プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

霊視鑑定は、未来の断言ではなく創造であれ

霊視鑑定のご報告がメールの際には、
送信をクリックするとき、
お電話での際には着信音と同時に、
いつも深呼吸をします。

何かを意識してというよりは、
氣がついたら、そうしていたという方が正しいと思います。

始めた頃には緊張を解くためだったのかもしれないし、
お辞儀と同じ気持ちだったようでもあります。

何でわかるんですか
当たってます
その通りです

そう言って貰えることは、心のどこかでホッとするのも確かなことですし、
まずはそこから始まるという意識もあって、
鑑定内容にはない、ご依頼者様やお相手の方のご性格や気質に関して、
霊視によって視えたことをお伝えしています。

霊視ですので、
まずここの部分で視誤ることはないと自負していますが、
仮にあったとしたら、
それ以降の結果がどんなであれ、
文章を読むご依頼者様の心も首も斜めに傾いて、
何も心へは届かなくなってしまうでしょう。

だから、当たってあたりまえで、
問題はそこからなのです。

今という時点で、
先のことが本当に決まっているのでしょうか…。


だとするならば、霊視鑑定は既に決定している未来を、
ただ伝言するに留まってしまいますし、
その時点で未来が決定されていることを、
断言しているようなものです。

人の人生は小さな点と小さな点の集まりが、
沢山の曲線を描き、
時には後戻りしたりしながらも、
一本の線を描いていくこと
だと、
私は思っています。

その点とは、人との出会いであったり、
一冊の本であったり、
様々な何気ない経験であったりします。

この点の一つひとつから感動や刺激を受けたり、
学びへと発展したり、
時に反面教師となり気付きを得たり、
マイナスもプラスも全部含めて、
これらの総てが次の自分…、
つまり未来を創っていくのではないでしょうか。

私は思うのです。
霊視鑑定は知るはずのない過去や、
知るはずもない性格・気質を当てても、
いかなる未来も断言してはならないと…。

膨大なサイトがある中から、
私という霊視鑑定士を選んでくださった、
この出会いの瞬間から、キャンドル一本分くらいの、
明るい未来創造できなければ、
霊視そのものの意味がないと思うのです。

喜ばしいことなら深く考えずに、単純に喜べばいい。
喜ばしくないことなら、
今という時点から未来創造すればいい。

そのための霊視でありたいと、
いつも私は思うのです。

今日も最後まで読んでくだっさって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 霊視 未来 創造

続)幸せのカタチ イブの夜に…

日中の日差しが強く、レースのカーテンを引いたままになっていて、
外がすっかり暗くなっていることに気付きませんでした。

外の気配が静かすぎる…。

「あっ、なのかな」

イブことさら神秘的で、
まるで魔法のように、
何もかもが綺麗に見えるから不思議です。

…との、一抹の期待は、
少しの隙間で一瞬にして消えました。

東京でイブが降ったのは、
もう二十年も前になると朝のテレビで言っていました。
かたや札幌では、ほぼ毎年がだそうですが。

イブが特別じゃなくなったのはいつからだろう…。

年齢とか家族だとか、恋愛や友人だとか…、
そういうものを全部ひっくるめて、
自分にとっての特別なイブの記憶は、
遥か遠い二十一歳が最後だったようです。
耳が凍りそうに寒いで、
が降って来ないかなって、
空を見上げたことまで覚えています。

本当に一緒にいたい人といられないなら、
一人でいる…、


という選択ができるようになったのは、
その特別なイブを過ごした二十一歳の翌年、
二十二歳のイブからでした。

寝ちゃえば次の日! なんてうそぶいて、
別の意味で二十二歳のイブのも、
記憶に残るイブのなんですね。

そしていつのまにか、
イブはただの燃えるゴミの日になり、
お店の集客のための道具になり、
そういえば…、って思い出すくらいのことになりました。

もしあの時の私と同じ夜を過ごしているのなら、
ちょっとだけ贅沢な入浴剤を入れたお風呂に、
少し長く入って、
いつもより部屋の温度をあげて、
冷たいアイスを食べながら、

