プロフィール

上杉安可吏

Author:上杉安可吏
「灯りの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、
他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

「魂」の足跡

もう明日から9月です。
月日が過ぎるは、早いですねぇ…、
と口癖が出る度に、歳を取っている事を実感します。
体内時計がバッテリー切れの様に、
針を進める速度が、落ちている事を意味します。

友人達のバースディーカードには、
記憶に残る歳になりますように…」と、添え書きをしますが、
良い事も悪い事も、過ぎてしまえば懐かしい思い出です。

「何歳の自分は、何をしていたか…」よりも、
「何歳の自分は、何を思っていたか…」を、記憶していたいと思います。
それが、スピリチュアル=「」の軌跡であって、
又、現在の自分自身を作ったベースだからです。

人生のハードルは、知らない内に越える事はありません。
必ず、自身が越えていく…、越えてやる…、
という意識と、決意を持って飛び越えて行きます。

隣のレーンを走る誰かのハードルを見て、
「あんなに低くていいな…」等と思っていると、転んでしまいます。
一度転んでしまうと、立ち上がるのに何倍ものエネルギーを要します。

でも、それも良いのだと思います。
地団太を踏んで、泣き叫んでも、
自身のレーンには、誰も入っては来れない事を知り、
立ち上がる事さえ出来れば、きっとハードルを越えられるでしょう。

歩いて越えてもいいのです。
手を添えて跨いだっていいのです…。
諦めなければ、越え方に気付き、そして越え方を知るのです。

越えた事実よりも、何を思い、どう感じ、何に気付いたのかを、
記憶している事が、スピリチュアル=「」の足跡です。
その足跡は、次の誰かの気付きに繋がるに違いありません…。



↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ワンクリックして頂ければ、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El








タグ : バースディーカード スピリチュアル ハードル 意識 決意 記憶 軌跡

執着

先日、「拘りの逸品」という小冊子を眺めていたら、
原稿用紙に向かっている方の写真が載っていました。

「今でも万年筆で書いているんだ…」と、
数年前まで、お店のお客様にお礼状を、
自筆で書いていた事を思い出して、
昨今の不精を反省しながら、その方が手にしている万年筆に目が留まる…。

見覚えのあるキャップ…。
間違いなくモンブランの万年筆です。

そういえば、私も持っていたはず…。
漆黒のボディーに、凛とした白い花弁のマークに憧れ、
遠い若かりし頃、一抹の罪悪感を感じる程の金銭をはたいて買ったものです。

自己満足現実性が伴わずに、何処かに仕舞い込んだ、
その万年筆が気になって仕方がありません…。
一心不乱状態で、探す探す…。

大切な物置き場と称する、引き出しを開けてもない…。
息子が幼稚園の頃、「ママのお顔」と言って、
書いてくれた石ころを見つけ、胸が熱くなるのもそこそこに、
「何処だろう」「私のモンブラン」

母に電話するも、モンブランが何の事やら、
万年筆という言葉すら、初めて口にするかの様子に、
半ばキレながら、何年も使っていないバックの中まで探しても見つからず、
最後に使った時期すら思い出せない…。

持っている事すら、忘れて過ごして来たはずなのに、
無性に「勿体ない…」のです。
ペン立てにある、沢山のボールペンを眺めながら、
モンブランの万年筆が頭から離れません…。

愛着…、という程、関係は密接ではなかったのを私自身が知っています。
見つかれば、その時だけホッとして、又仕舞い込むに違いありません…。
なのに、無くなったと思うと、執着心が溢れだす…。

昔の恋人に似ている…。
長い間連れ添いながらも、満たされないできた、夫婦に似ている…。

いなくなるという現実の前で、絶対に離婚に応じないと、
追いかけているのは、果たして愛情なのでしょうか…。

モンブランの万年筆を必死に探したのは、
一瞬垣間見た過去の自分であって、今の私ではありません…。

手放したくないと執着させているのは、
今のあなたですか…。
それとも、幸福を信じた…、あの頃のあなたですか…。


↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ワンクリックして頂けましたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 万年筆 自己満足 現実性 勿体ない 恋人 愛着 離婚 夫婦 執着

総合鑑定(結婚)

