プロフィール

上杉安可吏

Author:上杉安可吏
「灯りの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、
他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

霊視鑑定


----- Original Message -----
From:
To: 灯りの扉
Sent: Saturday, July 03, 2010 12:50 AM
Subject: 鑑定のお礼


上杉 安可吏さま


昨日 鑑定していただきました●●です。
あたたかいお言葉でつつんでくださり 久しぶりに素の自分にふれた気がしました。
先生のおっしゃるとおり、
私は 人から良く思われたい 人より優れていなければいけない・・・と
小さい時からずうっと今まで 意識してきました。
しかし ある時からは無理をして良い人 優れた人を演じようとしてきました。
綻びそうになるとそこをつなぎ合わせ 自分を偽って。
私だけではなく 息子まで私の理想通りにさせようとしてきました。
そのために 思い通りにならないと 手をあげ 暴言をはき・・・そして 後悔して・・・
私がこの子を壊してしまった・・・
まさか私がこんなふうだとは息子以外はだれも知らないでしょう。
毎日が自責の念に駆られ 心が悲鳴をあげていました。
先生から ご指摘され 素直にそんな自分を認めることができました。

そんな罪深い私をあたたかいお言葉でつつみ 「かわることができる・・・」と
おっしゃってくださいました。
そしてなにより 「おこさんの魂は傷ついていない・・・」と
何度も息子を褒めてくださって 私はほんとうに救われました。

先の見えない 闇の中をさ迷っておりました。
毎日が辛く 苦しく・・・
そんな時 先生と出会えて 一筋のひかりが見えました。

今後は先生のお言葉をこころにとめ 私自身かわっていきたいと思います。
すこしづつ ゆっくりでいいですよね。
また 迷ったとき 灯りの扉を開きます。
先生 ほんとうに ありがとうございました。

                 ●● ●●

人は誰もが、自分という人間を認めて貰いたいのだと思います。

何故なのでしょう…

人間の持つ煩悩の一つだと言ってしまえば、そこからは何も生まれない。
きっと答えは一つではなく、人間の数だけ答えはあって、
いえ、答えなどないのかもしれない…。

でも、有るのか無いのかさえ分からない答えを探し、
自分という人間の一部をしろうとする行為にこそ、
大切な意味があるのだと思います。

素晴らしい人だと思われたい…
すごい人だと言われたい…
素敵な人だと思われたい…
出来る人だと言われたい…

きっと、私を始め、誰の心の中の何処かに潜んでいる。
それは、時には自分を奮い立たせる原動力になることもあるけれど、
何処まで行っても、留まる先がなく、終わりがありません。

誰かに見られる生き方を、一度選んでしまうと、
作り上げた自分を壊す勇気が持てずに、
まるで蟻地獄にハマった様に、ズブズブと両足を砂に取られ、
足掻けば足掻くほど、身動きが取れなくなってしまいます。

認めて貰いたい…

それは、愛されていると感じたい…、
その寂しさの、別のカタチではないかと感じます。

優れていなくても、私達は人を愛し、愛されることを信じて欲しいと願います…。



↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 鑑定 理想 無理 灯りの扉 煩悩 意味 自責の念

決着

四年程前になるかと思いますが、或る雑誌の取材を受けた時に、
別れをくい止める方法はありますか」
…、と言った質問を受けました。

別れの理由が何であれ、人の心変わりをくい止める方法など、
ありはしません。
もし、奇跡的な可能性があるとしたら、
静かに別れを受け入れることかもしれません…。
男性は自分の所有物でなくなった瞬間、手放すことが惜しくなるなるようです…。
簡単に別れを切り出す様な男性は、一度付き合った女性は、
別れても復活できるものと思い込んでいる節があります。
そんなイミテーションの繋がりは、
情ではなく欲情だと感じるべきですね…。


そんな風に言った記憶がありますが、
その後も、復縁鑑定のお申し込みも多く頂きますが、その殆どが難しく、
仮に一時的に関係を継続させたとしても、それは時間の問題で、
壊れてしまうまでの期間よりも、ずっと身近な月日で終を迎える様です。

分かっているんだけど、やっぱり忘れられなくて…
そんな人でも、好きなんです…

そう呟く、ご依頼者の方も、また少なくないのも現状なのですが、
好きだという感情が、自身の何処から生まれているのかを、
一度考えてみることも大切なことだと思います。

