いたい人に出会うまで、
「恋」をし続けていって欲しいと思います。

最近「恋」もしてないなぁ、と苦笑です。(^.^)

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : スピリチュアル 霊視鑑定

バジル

6月の下旬、近所の花屋さんの軒先に、もう売り物ではないのかと思われるようなバジルを見つけました。最後の値付けだったのでしょう、一株¥148…。

ベランダで野菜作りを夢見て早4年…、植えたレタスは2ミリ程の芽を出したものの、そのまま腐敗。
プチトマトを植えようかと思うと話すと、「虫が付くわよ」の一言で、断念。
そんな事が脳裏をかすめながら、一度は通り過ぎたものの、やはり未練に立ち止まり、
結局残っていた3株を購入しました。

プランターに植え換えて、想いは冷製バジルトマトパスタ…。スタッフのAさんと、なんちゃってイタリアンを賞味しようと、「頑張れ、頑張れ」とせっせと水やりをして、ネットで育て方を検索。
「なるほど、芽を摘んでやればもっと葉が出るんだなぁ…」と感心しながらいると、料理番組でバジルソースの作り方をやっているではないですか…。

潜在意識が情報をくれた…、「やっぱり凄いなぁ」とスピリチュアル=「」に感嘆したりして…。
どんな小さな事にも「ラッキー」「ツイテル」「ありがとう」って、声に出すことが大切です。
又、次の「ラッキー」を呼び寄せてくれます。

そんな愛情たっぷりに育てた!?バジルは、大収穫!!(^^)v
早速葉を摘んで、レシピ通りにジェノバソースを作りました。
しかし、ソースはそのままジップロックに入り冷凍庫へ…。ここが私のダメなとこだと分かっているのだけれど、作ってしまうと興味を失ってしまうのです。
ダイエットも然り…、サプリメント売り場にしゃがみ込んで、あれやこれやとどんなデブにも効果があるサプリを選び、買ってくると、もう痩せた気になっている…。^_^;

2度の収穫に成功したジェノバソースは、近い内に友人達におすそ分けとなるでしょう…。
バジルの香りに癒され、太陽に感謝させて頂いて、それだけでも満足なベランダ栽培でした。

どんな小さな植物でもいいから、ご自分の空間で共存してみて下さい。
言葉を持たないからこそ、感じ伝わってくる事がたくさんありますよ。
もし、スピリチュアル=「」が疲れているなら、緑の葉を見ているだけで、守られていることを感じるかも知れません。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 潜在意識 スピリチュアル

総合鑑定(結婚・お母様のご病気)

安可吏さん


鑑定していただいたのに、お礼を言うのが遅くなってしまってすみません。


アレルギーのことよかったです。日本に帰ってきてから皮膚科で原因を調べていたのですが
金属(ニッケルなど)以外は全くアレルギーが出ないのです。
これからはあまりストレスをためずに気にせずにすごしていきたいと思います。


彼とのこと、少し考えてみたいと思います。安可吏さんのおっしゃるように結婚、恋愛は人生の中の1部であり
私がもっと目を向けるべきものもあるのだと思います。
私の魂の幸せこそが私が追求するべきものであって、彼がいないと幸せではないと思うのは自分に対しても失礼だと
思うようになりました。私が変わっていくことで、もし彼がまた私を必要としてくれるのならば、一緒になれるし
と軽い気持ちで考えていこうと思います。


母のこともどうもありがとうございました。精神的に前向きになれるように家族が協力すku樊C海箸呂箸討眤臉擇世隼廚い泙后・・鹿粡・寂蝟徐ぢ家族が助け合っていると、母もとても気分よく、体の調子も良いみたいです。
父がすぐ余計なことを言って怒らせていますが(笑)


鑑定をどうもありがとうございました。これからもたくさんの人たちにアドバイスをして安可吏さん自身もどんどん輝いていってください!


