プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

脳は知っている

先日、脳科学に関しての、最先端技術の番組を見る機会がありました。
まだまだ解明されていない事だらけの分野でも、ここ数十年の間の技術には、
目を見張るものばかりで、解明し続けている学者の方々の素晴らしさも、
又人間本来が持っている能力の素晴らしさに、ただただ驚きを隠せません。

人が人を好きになるメカニズムすら、脳科学の分野では、理論的に解明されているようでした。
私達のは、始めて出会った人を、わずか数秒の間に、好きか嫌いかの判断をしているそうです。
驚くべきが、その判断を、知性脳である大新皮質ではなく、
本能である爬虫類脳とよばれる、脳の中でも最も動物的な部分で行っているようです。

霊視鑑定をさせて頂いていて、恋愛夫婦関係霊視は圧倒的に多いのですが、
これを知ることによって、感情と思考が複雑に交差し続けるご依頼者様の気持ちに、
少し近づけた思いでした。

爬虫類脳…、つまり本能の脳によって好きだという感情に気付き、
その感情の裏付けを、私達の思考…、知性脳がその理由付けをしているのだと思いますが、
密接な関わり合いを持った結果として、知性脳本能の脳より主導権を握り、
「こんなはずじゃなかった…」
「こんな人だとは思わなかった…」
という状況に陥ってしまう訳です。

でも、元々「こんなはず…」も「こんな人…」も、
自身の思考が、本能の脳が感じ取った好きという感情に、
勝手に付けた理屈に過ぎません。

好きだからと言って、上手くいく訳ではない…。
遠い昔に、誰かが言っていたことを思い出します。

本能の脳…、って何だろう?

きっと、私が今の私になる前のワタシなのかもしれません。
それは、ずっとずっと遥か遠くのワタシが経験をした様々なことが、
いっぱい詰まったアルバムが、本能の脳なのかもしれません…。

本能の脳が知っている、遥か遠くのワタシが恋をした人は、
どんな人だったのだろう…、とハラハラと舞い落ちる桜の花弁を眺めています。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ







タグ : 霊視鑑定 本能 恋愛 夫婦関係 霊視 脳科学 爬虫類脳 知性脳

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