一度経験をした恋愛の中での喜びや、官能なのかもしれませんし、
時折見せる表情や仕草、癖…、という一場面なのかもしれませんが、
大切なことは、そこへの執着は、ご自分を幸せにしているのでしょうか…。

関係への執着は、決してではないと私は思っています。

後悔も未練も全て受け入れ、生涯関わり合いを持つことが無くなったとしても、
その人との出会いや、人生の過程の中で共有した時間を尊び、
されていたことを確信できるのあれば、
きっと、執着から解放されるものと思います。

そして、その後にどんな出会いや恋愛をしようと、
その人へのが消える事はありませんし、
それは、次の人への裏切りではありません。

愛は、関係性とは無関係だからです。

ご自身の感情は、愛なのか、それとも欲情への執着なのか…、
自分自身と決着を付けてみては如何でしょうか…。

きっと、夏の太陽は、あなたの勇気の味方になってくれるに違いありません。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 鑑定 依頼者 別れ 感情 欲情 執着 復縁 恋愛 関係性

新たな時へ

人の視点や受け取り方というのは、千差万別です。
私達は、そういった個人的主観を一定の尺度を通して、判断していますが、
その尺度こそが、モラルなのだと思います。

でも、そのモラルにも、やはり個人的主観が大きく絡み合って、
様々な問題を引き起こしているようです。

アメリカの訴訟問題というのは、正しくモラルの多様化、乱用の象徴ではないでしょうか。

例えば、飲食店において、何らかのトラブルによって争いになり、
そのお店で使用しているグラスで、相手を殴った為に、怪我をしたとします。
当然、殴った方のモラルの問題だと思いわれますが、
殴った行為と、相手が怪我をした事実は、全く別次元で判断されるのです。
つまり、仮に殴ったとしても、大きな怪我を引き起こす様なグラスを、
製造したこと自体に問題がある…、といった訴訟問題が発生するのです。

言い掛かり…、きっとこれまでの私達日本人の多くの方が、
そう思われるに違いありませんが、其れこそが個人的主観の違いなのです。

「目的以外のことには使用しないで下さい」
今では、輸入品ばかりではなく、国内生産の殆どの商品にも、そういった事が明記してあります。

私達が、人として当然の見解、意識、行動…、これをモラルと解釈していますが、
この「人として…」こそが、意識思考ではなく、
スピリチュアル=「」だと思うのです…。

そうでなければ、モラルとは、単なる人間の理想像になってしまいます。

性善説性悪説、諸説様々ありますし、その捉え方も色々ですが、
私自身は、人のスピリチュアル=「」に悪はなく、
環境や経験の影響、そして精神的疾患により、思考に問題が生じ、
その結果としての悪行だと考えています。

タイトルは忘れてしまいましたが、以前に観た映画の中で、
人種差別を題材にしたものでしたが、犠牲者は黒人の子供で、被告人は白人男性。
正当防衛を主張する裁判は、陪審員の殆どが白人でした。

圧倒的に被告人にとって優位にはこんでいた裁判を、
一気に逆転させたのが、思考による言動の誘発ではなく、
陪審員のスピリチュアル=「」への訴えだったと記憶してします。

もう直ぐ、この裁判が終わろうとしています。
最後に、陪審の方々にお願いをします。
目を閉じて、今回の被害にあった子供が、あなた方のお子様でもいい、
お孫さんでもいい、白人の子供だったと想像をしてください…。

こういった言葉だったと思いますが、
判決は、一転して「有罪」となりました。

人種差別は、人のから起こるのではなく、思考が引き起こしているのです。

私は、幼い頃から「考えなさい」と、よく言われてきましたが、
で感じなさい」と言われた記憶がありません。

世界は、考えることから、感じることへ向かわなければならない…、
そんな時代に入ったのではないかと、胸を痛めています。



↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : スピリチュアル 性善説 性悪説 モラル 意識 思考 感じる 視点 個人的主観