●● ●●


恋愛は結果ではありません。
どんな方とどんな恋愛をしたのか、そしてその恋が自分に何を教えてくれたのか…、それを感じるスピリチュアル=「魂」が大切なのです。
本当に愛する人と、生涯歴史を共有出来たら、それが幸せなのではなく、それも幸せなのです。
仮に、結婚という形になることは出来なかったとしても、
一生、自分の人生の中に生き続ける人との出会いが出来た事を、
遠いいつの日にか、夕陽に染まった庭を見て感じるでしょう…。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 鑑定 スピリチュアル 恋愛

魂も秋の準備

涼しい…、を越えて寒い!
パソコンに向かう井出達は、フワフワ靴下まで履いて、すっかり冬模様です。^_^;
「足が冷えて…」と呟いていた母の姿を思い出しながら、
「子供怒るな、通ってきた道、年寄り嘆くな、直ぐいく道…」と、何処かの居酒屋の壁に飾ってあった文字が、頭を過ぎっていきます。

そろそろスピリチュアル=「」の強化準備をしなければならないなぁ、と思いながら窓の外を眺める回数が多くなっています。
台風はまだいい…、激しい雨風は、何故かスピリチュアル=「」を掻き立て、内に籠る事はないのですが、秋の霧雨…、にはやられちゃう…。
シトシトと、音もなく降り続ける雨は、スピリチュアル=「」に根拠のない陰影を落としていきます。

それでなくても、今年は執拗な梅雨に、大分スピリチュアル=「」が「陰」に引き込まれそうになりながら、気が付くと溜息ばかりをついている自分に、「おっと、いけない」と、何度掛け声を掛けたことか…。
短い夏の日差しで、やっと「」を乾かしたばかりなのに、「人生、試練の連続か…」等と憂鬱になりそうな自分を辛うじて、くい止めています。

この時期には、夏の思い出や、過去の楽しい思いでに浸ってはいけません。
回想している間は、スピリチュアル=「」もやんわりとクリーム色をしていて、落ち着いているのですが、
現実に戻った時のギャップに、加速を付けて降下していきます。

「あぁ、楽しかったのに…」「良かったなぁ」、これらは総て過去形の感情です。
その思いの後ろには必ず、「でも、今は違う…」という感情が付随しています。
スピリチュアル=「魂」は、「楽しかった…」はスルーし、「でも、今は違う…」に反応してしまいます。

こんな季節は、出来るだけ近い未来に意識を灯し、夢を見た方がいい…。
5年後、10年後の大きな夢より、明日の叶えられそうな小さな夢で、スピリチュアル=「魂」をホカホカな薄紅色にして置くと、何とか大きな間違いを起こす事は避けられるでしょう。

スピリチュアル=「魂」を、コスモス畑にしましょう!(^^)v

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El




タグ : スピリチュアル

誰といても、いなくても自分の人生

女性は、結婚によって人生が変わる…、変えたい…、と思っている方が多くいらっしゃいます。
そしてイマジネーション力の強い方ほど、その結婚に終わりを迎えるようです。

その実、かつての私がそうでした。
自分の理想を相手に重ね、そのイメージは勝手に一人歩きを始め、いつの間にか目の前にいる相手を見ていない自分がいました。
その現実は「こんなはずじゃなかった…」という言葉と共に、重く心に渦を巻きます。

あれは自分が作り上げてしまった偶像なのだと割り切るには、果てしなく続くのではないだろうかと混沌とした時間が必要なようです。
自分の未来に執着し、もう一度リセットしてやり直そう…、と決意するのには、自分に自信が持てず、
一人の寂しさよりも、誰かと居る寂しさの方もっと辛い事を知って、身動き出来ない日々を過ごすことになります。

誰かと一緒の人生などありえない事を知るのに、随分と時間を要したようです。
結婚は人生を共有する事ではありません。
ご自身の人生と、愛する人の人生が、刹那に交差する事が結婚なのではないかと思います。

結婚は自分の人生の中の一部分である事を、知って下さい。
離婚を経験し、今また再婚をお考えになっていらっしゃるのなら、ご自分のスピリチュアル=「」に訊ねてみて下さい。
その人の人生に関わりたいのではなく、「私の人生にその人が必要なのかと…」。

