プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

基本鑑定



お世話になります。●●●です。

とてもご丁寧なご鑑定、本当にありがとうございました。頂いたお言葉全てが本当に今の自分にとって納得のいくものでしたし、私の問題点と向かうべき方向を前向きに導いて下さり、今回先生にご鑑定をお願いして、本当に良かったと心から感謝しております。

鑑定をお願いした時、彼を信じたい気持ちと、自分の潔癖すぎる気持ちが生む疑念との間で揺れ、彼の言葉だけでは収められない私のどうしようもない疑心は、確証に近いもの、つまり「彼は私を騙したりしない」と先生に視ていただくこと、でしか乗り越えることが出来ないと思い詰めて、ご鑑定をお願いした次第でありました。
それからこの一ヶ月間、悩みながらも自分なりに冷静になって考え、私たちはやはりこれからも関係を続けて行くには難しいと、自分の気持ちに答えが出始めていました。ですから結果を頂いた時も、本当は全て自分が分かっていたことだと、すんなり受け入れることが出来ましたし、前向きに捉えることが出来ました。

そして何より、自分の潔癖さが招いてきた苦悩に過敏になるあまり、そこばかりが判断基準になって、信じる気持ちや障害を乗り越える気持ちは愛情から生まれてくることを見失いかけていたことに気が付きました。

しかしまた、概念の違いが大きすぎる相手との間に信頼関係を築くことはとても困難なこと、またその様に、信頼や相互理解が深められないことには愛情を育てることが難しいことにも改めて気付きました。

先生にご指摘頂いた通り、度を超した潔癖症は私の大きな欠点で、このままでは自分で自分を追い込むと私自身も不安に感じております。この点を注意して頂いたこと、しっかりと胸に留めておきたいと思います。

傷つくことばかりを恐れていては自分の納得には繋がらない、というお言葉、とてもよく分かりました。先のことは分かりませんが、こうして様々な気付きを与えて下さったことは、きっと私の未来に繋がるものになると思います。


ブログを拝見させて頂いたところ、7月末頃は歯痛に苦しんでいらっしゃったということで、その様な中でのご丁寧なご鑑定、大変恐縮に思うと共に、本当に感謝しております。
お忙しいことと思いますが、まだまだ暑い日が続きますので、どうかお体ご自愛下さいませ。

この度は本当に本当にありがとうございました。


一昨年の7月の霊視鑑定結果のご感想です。
こうして、過去の鑑定結果に対するご依頼者様の感想を読み返しますと、
ご感想の中から私自身の気付きも少なくありません。


人を好きになってしまう瞬間は、身体の細胞が、
一時的に何らかの変化をしているのかも知れません…。

その人の声が心を震わしたり、
何気ない仕草が、男女どちらにも必ず存在する、
」の部分に、強烈な刺激を与えているのだと思います。

この「」への刺激こそが、好きだという感情を引き出す、
スイッチの役目なのではないかと思います。

誰かを好きになることは本能であり、
その訳をあれこれと思考が探し、
感情を維持しようとします。

でも、もうひとつ、私達には自分を偽ることの出来ない、
スピリチュアル=「」が存在しています。

本当は知っていた…、感じていた…。
それこそが、スピリチュアル=「」の目なのでしょう。

本能を制御し、思考を変化させ、感情をどんな風に操作しようと、
自分自身の「」からは、目を逸らすことは難しいものです。

霊視鑑定は人の心を読むことが目的ではなく、
ご依頼者様ご自身が、スピリチュアル=「」の覆いを剥ぎ取る、
その勇気を促すに過ぎません。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : スピリチュアル 霊視鑑定 鑑定 苦悩 潔癖症 本能 思考

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