生涯忘れない…

自分を救ってくれた人…
そんな人の存在がいらっしゃるでしょうか…。

梅雨明け前の宮城は、不安定な天候の中、悲しいほどの小雨を繰り返しています。
朝食を済ませ、重い腰を上げ、毎日の掃除を終える頃には、
額から汗が流れ落ちるほど蒸し暑く、シャワーを浴びて仕事に取り掛かるのが、
この頃の日課になっています。

さて、と飲みかけのグラスを持った瞬間、
何の前触れもなく、かつて私を救ってくれた人の顔が、脳裏を霞めていきました。
今から十六年ほど前、私が自分の店を作った時、
借りられるはずだったお金が、突然にダメになってしまい、
既に建築工事が終了した状態で、途方に暮れていた私に、
「ママになら、俺が貸す」…、といって一千万円もの大金を貸してくれた人です。

その時の瞬間を、私は忘れたことがありません。
時計の針がカチッと進んだ瞬間に、地獄から救ってくれた言葉でした。

一切の個人的な付き合いなどなく、勿論、特別な感情を抱いてくれた方でもありませんが、
雇われママとしての最後の日にも、お花を贈ってくれ、
自分のお店を持つと話した時にも、励まし応援してくれた人でした。

お金を受け取りに伺った時、
ありがとうございます…、の言葉以外の言葉が見つからず、
救われた自分の心を伝えきれないことに、深いもどかしさを感じながらも、
何度、「ありがとうございます…」を繰り返しただろう…。

帰り際に、ビルの脇の細い階段の上から、
「ビックになろうな」
…、そう言った、その人の姿は、今でもハッキリと脳裏に焼き付いています。

自分で約束した期限を五年も延びてしまったけれど、
返し終えたのが、今から十年ほど前です。

経営者として、一人の人間としての苦悩が消えることなどありませんが、
あの時、言葉には出来なかった感謝の想いは、
その後のどんな苦悩も乗り越えなければ、あの時の苦しみも感謝も嘘になってしまう…。
それが、私の全てのエネルギーの源だったかもしれません。

「ビックになろうな」
確かに、私は大きく頷き、に誓ったのです。

グラスを持った手を下ろした時、涙が溢れて止まりませんでした。
あの時の感謝の気持ちが、まるで昨日のことの様に蘇り、
ありがたくて…、ありがたくて…。

生涯忘れない…
時折、私達はそう言いますが、それは記憶に残ることではなく、
」の奥底に刻まれることを指すのだと思います。

まだまだビックにはなれないけれど、
救われた自分だからこそ、救える何かがあると信じています。
そして、生涯忘れない…、
そんな、人となりたいと思っているのです。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 苦悩 感謝 地獄 救う 救われる 救って

霊視鑑定 (総合)


----- Original Message -----
From:
To: 灯りの扉
Sent: Thursday, July 01, 2010 5:38 AM
Subject: ●●です。ありがとうございました。


何回もお返事頂き、本当にありがとうございます。

先生のお言葉を何回も何回も繰り返し拝見しておりました。

本当に、今までの人生…先生はわかってらっしゃると思いますが、人付き合いが苦手でした。
苦手というより、好き嫌いが極端なのです。好きな相手とはとことん仲がいいのですが、嫌いな相手には
とことん嫌われる。それも全て私の出す『オーラ』のせいなのでしょうね!不思議なことに、その嫌いな
相手は仕事上いつも重要なポストに就いているのです。先日、うつ病になり辞めた会社でもそうでした。

まぁ、仕方の無い事だとは思いますが…

『生きる資格』は必要無い、『生き抜く使命』がある。この言葉に感銘を受けました。今まで、そんな事考えた事
も無かったからです。

『生き抜く使命』…何があっても、生き抜かねばならいのですね!自ら生きる事を放棄したらいけないのですね。
言葉では理解できました。心で理解出来るのには少々の時間が必要かもしれません。

今すぐに今までの自分と決別できればいいのですが、どうなんでしょうか?自分でもわかってるのです。
何をやろうとしても、先の事ばかりを心配して一歩を踏み出せない!やろう!!って思っても、すぐに『出来るのだろうか?』
と気になり、結局何もしない。先生の指摘そのままです。

『自分の為に生きる』のではなくて、『愛する人の為に生きる』のですね。そこを、勘違いしていたような気がします。

彼女と知り合った時『自分の為に生きたい』って彼女に相談しました。彼女はわかってくれて、『自分を大切にして!』と
言ってくれました。本当に彼女には感謝しています。これからの人生を捧げたいと思ってます。