鑑定ありがとうございます。

鑑定結果を読みながら涙が出てきました。
日々わたしが葛藤していることがそのまま書いてありました。

毎日、親と会社と自分の気持ちで胸がいっぱいになってしまいぎみになり
朝起きると死にたいと思う毎日です。
けれどこんなことは親には言えず苦しんできました。

私自身は後継ぎにこだわらず嫁ぐことも考えていますが母が強烈で
いつも押し込められてしまいました。

ですが日々時が経って行きます、今度結婚したい人ができたら結婚すると心に決めています。

2年間さみしい思いをしてきたのでもう結婚はできないと思っていましたが
先生の鑑定結果で、私と縁がある方がいるとあったので明るい気持ちになれました。

上杉先生ありがとうございました!

  ●● ●●


跡継ぎのお子様が、お嬢様しかいらっしゃらない…、
といった環境下での、ご結婚に関して苦悩されておられる方は、
本当に沢山いらっしゃいます。
ご商売をされていらっしゃる場合には、問題が更に深刻で、
責任感が強く、お優しい方ほど、苦悩はメビウスの輪の様に、
留まる所を見つけられず、雁字搦めになっておられます。

家とは何か…、
家系とは何かを、ご両親がご自分の立場を越えて、
お考えになって頂きたいと、心を痛めます…。

婿養子をとらなければならない…。
姓を守らなければならない…。

この○○をしなければならない…、という頑なな拘りが、
ご自分達を含め、掛け替えのないお嬢様を苦しめ、
人生の中で、最も美しい時を孤独に過ごさせ、
婿養子どころか、婚期を逸してしまわれる可能性もあるのです。

「こんな事になるなら、あの時、結婚を許してあげたら…」
髪に白いものが混じる頃に、お嬢様の後ろ姿をご覧になられ、
そう後悔をされても、時は戻らないのです…。

○○をしなければならない…、という思考を手放す事で、
引き寄せる解決策や、可能性を見出すこともあります。


↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ワンクリックして頂けましたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El





タグ : 鑑定 跡継ぎ 婿養子 苦悩 責任感 婚期 結婚 解決策 可能性

事実と現実

視力に問題がなく、肉眼で見えるものが事実だとしたら、
又、肉眼では見えなくても、科学的な根拠というものが、
明らかになっているものを「事実」というのでしたら、
霊視というのは事実ではない…、という事になってしまいます。

けれど、これまで鑑定を受けられた方々の中には、
(完全ではないという事を前提に、総ての方とは申し上げません…)
情報を提供していないにも拘わらず、
ご自身の事のみか、拘わりを持たれていらっしゃる方のご性格や、
又は具体的な行動・言動を指摘されて、
「どうして分かるのか…」、といった経験をされた方も、
少なくないに違いありません。
これは、科学的根拠を伴わなくても、
実際に起こった「現実」という事になります。

経験をされない方にとっては、事実だけが総てなのですし、
それも決して、間違いではないと思います。

ただ、科学で解明出来ないものが事実でない…、としたら、
私達という人間を含めて、日常には事実でない事の中で、
私達は生きていることになります…。

って何だろう…、
って何だろう…、

何処に、どんな形をして、どんな物質なのか、そうでないのか…、
事実的根拠を知らずとも、私達は経験という現実の中で、
その存在を感じているに違いありません…。

例えば、「感動」という抽象的な人の想いは、
どんな言葉を使っても、表現し切れない「境地」ではないでしょうか…。


↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ワンクリックして頂ければ、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 事実 霊視 現実 科学的根拠 事実的根拠 感動 境地

お申込みの前に

お陰様を持ちまして、インターネット霊視鑑定を、
開設させて頂きまして、一年半が過ぎ、
毎日多くの方々からのお申し込みを頂けるようになり、
又、ご依頼者の方々より、お礼のメールや励ましのお言葉を頂戴し、
有難く感謝の気持ちで、真摯に鑑定と向き合わさせて頂いています。

お申込みが増えるに連れまして、
ロトシックスのナンバーを霊視して欲しい…、
今後の人生で視える事、総て教えて欲しい…、
感じる事を言って欲しい…、
開運術を教えて欲しい…、といった趣旨のご依頼が急増しております。

