プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ご供養

先週の土曜から、既にお盆休みに入っている方もいらっしゃるそうで、
羨ましい限りですが、長い休暇があったら何をしようかと考えてみると、
じゃ海外へ飛ぶか~、との発想にはならずに、
日帰り温泉施設で少しのんびり…、とどうも休日の過ごし方が貧困です。(笑)

殆どの方は休日中の何処かに、
ご先祖様のご供養にあてられているのではないかと思いますが、
お墓参りが難しい方は、お部屋の何処か…、
カップボードの上でも、玄関先でも、
お香を焚いて手を合わせられるだけでも良いと思います。

盆棚の作り方というものを見ましたが、其々に意味のあるものが飾られ、
結構なボリュームでした。

何が大事かといえば、お墓のお掃除をしながら、
盆棚を飾りながら亡くなられた方を偲ぶ心であり、
自分が元気で、ご先祖様方のご供養をさせて貰える、
そのことに対しての感謝だと思います。


だから、日々手を合わせ感謝しながら敬うお気持ちを持った方にとっては、
特別なことではなく、日常なのだと思います。

マンションなど、住宅事情によって迎え火を焚くことが出来ないのなら、
ベランダに出て、大空に向かって「お爺ちゃんこっちだよ」と叫ぶのも、
テーブルに精霊馬を飾って、おしゃべりをするのも、
こうでなければならないという形に捉われない、
本来のご供養なのかもしれません。

休日の中のほんの僅かな時間を、
ご先祖様を感じるために使ってみては如何でしょうか…。

きっと、何よりもご自身のお気持ちが清々しく感じられるはずです。



↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

無料相談のお詫び

以前に掲載いたしました「無料相談」に関してですが、
詳しくは追って掲載しますと追記したものの、
その直後から、本当に沢山の方々からのお申込みを頂きまして、
具体的な流れ等に関して、現在検討中である旨の返信をさせて頂いています。

ブログを読んで頂ければ意図が分かって頂けると思うのですが、
冷静な思考判断がつけば、
霊視鑑定をされなくても済むのではないかといった状態のことに関して、
無料でのご相談を一か月に一名ほどだったら…、というのが始まりでした。

そういったことを書いたつもりだったのですが、
現実的には、無料霊視鑑定を受けられると勘違いをされた方がとても多く、
何でこんなことに…、というのが本音です。

加えて、無料にする意味が分からない、
料金を支払っている人に対して失礼では…、
と沢山の感慨深いお叱りも受けました。

もっとお役にたてるのはないかと考えたつもりが、
実際には、その一点だけしか見ていなく、
沢山の立場の方々のお気持ちに添わないことを実感しました。

一旦白紙に戻させて頂き、
皆さんが気持ち良く受け入れて下さり、
むしろ応援をして頂ける様な方法を見つけようと思っています。

安易にブログに掲載してしまい、
期待をされた皆様や、不快を感じられた皆様には、
本当に申し訳なく、この場をお借りしましてお詫び申し上げます。
強調文

タグ : 霊視鑑定 無料 相談 苦悩 問題

精霊馬

私の体内時計は、随分と前から実際の時の経過には付いて行けなくなっていますが、
本当に時間が過ぎるのが早く、もう八月だなんて、
頭の片隅で「今年も終わってしまう…」と、妙な危機感に襲われたりします。 (・・;)

スーパーの出入り口付近には、七月に入った頃からお盆の準備品が重ねられていて、
まだずっと先のことだと一瞥して通り過ぎていました。

父方のお墓は、福島原発事故の影響で、未だに帰宅時間が制限されている居住区にあって、
震災後、一度もお墓参りが出来ていません。

ただ皆さんに申しあげてきたように、お墓でなければならないことはなく、
大切なことは感謝の念を持って手を合わせる、その心にあると思っています。

ですから、震災後もお香を焚いては手を合わせ、
両親を始め家族の健康を感謝しながら、
時には図々しいお願いなんかもしたりしてきたのですが、
気になって仕方がないのも事実で、
今年は長靴を持って山を登ろうと思っています。

ってどこにあるんだろう…、
毎日ご依頼者様の苦悩問題と向き合わせて頂きながら、
そんなことをふと思ったりもします。

きっとこうだろう…、
多分そうだろう…、
カタチがなくて見えないものだから、
決まって「だろう…」がつくけれど、
感じる為のものだからなのかも知れません。


お盆の時に飾る、馬と牛に見立てたきゅうりとなすを知っていますよね。
私の父は長男ではなかったので、
先祖代々のお仏壇が家にはなく、
そのきゅうりとなすの「精霊馬」を知ったのは、
随分と大人になってからでした。

始めてみた時には、その姿の可愛らしさに、
お盆ご先祖様と結び付かなかったものです。

いつの時だったか、お上人様の説法に
精霊馬のお話しがあって、
ご先祖様があの世とこの世を行き来するための乗り物で、
出来るだけ早くお越しくださいとの気持ちから、
の入りにはきゅうりの馬で、
お帰りの際はお土産を沢山積んで、
なすの牛でゆっくりとお帰り下さいという、
ご先祖様への思いだと知りました。

そのものは見えなくても、
こうして風習を守ろうとする姿勢や、
きゅうりとなすに見立てられた「精霊馬」に、
映り出されているのだと思います。


お盆を前に

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 精霊馬 ご先祖様 お盆 苦悩 問題

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