だから、一生懸命頑張らなくてはならないのですね。

今、いろんな事が頭の中でグチャグチャになってます。先生のお言葉が身に染みて…

とにかく、マイナス思考をやめれるように努力をします。まずそこから始めたいと思います。すぐに出来るかどうかは
わかりませんが…

私の為に、お忙しいところ何回も返事して頂きありがとうございました。

マイナス思考になった時、落ち込みそうになった時、先生のお言葉を読みなおして頑張っていこうと思います。

また、何かありましたら報告させてください。また、鑑定を依頼するかも知れません。

本当に、先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

カラダに気をつけていただきますように。


私達は、誰もが日常生活の中で、「」の上昇や低下を繰り返しながら生きています。
それは、特別なことではなく、ごく当たり前に自然に起こっているのですが、
仮に低下している時期に、何らかの問題が発生して、
更に追い討ちを掛けるように、元、やる…、
といった、「」のを著しく失っていく時があります。

日がな一日、出口のない迷路の中を彷徨い、
襲い来る不安と、情けない自分を持て余しながら、
明日が来ることも、生きることにすら苦痛を感じることがあるかもしれません…。

そんな時には、どうぞご自身の胸に両手を当ててみてください。
感情や意思とは、何ら無関係に、あなたを生かすべく、
心臓は鼓動を打ち、血液を流し、それぞれの臓器が、
休むことなく、何一つの文句も言わず、あなたの為に動いているのです。

心が病んでしまったら、自身の肉体に救われ、
肉体が病んでしまったら、心に救われ…、
そうして、生き抜いた先には、きっと生き抜いた者にしか知り得ない、
何かがきっとあるはずだと、私は思います…。

休みながらでもいい…
立ち止まってもいい…

生きることを止めさえしなければ、
何かの役にたてるものです。



↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 鑑定 オーラ 使命 資格 マイナス思考

家庭・恋愛


----- Original Message -----
From:
To:
Sent: Sunday, May 16, 2010 4:23 AM
Subject: お礼 ●●●●●です。