お申し込みの段階で、鑑定内容にコメントが記載されている場合には、
その時点で確認やお断りが出来るのですが、
ご入金を頂き、お写真を送られてから発覚する事も少なくありません。

あくまでも、ご依頼者の方がどういった現状で、
迷われたり、苦悩をされていたりしていらっしゃるのか…、
それが霊視鑑定をお引き受け出来る基準でございます。

問題苦悩の種類や大きさ…、といった事は関係ございません。
少なくとも、現状を好転させる為の切っ掛けとして、
お申し込みを頂けますよう、お願い申し上げます。


霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El



タグ : 霊視鑑定 インターネット 霊視 問題 苦悩

ご供養

もう既に、お盆休みに入られた方々も少なくないでしょう…。
円高が進み、海外へ行かれる人達の姿がTVに映し出されましたが、
ご先祖様ご供養は??
「いいなぁ…」の妬み心も加わりながら…。(^_^;)

お盆だからご供養をする・しなければならない…、
これも些か違っているけれど、
日頃の無礼を詫びながら、せめてお盆にはお墓をお掃除させて頂き、
感謝の気持ちで手を合わせられるのが、
スピリチュアル=「」を持った、「人」となれるに違いありません。

ご供養って、何をどうすれば良いのか分からない…、
以外に多い質問だったりします。
正しい供養の在り方となると、神仏によって異なるのでしょうが、
形ではなく、その方がどんなお気持ちで手を合わせられるのか…、
それが一番大事なのだと思っています。

生きて命がある私達が、毎日元気で生活をさせて頂いている事を、
有難く」、そしてお陰様で…、の気持ちを、お参りという形で、
ご先祖様に感謝される事だと思います。

私は父方のご先祖様・母方のご先祖様の、
両方のお墓参りをしています。
それは、私の姓が父方の姓であっても、
間違いなく私の身体には、両方の血が流れ、
スピリチュアル=「」を受け継いでいると感じるからです。

ご結婚をされて、姓が変わられても、
ご自分のご実家や、ご先祖様をもご供養、敬われずに、
真の幸福感を得られるでしょうか…。

嫁がれた先のご両親やご主人が、その家のお墓参りを終えた後に、
ご実家のお墓参りを促して下さる…、
何と美しいことでしょう。

○○家の人間になったのだから、必要がないだとか、
お前は何家の人間なんだ! などと、
あたかも正論の様に口にする人間に、発展などありません。

互いに慈しむとは、互いのご先祖様に感謝をする事でもあるのです。
「あなたのご先祖様のお墓参りをしていらっしゃい」
「君のご先祖様のお墓参りにも行こう」
…、そんな言葉を掛けて下さる方々との、
」が繋がれますように…。


↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ワンクリックして頂けましたら、嬉しく思います。

blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El







タグ : ご供養 ご先祖様 お盆 スピリチュアル お墓参り お陰様 有難く

尊厳

私達は、何れかの社会・組織に属して生きています。
お仕事を持たれていない方でも、家族と言う小さな組織や、
市町村という組織、地方に行けば、隣組という組織がありますし、
仕事をされていらっしゃる方は、会社という組織
又、その中にも部署があり、自分以外の人間との関わりを、
絶って生活をする事は困難です。

いじめ」とは、子供達成長過程の間にだけ存在するものではなく、
れっきとした大人社会の中にもある事を、ご存知でしょうか…。

切っ掛けは、特定の誰かの感情を害した事が発端で、
職場の中からはじき出されたり、中傷、無視…、
暴力こそないだけで、その他の精神的苦痛は、
発展途上の子供さながらです。

社会情勢も悪く、転職をしたいと望まれても、
その後の就職難や、現実的な生活を考えると、
耐える事を選択せざる得ない状況を強いられている方々は、
本当に多くいらっしゃいます。

霊視鑑定のご依頼にも、毎日のようにそういった内容が届きます。
ご依頼者本人にも問題があるのは事実ですが、
私達は完全でないからこその人間、あって然り…、なのです。

霊視によって、ご依頼者本人が気付かないでこられた、
原因の一つを申し上げた所で、既に状況は悪化していて、
直接的な解決は望めない事も多々あります。

会社組織でも、家庭という小さな組織でも、
其処に属する人間達が、気持ち良く拘わりを持つ事が出来なければ、
業績も家族の絆も生まれるものではありません。

人間性の崩壊・人間関係の崩壊は、組織の崩壊である事に、
組織の頂点にある方は、もっと危機感を持たなければなりません。
ましてや、その頂点にいる方が権力を武器に、
個人の精神虐待するなど、あってはならないのです。

