プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

リセット

一年お疲れ様でした。

やれなかった事や、やらなかった事が次から次に浮かんでくるけれど、
ここまで来たらジタバタしても始まらない。

全部を今年という袋に詰め込んで、投げ捨ててしまおうと思います。

そして、なりたい自分の思いをいっぱい詰めた新しい袋を背負って、
また歩き続けて行こうと思っています。

良いお年をお迎えください。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

思考に勝てない 生理的感情

11月半ば、二人目の孫が誕生しました。

やはり、感じていた通りに女の子で、
これまた感じた通り、大きな喜びや感動を素通りして、
これから起こるであろう日常の大変さや、降り掛かってくるであろう憂鬱さが、
私の精神を著しく圧迫していました。

「可愛くないのか」
息子は少し不機嫌そうに言います。

「そんなことはないよ」
可愛いと言えない自分に疑問を感じたのは、息子だけではなく、
この私自身でもあります。

妊娠を知った時に、
「その子は女の子で、残念ながら長男より可愛くない」と言ってしまい、
その時には、笑い話のように誰もが曖昧に聞き逃したことですが、
私はいたって真面目で本心だったのです。

本来であれば、お嫁さんの実家でお世話になるのでしょうが、
原発事故の影響は其処にもあって、
どう考えても私のところに来る選択肢以外はなく、
出産と同時に息子と長男の孫がやって来て、
退院後は、お嫁さんと生まれたばかりの女の子が加わった。

私の日常は根底から変わり、総てが息子たち家族中心の生活になり、
何がストレスと感じているのかすら整理がつかない程に、
イライラし、そのイライラ感を出すまいとして、更にイライラし、
現状と自分とを調和させることに翻弄した二十一日間でした。

明日には、息子たち家族は自分の家に戻っていきます。

そこで改めて、生まれたばかりの女の子、二番目の孫…、は可愛いのだろうかと、
自分に問いかけてみたけれど、
私自身の中の感情を揺らすものが確認できませんでした…。

何故なのだろう…

これは、妊娠を知った時から私の脳裏を過ぎっては、
シャボン玉のように消えていった疑問でした。

元来、子供が好きではないという気質も加わってはいるのかもしれませんが、
初めての孫の時には、「無責任な可愛さ」というものを人並みに経験したし、
バーバの宝物と豪語するほど、愛おしいのに…。

血の繋がった二人目の孫に、特別な感情が流れないことに対して、
あれこれと模索したら、若しかしたら…、というところにたどり着いた。

それは、息子が産んだ孫ではなく、
嫁が産んだ孫だということ…。


しかも女の子であったために、その子に嫁を重ねてしまうのかもしれません…。

上手くやっていこうとお互いが努力して、関係性が良好であるのは事実なのですが、
それは、何をどう考えても、既に息子の嫁になってしまったからであって、
もし息子の嫁でなければ、好意を感じられない女性だったからだと思うのです。

その感覚は理屈でも、私の思考でもなく、
生理的なものとしか言いようがありません。

彼女の長所も知っていますし、息子の不満から彼女をかばうことも年中ですし、
彼女だから、息子の嫁がつとまっているのだと実感もしています。

思考は冷静に状況を判別し、的確に判断できるにも拘わらず、
こんなところに、本心・本意の感情が関与していくものなのかと、
自分のことながら、情けなくも恐ろしくもあり…。

「ばあば」と呼ばれた瞬間に、総てが払拭され、
関わり合う時間の長さと無邪気さが人の気持ちを変えると、
改めて掲載したいと心から願っているのです。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 霊視鑑定 鑑定 霊視 苦悩 波動

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