> 上杉先生
>>
> 今日は大変丁寧な鑑定を本当にありがとうございました。
>
> 今いろんな思いが渦巻いていて
> このメールはひどく長くなりそうですがどうぞお許しください。
>
> 今日がお話するのは初めてということもあり
> 最初は少し緊張していましたが、それはすぐに溶けていきました。
>
> 心を丸裸にされたようで
> とても恥ずかしい気持ちになった反面
> 本当に楽になりました。
>
> 昔から、人に弱みを見せてはならない、
> そう自分に言い聞かせてきました。
> なぜだかはわかりませんが
> 大阪弁で言う所の「ええかっこしぃ」なのかもしれません。
>>
> 親にも親友にさえも、なかなか自分のすべてを
> さらけ出すことができずにいました。
> それはこれからも変わらないと思います。
>
> そうやってがんじがらめになった心を
> すこしずつ解きほぐしていただいた気がしています。
>
> ここ1年くらい、気持ちが追い詰められると
> 発作的にYahoo! の占いをいくつもやったり
> 当たると評判の占い師さんを何人も訪ねていったりしていました。
> 時間もお金もたくさん使いました。
> それでも、終わるといつも納得ゆかず、悶々としていました。
>
> 霊視鑑定は初体験でした。
> でも、ずっと、そういう方と巡り会いたいと思っていたんです。
> ただ、「まがいもの」があまりに多いとも思っていました。
>
> ネット霊感占いで検索すると
> それはそれはたくさんの人達が上がってきます。
> 「ホントにこんなにたくさん霊視のできる人がいるの?」
> 素朴な疑問でした。
>
> でも、それらのサイトやクチコミサイトをくまなく見てまわり
> 上杉先生のページにたどり着き、先生のお写真を拝見したとき
> 「この人なら大丈夫!」と確信したのです。
>
> 私は人との縁を見抜く力にはちょっと自信がありました。
>>
> その自信が、今回の相談内容の原因を引き起こしてしまったのかもしれませんね。
> 彼との間には何かある、そう思いこんでしまっていました。
>
>
> そして、私は人を見る目にも自信がありました。
> なのに、「見えていない所がたくさんある」と言われ
> 優しくて、誠実な人と思っていた彼が
> 実はそうではない、と聞かされたのは
> 正直言って、ショックでないと言えば嘘になります。
>
> でも、もう一度、呼吸を整えて
> 先生にお話いただいた事を頭に置いて
> 彼の事を自分の目で見直してみます。
>
> 2年半も、好きでいた人です。
> 情けない事ですが、急に気持ちが冷めてしまったり
> 明日からもう全く会わなかったりはできないと思います。
>
> でも、上手に終わりにもって行けるよう頑張ります。
> やっとそういう風に思えるようになったのは大きな前進です。
>
> お話できていなかったのですが
> 実は彼と会った頃、私はうつ病の治療中でした。
> うつ病になるきっかけを作ったのは他でもない、夫でした。
>
> 彼と会ってから、ウツはどんどんよくなって行き
> 半年後に薬を辞める事ができました。
>
> ウツだった3年間、ほとんど笑う事がなかった私の顔は
> ひどく老け込んでいました。
> 3年間毎日ソファの上でボーッとしていたので
> 全身の筋肉が衰えて、大変な事になっていました。
>
> 彼を好きになって、何とか若返らなければ! と
> それはそれはいろんな努力をしました。
> 結果、最近では周りから「年々若くなってる」と言われます。
>
> それだけでも、まぁ、良かったかな、と
> そう思うことにします。
>
> 夫へのわだかまりは、最近ようやく溶けつつあります。
> 先生がおっしゃっていただいた通り
> 夫ほど私を深く理解し、愛してくれる人は
> なかなかいないと思います。
>
> こんなワガママ勝手で好き放題の私を
> パートナーに選ぶなんて大した人です(笑)
> 何とかずっと一緒に居られるよう努力してみます。
>>
> 祖父の事や、祖父が私に対して思っていた事が
> 聞けたのは何より嬉しかったです。
> 帰宅して、すぐに祖父の写真に手を合わせ
> 今日の事を報告しました。
>
> きっと、またすぐに
> 先生とお話したくなる気がしています。
> そして、そう遠くないうちにお会いできれば嬉しいです。
> 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
>
> 本当に長くなってしまって申し訳ありません。
>
> たくさんの感謝を込めて。。。
>
> ●●●●●
>
  
>
一人の人生の中で、どれだけの出会いがあるのでしょう…。
たった一言でも言葉を交わした方を含めれば、
気の遠くなるような出会いの数々だと思います。

そんな膨大な出会いの中で、たった一時でも心が揺れ動いたり、
恋愛関係に結びついたり、結婚まで発展していったりと、
人生の中に深く関わりを持つことになった方は、
きっとひと握りに違いあいりません。

どんな時期に、どんな出会いをしたのかによって、
その後の心のウェイトも違ってきますが、
私自身を振り返っても、自分にとって必要な時に、必要な人との出会いが、
必ずあった様に思います。

ただ、その人が生涯を通して、傍にいてくれるとは限りませんし、
自分自身も、それを選択するとは言い切れません。

だとしたら、その人との関わり合いは何だったのだろうか…。

そうお考えになられるかもしれませんが、
私達は、この人生の中で、
たった一人の人に辿り着くために生きているのでしょうか…。

肉体が離れても、その出会いによって受け取った様々な喜びや、
学び、気付き…、は自身の中に間違いなく生き続けているのではないでしょうか…。

どんな出会いにも、
ありがとう、あの時、あなたと出会えたから…

そう言えれば、それだけで出会いの意味があると思います。




↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 霊視鑑定 鑑定 ネット 霊感 占い 口コミサイト うつ病 恋愛 結婚 出会い