注意・指導をされる際に、
指摘されるのは、その人間の一部分であって、
その人間を否定するような言動は、
指導を逸脱した、精神的虐待である事を、認識されて下さい。

「親からどんな教育を受けてきたんだ」
聞き覚えはないでしょうか…。
この言葉は、本人を否定するだけではなく、
本人の両親までを否定しているのです。
こういった言葉を吐く人間を管理者にしておく組織に、
発展的な未来などありません。

「お前は一体誰に似たものか…」
お子様に対してのこの言葉に、覚えはないでしょうか…。
存在そのものを否定するに値する言葉に、
愛情を感じる子供がいるでしょうか…。

もっとも怖い事は、こういった言動が習慣化されてしまう事です。
言う人間も言われる人間も、
スピリチュアル=「」の損傷を繰り返しているのです。


↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ワンクリックして頂けましたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 組織 スピリチュアル 霊視鑑定 精神的虐待 いじめ 虐待 精神 暴力

総合鑑定(人間関係)

あかり様
 あけましておめでとうございます。
昨年は鑑定をしていただきありがとうございました。
私にとって人間関係に悩み、自分自身の心の在り方を猛烈に反省した年でした。
でも今ではその体験は私が一つ壁を乗り越えて成長するために
必要不可欠な大切な経験なのだと思います。

鑑定の中で私がいま苦しんでいるのは、に刻まれた前世からの記憶も
関係しているということで驚きました。
自らの罪を懺悔しながら牧師様に仕えていたということで、
どんなに神に懺悔し、神に仕える場所に身をおいても、
自分の中からあふれ出てくる自責の念に押しつぶされそうな形のない苦悩・・・・
それはなんとなくわかる気がするのです。ある理由から両親や自分の先祖に
対して常にごめんなさいと思っている自分がいるのです。

で感じることが他の人たちとは合わないということでしたが
(自分で言うのもおこがましいですが)
いままで人が話すうわさ話や下世話な話題がとてもつまらなく思えて
いつも心ここにあらずな感じでした。
若いころは好奇心も旺盛でパワーもあったのでそれでなんとかやってこれたのかも
しれませんが最近はそのような輪の中に入っていくのも面倒になってきていたのです。
人の輪にはいりきれない自分がいやになっていましたが、
あかりさんの「そんな自分も愛してください」
という言葉で気持ちが楽になってきました。
前世そのもののお話までしていただいてありがとうございました。
鑑定をお願いしてよかったと思います。自分でわかっていなかった
部分が見えてきて気持がすっきりしました。本当にありがとうございました。

感想とお礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

●●● ●●


鑑定内容が、ご自分以外の方との関わりや、
又、ご自身との関わりで、苦しんでいらっしゃる方を霊視させて頂きますと、
ご幼少期のスピリチュアル=「」に摺り込まれた「傷」や、
ご依頼者の性格、そして前世から引き継がれた「」…、
これらのどれかに当てはまることが多いようです。

以前から、前世を知る事がご本人にとって、
本当に良い事なのかどうか…、未だに迷いがある事が、
正直な気持ちでですが、
ご依頼者の方が、霊視鑑定に辿り着かれるまでの間、
問題や障害の原因の所在を、真っ暗な闇の中から、
手探りで見つけ出そうとされていらっしゃる、
その姿が視えて参りますと、
少なくとも、前世を知る事は、その後の人生のランタンに成り得る
のではないかと感じられます…。

輪廻転生を、殆どの方々は実感として持っていませんが、
スピリチュアル=「」だけは、その真実を知っています。
短絡的に、現世が上手くいかないのは、前世のせいなのだと
結び付けてしまう事には大きな問題がありますが、
ご自身の「魂」が何を求め、何を越えようとされているのか…、
それを知る為の、灯りとされる事を望みます。



↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ワンクリックして頂けましたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!

霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El





タグ : 人間関係 スピリチュアル 鑑定 前世 輪廻転生 霊視鑑定 苦悩

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