結婚離婚を繰り返し、今また決別を望みながらも、自責の念に囚われていらっしゃるのなら、
ご自分のスピリチュアル=「」に語りかけて下さい。
結婚は人生の一部にすぎないのだと…。

大切なことは、ご自身の人生をどうしたいのかを明確にすることです。
そして、いつの時にも、人生はやり直しが出来るという事を、あなたのそお「」で感じて下さい。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El




タグ : スピリチュアル 結婚 離婚

想い

母方の叔父が亡くなった事は、以前にブログにも書かせて頂きましたが、
先日、両親と世間話をしていた折に、「あのなぁ…」と話し始めた、叔父の子供達の話に、
私は開いた口が塞がらない…、という、何とも愚かな人間の行動に怒りさえ覚えました。

叔父は4回の結婚と4回の離婚をした人で、実子は一番最初の結婚の際に生れた3人の娘がいますが、3度目の結婚の際には、相手の女性が二人の娘を連れての再婚でした。
その時には、叔父も現役で仕事をしており、連れ子の娘達はまだ小学生と中学に入ったばかりでしたので、養子縁組をして戸籍上も親子関係になりました。
上の子は高校を卒業すると上京して就職をしましたが、下の子は高校へも行かず素行の悪い友達と遊び歩いていて、二十歳の若さで交通事故で亡くなってしまいました。
それから何年も経たない内に、その再婚相手の方も病死したのです。

私は随分と月日が経ってから知ったのですが、交通事故によって入った保険金も、再婚相手が掛けていた保険金も、全て受取人がその長女になっていたそうです。
再婚相手の葬儀の後に、その長女は誰の入れ知恵なのか、母親の位牌を持って行ってしまったのです。遺骨は次女が亡くなった折に、私の叔父が作った墓に入っているにも拘らず、何故位牌を…、と理解の範囲を遥かに越える行動です。

その長女は母親が亡くなってから、叔父に顔をみせる事もなく、母親と妹が眠っている墓を訪ねることもなく、長い月日が経ち、叔父の元にやって来たのは叔父の葬儀でした。
出棺の際に、棺の傍から暫く離れずに号泣していた姿は、記憶に新しいものです。

叔父がガンに侵されて闘病していた際に面倒を見ていたのは、実子の長女でした。
それも喜んで…、というものではなく、姉妹が押し付け合った末の事でした。
お通夜の晩に、姉妹達が更に、誰が位牌を預かるのかでいがみ合ったそうです。
三人の娘達にも長年の遣り切れない思いが詰まっているのも、十分に理解できますが、
そこには無条件の娘としての愛情はないのだろうかと、生前の叔父の姿が思い出されます。

その娘達が下した結果は、叔父を永代供養にし位牌はお寺に預けたそうです。
血の分けた子供達・育てて貰った養女…、たった一人でも人としての健全な「」を持った子供がいなかったのだろうかと、「因果応報」の言葉が脳裏を過ぎっていきました。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El





タグ : 因果応報

総合鑑定

上杉 安可吏 様

お忙しい中、霊視鑑定をして頂きありがとうございます。
繰り返しメールを読み、今までの人生を振り返りました。

20歳の頃が最も精神的に不安定な状態でした。
中・高・大学受験に失敗し、いじめや人間関係に悩み、
自分で自分を苦しめ、暗く辛い日々を過ごしていました。

家族からは見放され、相談できる友人もいません。
カウンセリングや精神科での治療では効果が無く、
人生に絶望し、何度も自殺を考えました。

そんな中、母方の祖母に甘えることができたのは、
唯一の救いでもありました。
そらから本当にたくさんの方にお世話になり、
現在は、仕事ができるまで回復しています。

こういった経験の中で、大切なことを学びました。
誰かに傷つけられても、誰かの優しさが心を癒してくれます。
もう一度、自分を信じてみよう、明日を信じてみよう、
心の底から思えるようになりました。