恋愛・結婚

> 上杉 安可吏さま
>
> お世話になっております。杉本です。
> 鑑定結果をどうもありがとうございました。
>
> ホントによくおわかりになるのですね。
> 感想は「やっぱりな」といった感じです。
> 言われたこと全て心当たりがあり、わざわざ観てもらわなくても良かった
> んじゃないかと思うくらいです・・・苦笑
>
> でも言って頂いたお陰で、やっぱりそれが原因と気づくことが出来ました。
> ただ、自分でも気づいていてずっと直せない位ですので、どうしたらいいか、
> とまどっているところです。何故そのようになってしまったのかも。。
> これから良い出会いがあるどころか、このまま行けばずっと一人と言われたこと
> もショックでした。。
>
> 安可吏さまが、私のことを不安がらせないようやさしく仰ってくれたのだと思い
> ますが、普通の人であれば見える結婚縁も、現状の私には全く見えなかったと
> いうことですね。
>
>>7年前も恋愛に関しましても、感情も、スピリチュアル=「」に関しても、
>>お互いに深く入り込んでのお付き合いでは、なかったのではないでしょうか‥。
>>その後の、二股の関係に関わった方とも、同様だったのだと思います。
>>あなたご自身も、そのお二人に対して、ご自身の感情やを掻き乱される程の、
>>お気持ちもなかったのだと思います。

>
> 全くその通りです。
> 振られたときはショックでしたが、確かに彼らと深く入り込んで付き合っている
> ような感覚はありませんでした。
>
> ある時期(30を過ぎた頃)から恋愛運がなくなってしまったような感じで、誰
> とも「心から信頼出来る関係」にはなれませんでした。信じて裏切られるという
> ことを何度か繰り返したので、どこかでガードしていたのだと思います。
>
>>会話が続かなくなってしまう様な、断定的な言い方‥、言葉尻の冷たさ‥、
>

> あると思います。
> 自分にその気がなくても、冷たいと取られることは大いにあったと思います。
>
>>話し方や語尾に、意識されてみて下さい。
>
> がんばってみます。
>
>>あなたが男性であったら、今現在のあなたご自身に対して「可愛げ」のある
>>女性だと、感じられるでしょうか‥。
>
> 重々承知しております・・・・
>
>>男性と肩を並べ、同等・対等であろうとされるお気持ちに繋がってしまい、
>>女性らしさを忘れてしまわれていらっしゃるのかも知れません‥。

>
> その通りだと思います。
> 男性の多い職場で、女性は軽く見られることが多く、負けないようにがんばって
> きた結果がこれだとしたら、とても悲しいことですね。。
> 若い頃、女性らしくするとセクハラに近いような扱いを受けたりしていたので、
> 男性が私を女性扱いするのが、セクハラや差別に感じ、イヤだった時期もありました。
>
> 多分そのせいもあると思います。
> でももう若くはないので、自意識過剰ですね(笑)
>
>>他人が、ご自分をどういう女性だと感じているのか‥、既にあなたは、お気付
>>きになられていらっしゃるはずでございます。

>
> 理解しております。
> 全く可愛げのない女性だと思われても、仕方ないと思います。
> 少し言い訳になってしまうかもしれませんが、今片想いしている男性を含め、
> 趣味の仲間達は、私のことを女性としてあまり扱ってくれません。
> それは、たいてい自分一人で出来るからで、いざ甘えようと思っても許されず、
> むしろ周りをフォローする男性的な役割を求められます。
> 先日も、仲間の一人に「(結婚なんて)もう遅いし無理だろ。」とはっきり言われ、
> 女性の対象ではなくなっていることを痛感させられました。
>
> 昔はここまでの性格ではなかったと思うのですけどね・・・・
> 今は、誰にも頼ることなく生きていかなければならないので、ますます強くなって
> いく自分を感じています。
>
>>このまま、何ら変化のないあなたご自身でいらっしゃいますと、ご結婚
>>「運氣」を引き寄せ難く思われます。

>
> やっぱり、厳しいですよね。
> 出会いも見えていないということで、当分一人ということですね。。
>
>>つまり、先に選ばれる事を前提とした、思考に切り替えられて下さい。
>

> ホントにその通りと思います。
> これもある時期からですが、好きな人に選んでもらえなくなったように感じます。
> 年齢のせいだと思っていました。
> その頃はまだ、ここまでひどい性格ではなかったと思うのですけど・・・・
>
>>男女の仲にも、親しい恋人未満の友人関係もございますが、其処までの親密さ
>>もないようでございます。
>

> 全くその通りです。
> 一時期、仲が良かったと感じていたのですが、それは勘違いでした・・・
>
>>その男性との恋愛を成就させようと、何らかのアクションをされれば、現在
>>の友人関係もギクシャクされる懸念がございます。

>
> それも感じています。なので、アクションを起こすことはないと思います。
>
>
>>一番は、あなたがご自分と「縁」のある方と、一日も早く出会われる事で
> ございます。

>
> そうですよね。
> そのために将来に期待して霊視でこれからある出会いを観て頂いて、意識を
> 向けようと思ったのですが、とても残念な結果でした・・・苦笑
>
>>現在、好きな気持ちを諦めようとされれば、その行為そのものが、その男性
>>への執着に繋がっていきますので、逆効果でございます。

>
> ということは、どうすればいいのでしょうか?
> 告白はせず、好きで居続けるということですか?
> 諦めることも、進むことも出来ない・・・?
>
>>「愛される女性像」から、ご自身が目を背けられていらっしゃる事ではないか
>> と思います。
>> ご自分を変える事が、あなたのプライドが許さないのか‥、頑なに、これまで
>> のあなたを押し通そうとされる「念」が感じられます。

>
> はい、仰るとおりです。。
>
>>あなたが本来お持ちになっていらっしゃる、弱いご自身が誰かに寄り添いたい‥、
>>そのお気持ちに正直で、忠実になられ、それを言動・行動で示されれば良いだけ
>>の事でございます。

>
> これをやると、迷惑が掛かる、重たいと思われる、めんどくさいと思われる、
> 嫌われてしまう、、等々考えてやっぱりブレーキが掛かるのです。。
>
>>あなたに、恋愛結婚の「運氣」が無いのではなく、あなたご自身の偏った思考
>>と行動が、その「運氣」を遠ざけてしまわれていらっしゃる事を、決してお忘れ
>>にならずに、「愛される女性像」と向き合われてみて下さい。

>
> はい。ありがとうございます。
>
> ひとつ質問なのですが、人はみんな恋愛結婚の運気は持っているものなので
> しょうか?
> やっぱり、生涯独身であったり、子供を持たない運の人もいて、そういう人は
> 最初から判るものなのでしょうか?
> それとも、私のような人がそのまま生涯独身となったりするのでしょうか?
>
>>あの時、ご自分と向き合い、ご自身を変えて良かった‥、と時間出来る瞬間が、
>>必ずやって参ります‥。
>>誰の為ではなく、あなたご自身の、心から望まれる将来の為に‥。

>
> 変えられるよう努力します。
> あの・・・もし良かったら、何か一つでもいいので、希望が持てる未来の事柄や、
> 今の状況を教えて頂けませんか?
> 相手はどのような人が良いとか、縁があるのはこんな人とか、いつ頃出会いが
> あるかも、とかなんでも結構です。。
> (そのようなことは判らないでしょうか?であれば、ずれた質問ですみません。。)
>
>>その事にお気付きになられましたら、きっと可愛らしい奥様になられ、そして
>>人として大切なものが何かを伝え、導く事の出来るお母様になられるに違い
>>ありません‥。

>
> そのような日が来ると良いです。。
>
> 「可愛げのある女性」がどんななのか、もうすっかりわからなくなってしまって
> いますが、努力したいと思います。
>
> 本当に、いろいろとアドバイスをありがとうございました。
> 暑い日が続きますが、ご自愛ください。
>
>
> ●● ●●


三年ほど前に、メールでの感想を頂戴したものですが、
私が送らせて頂いた、霊視鑑定結果に対しての応答の様な形になっております。

人は多かれ少なかれ、他人が自分をどう捉えているのかを、
漠然とはしていても、或程度感じているものです。

殆どは、印象や印象深かったところによって、
決定づけられてしまいますが、
それを知ってしまいますと、事実かどうかは別にして、
悪い評価でなければ、「そう、あらねばならない…」「あり続けよう…」と、
思考の中にインプットされてしまい、多少の無理があっても、かの如く振舞うようになります。

生活環境の中にあっては、そう振舞うことで有利になることも、
心地良さを感じる場面もあるかもしれませんが、
大切なことは、振舞う自分を認識していることだと思います。
その認識は、本来の自分をも認識することでもあります。

誰もが、幾つもの顔を持って社会生活、日常生活を送っています。
一つでなければならない…、なんてことはないのです。



↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

タグ : 鑑定結果 霊視 運氣 スピリチュアル 恋愛 結婚

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