霊視鑑定の内容は、これからの人生の課題となりました。

仕事には明確な目標を設定して取り組んでいきます。
そして、今の自分がもっと成長した時に結婚を考えます。

恋愛には全く縁の無い人生ですので、
「女性のオーラ」という言葉が少し気になります・・・

不安が無いと言えば嘘になりますが、
これから前向きに人生を歩んでいきます。

まとまらない感想になってしまい、申し訳ごさいません。
人生を振り返り、これからの将来を考える切っ掛けになりました。
ご相談できて本当に良かったです。どうもありがとうございました。

●● ●●


人は誰か一人でも、自分を理解してくれようとしている…、自分を心配してくれている…、
受け止めてくれようとしている…、そう感じる人がいたら、明日を生きてみようと思えるのに違いありません。
もし、そう感じる人が今現在いなくて、孤独の中に押し潰されそうになっていらっしゃってるのであれば、そう感じられる人に出会う為に、明日を生きて下さい。
必ず出会うことが出来るのです。
生きることは、単に生命を維持することではありません。
ご自身のスピリチュアル=「」の温もり・色・形・を感じることです。
掛け替えのないこの現世を、ご自身の密やかな目的を持って生き抜かれることこそ、
前世来世の懸け橋になっていきます。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル 前世 現世 来世

明日を変えるのは…

沢山の霊視鑑定士がいる中で、私を指名して下さる事をいつもありがたく思っています。
更に、私のご依頼者の方々には、リピートをして下さる方が、数多くいらっしゃって、
中には、お申し込みのお名前を拝見しただけで、お顔が浮かんでくる方も少なくありません。

出来るだけ現在に一番近いお写真を送って頂くようにしていますが、そのお写真から感じる波動が、
明らかに前回よりも「陽」の波動を出されていらっしゃると、本当に嬉しく思い、お写真に向かって、
「良かったですね」と呟いてしまいます。

スピリチュアル=「」のイメージイラストに関しても、本当に多くの方々からお申し込みを頂いて、
その後のご感想まで頂戴しています。

ただ、直ぐに波動が変わっていく方ばかりではなく、中には「頭では分かっているのだけれど…」と、
未だに不安や恐怖の中から出られずにいらっしゃる方も、少なくありません。

その方々の違いは、その方々が抱えていらっしゃる問題の違いではなく、
ご自分の人生や幸福を諦めずに、一歩を踏み出すか否やだけの事なのです。

頭で分かっている事を行動に移さなければ、明日は変わらない…。
変化は、あなた自身が選択するのです。

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル 波動

総合鑑定(子供・家庭)

上杉 様
霊視をしていただいて、ありがとうございました。
私は離婚して、3人の子供たちを育てながら、働いています。写真を撮った時は、長男が家にいなくて、部屋には男女の双子たちがいたので、そうお感じになったのかも知れません。
私が支配下に置かれているというのは、毎日家事や子供たちの面倒を見てくれている、私の母の事だと思います。
お世話になっていますから、頭が上がりません。
私は、子供たちが大人になり独立するまで、母親に手伝ってもらうしかないですし、ゆくゆくは、年老いていく両親のお世話を、私がしなければと思っています。
人生を諦めたわけではなく、子供たちが自立し、両親を看取ったら、自分の人生をやり直したいと思っています。
ただお金の問題で子供たちの思うとおりの進路を、進ませてあげれるか、子供たちの適正にあった進路を導いてあげれるかが不安です。
でも、おっしゃる通りです。子供たちは、子供たちの人生を切り開いていくのですから、先の不安を考えなくても良いのですね。
ありがとうございました。アドバイスのとおり、自分の為の時間を確保しようと思っています。。。


不安には実態がありません。
私達の思考のイメージが作り出してしまうものに過ぎません。
まだ起こってもいない事を、マイナスのイメージで固めてしまわないように、気を付けていかなければなりません。
マイナスのイメージは「」の波動を出して、更に「」の波動を引き寄せてしまいます。
「悪い事を思うと、悪い事が起きる」、というのはその為です。
離婚という選択をした時から、人生のやり直しをしているのです。
お子様にも、ご両親にも、あなたがしてあげたい事は、その想いが継続する限り必ず出来るのです。
あなたの大切な守るべき人達の幸福を願いながら、今しなければならない事に懸命であり続ける事が大切です。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視 波動 不安

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