「私はじゅうぶん幸せだなあ~」
って声に出してみてください。


幸せのカタチはいっぱいあるのだから…。


今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございました

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 幸せ イブ 霊視鑑定

霊視鑑定  白い傷

上杉様



たびたびのメール失礼します。

上杉様からのメールを読めば読むほど気持ちが楽になってきました。

今までは、彼からの連絡がないと不安で、

週末さえ、落ち着いて過ごせない日々でした。

彼女と一緒にいると考えただけで、

苦しくなっていました。



でも、今は穏やかです。多分、鑑定の写真よりも

表情も穏やかになっていることと思います。

彼のことは愛していますが、

内心、深い関係になれてきて不満な部分もありました。

それでも、この関係は続くかもしれませんが、

今迄のように依存するのではなく、

共存できるようにしていけるのではないかと思います。



彼も自傷をやめろといってくれますが、

もっとそばにいてくれる子どもの

私の自傷行為で傷ついてしまうことも

私には絶対したくないことだと冷静に考えられるようになりました。



私自身が後悔しないで幸福感を感じられるような

日々を過ごしていきたいと思います。



子どものことを考えると、

離婚するかどうかはまだわかりませんが、

それでも今までのように後悔はもうしないと思います。

それよりも、楽しみながら生きていきたいです。



本当に上杉様のおかげで救われました。

もう自傷はしないで、自分の人生をしっかりと

楽しく歩んでいけるよう努力していきます。



本当に、本当にありがとうございました。

お礼まで。

●●●●


私たちはみんな、本当は知っています。

どうすればいいのか…、
どう考えればいいのか…、

思考と心とが同じ方向を向いていれば、
それがいちばん幸せに近い状態なのだと思いますが、
多くの人たちがに蓋をして、
心の扉に鍵をかけ、
思考を優先させる。


だから苦しい…。

そんな自分を断ち切りたくて、
そんな自分が変わりたくて、
自らを傷付けてしまうのでしょう。

光の中で白く映し出される、
その無数の傷跡は、
何も生むことはありません…。

痛いと感じる自分を取り戻してください。

今日も最後まで読んで下さって、
ありがとうございました。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 自傷 幸福感 鑑定 離婚 スピリチュアル

愛でるだけで…

TV番組表から興味をひいたものを一応録画しているのですが、
随分と時間が経って、結局のところ削除することも多く、
その選別をしていて、三週連続で録画した「るろうに剣心」を発見。

これは絶対に観る!

以前に第一作目の東京編をTVで観たことがあって、
主人公役の佐藤健さんの、にわか?ファンになった経緯があったので、
三週分を保存して何とか時間を作って観ようと思っていました。

連続して観るのが理想的なのですが、
現実的にそれは困難なので、
一作ずつ分けて観ることにしました。

勿論、敬意を表して第一作目の東京編からです。

幕末から明治新政府に変る混乱期を生きた、
人間の思想や翻弄された人間の悲しみが、
無条件にスピリチュアル=に響きます。

…、といった評論は評論家たちに任せるとして、
兎にも角にも、佐藤健さん役の緋村剣心が素敵過ぎます!

20日間掛けて、ようやく昨夜第三作目の、
るろうに剣心 伝説の最期編」を観終りました。

日本を代表するアクション映画…、
とナレーションが流れていましたが、
側面からみると人ののカタチを見事に表現した、
スピリチュアル=「」の映画だと強く感じます。

多くの方々は既にご覧になられていて、
何を今さら…、ってことだと思うのですが、
TVドラマも再々放送くらいを、
しかも録画で観て泣きながら感動した話をしては、
微妙に引かれています。(苦笑)

そのていでお聞きいただきたいのですが、
三作品総てに心に残る場面やセリフがあるものの、
感動感激だけに留まらずに、

人が生きるということ…、
心とは…、


そう考えさせられ、意識が其処に立ち往生した言葉がありました。

佐藤健役 「緋村剣心」 が、
師匠 「比古清十郎」役 の福山雅治との会話です。

比古清十郎が焼いた陶器で酒を勧められた剣心が、
そういえば師匠はよく言っていました…、
と続きます。

春は夜桜

夏には星

秋は満月

冬には雪

これを愛でるだけで酒はじゅうぶんに旨い
旨くないなら、
心に何らかの傷をもっているということだ


私たちは、もっとシンプルに物事を捉え、
考え、感じることができたら、
今よりも幸せなのだろうと胸をうたれたのです。

今日も最後まで読んで頂いて、
ありがとうございました。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 感動 感激 意識 るろうに剣心 緋村剣心

何のために…

メールで霊視鑑定のご報告をしている際に、
ここの部分の思考を変化させることによって、
ご依頼者様の現状は大きく好転出来ると感じて文章を打つのですが、
打ちながらにして既に、○○○と考えるであろう…、
とても否定的な感情を持つであろうと、
鑑定結果を読まれた、ご依頼者様の感情や思考が視えてくることは少なくありません。

始めは視えてくるお姿や感じるその思いに対して、
如何にしたら、伝えたいことを理解して貰えるだろうかと随分と考え、
霊視によって視えたことを、伝えた後の霊視までをしていたものです。

今現在でも霊視結果を歪めない範囲で、敢えて遠回しな言い方にしたり、
ストレートな言動を避けて、オブラートに包むこともありますが、
それは決して、私自信が嫌われることをさけるためでも、
自分自身を良くみせるためではなく、
ご依頼者様の負の感情によって、
伝えたいことを遮断されては、本末転倒だと思うからです。

ここの部分をこう言ったら、その後の聞く耳を持たなくなるだろうなあ~
嘘っぱちだ!
あたってない!
…って激怒するだろうなあ~

そんな風に視えてくる姿に目をつぶって、
嫌われるであろうことを敢えて書き綴りながら、
祈るように思うのです。

誰しもが人に嫌われたくなどないのです。

私も例外ではなく、あなたに嫌われたくありません。
なのに何故、これを書いているのかを想像して欲しいのです。

霊視鑑定によって、
ご依頼者の思考や価値観を変えようとなど思ったことはありません。

こんな風に思考の方向性を少しだけ変えたら、
他の誰ではなく、ご依頼者様ご自身が解放されることを、
提案させて頂くことしかできません。

変らない選択をする自由もあるのです。

でも思うのです。

変化しないことで幸せならば、
霊視鑑定の申し込みなどしてはこなかったのではないかと…。


自分自身との折り合いをつけることは、
他人と折り合いをつけることより難しいものです。

そんな時、何のために変るのか…、
その原点に立ち戻ってみると、
ふと頑なな感情が解けていくのではないでしょうか。

今日も最後までお付き合いいただいて、
ありがとうございました 


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 霊視 鑑定 変化 本末転倒 解放 鑑定結果 激怒 感情

あのときを思い出して

かなり長い間精神的ダメージを引き摺っていたために、
「ただいまが言いたくて…」のブログを更新した頃から、
それまでの反動か、今度は元気という「氣」が空回りしていたかもしれません。

居住まいを正す切っ掛けをつくってくださった、Tさんに感謝です。

私がインターネットで霊視鑑定をさせて頂くようになって、
もう七年目に入りました。

沢山のご依頼者様の「ありがとう」に支えられて、
長きに渡って霊視鑑定を継続してきましたが、
なかには厳しいご批判を頂戴したり、
「まったくあたってない」との一言だけの感想を、
突き付けられたりしたこともあります。

メールでの霊視鑑定の際には、鑑定結果のご報告の末尾に、
ご感想を頂戴できれば幸いな旨を記しておりまして、
殆どの方が何らかの返信をくださいます。

七年前に初めて霊視鑑定をさせて頂いた時も、
メールでの鑑定でしたが、
当時は現状や鑑定内容すらお聞きしないでの霊視で、
どんな感想がくるのだろうか…、
それ以前にメールが届いているのだろうかと、
ハラハラ・ドキドキだったことを覚えています。

霊視鑑定はあたっていることは当たり前で、
其処からご依頼者様にとっての更なる幸せのために、
どんなアドバイスができるのかが、
霊視鑑定士としての使命だと思っています。

しかしながら、その当たり前のことですら、
視誤ってしまったことも、
ご依頼者様の満足に繋がらなかったこともあります。

だからこそ、何をどう視誤ってしまったのか…、
何処までお話をすれば良かったのかを次への経験値とすべく、
ご感想を頂けますようお願いをしています。

私が今でも、そのお顔もお言葉も忘れることができない方は、
現状も鑑定内容もお聞きしなかった時でしたが、
ご夫婦の信頼関係や愛情を感じながらも、
肉体的に離れてしまっていることを強く感じ、
そこに、奥様の悲しみや寂しさも加わり、
単身赴任中のご主人が浮気をされているものと判断をしました。

ただ気休めではなく、奥様に対しての愛情が失われたものではないことを、
何度も繰り返しお伝えいたしました。

霊視鑑定結果のご感想が時を置かずして届きましたが、
私はその内容を拝見して、
霊視鑑定のあるべき姿と、鑑定士としての責務を痛感したのです。

ご主人は亡くなられていたのです。

ご依頼者の奥様は、最愛のご主人を亡くされた悲しみのうえに、
浮気をしている不名誉な霊視をされたのです。

でも奥様からのメールには、
亡くなっていること以外はご主人の癖や性格、自分との関係も総てその通りで、
しかも一生懸命に霊視をしてくれたことがメールから伝わってきました…、
とお礼の言葉までも頂いたのです。

私がその方を忘れられないのは、
視誤ってしまい、悲しみの追い討ちをかけてしまった後悔は勿論のこと、
その奥様の言葉に配慮愛情を感じたからです。

その愛情は、どんな叱責よりも痛かった…。

霊視に絶対はあるべきではないし、完全ではないと思っています

だからこそ、
私はあの時の痛みを決して忘れはしないし、
懸命であり続けたいと思うのです。


あのときを思い出して…


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 霊視 愛情 配慮 鑑定士 経験値

あなたはを創るもの

「あなたは、あなたが食べたもので、できている」
、というCMが耳に残った。

私の耳に残ったのは男性の声だったと思うのですが、
ブログに書くために正確な…、と思い検索すると、

あれっ!?
っえ~!?

何と味の素のCMで、読み進めると何年も前のシリーズもので、
しかも女性の声だった。

言葉が強烈に耳に残って、すぐさまTV画面を見た時、
シャンプーボトルを見たような気がするし、
軽い男性の声だった…。

「あなたは、あなたが食べたもので、できている」の後に、
シャンプーを入れて検索すると、あった!

CM画像は無かったけど、間違いなく私の耳に残ったのは、
この"髪にごちそう"というコンセプトらしいシャンプーのCMでした。

気を取り直して、
何のCMかは問題ではなかったのですが、
この「あなたは、あなたが食べたもので、できている」という、
シンプルで自然で、そしてもっともな言葉が、
耳に残っただけでなく、スピリチュアルが震えたのです。

きっと皆様にとっては、「今更??」なんだと思うのですが…。

霊視鑑定をさせて頂いていて、
「自分のことが、分からない」
「自分のことなのに、分からなくなった」

私は…、
俺は…、
いったい誰なんだ…、
と深い迷路の中で膝を抱えて座り込んでしまう方は多く、
私もついこの間まで、五年間もの間自分が分からなくなっていましたが、
そうなのです。

あなたは、あなたが考えているもので、できているのです。

何を思考し、どんな行動を起こし(起こさないことも…)、
どんな感情に包まれながらいるのか…。

自分が何なのか分からなくなったら、
難しいことは置いといて、
少なくとも、どんな感情を抱いているのかが、
その時の自分なのです。

私たちは誰もがみんな幸せになる権利があり、
幸せを掴むために生き抜いていくのです。

だから、今何が起こっていようと、
どんな環境にいようと、
自分にとっての幸せを考え、思い続ければ、

「あなたは、幸せでできている」 はずなのです。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル

霊視鑑定 守護霊

上杉 安可吏先生へ

お忙しい中、鑑定をして戴き有難うございました。

息子の守護霊様ですが、幼稚園と小学校の頃に亡くなられたお子様に、
私は覚えが無いのですが、引越しを何度かしておりますので、
その頃に遊んでいた、お友達かも知れません。
憑依霊ではないので、安心致しました。

息子に会いたかった、と思ってくださってたなんて、
病床の時に、息子を連れて、会いに行ってあげたかった…

今回の私同様、息子の状況に変化が有れば、守護霊様の交代があり得そうですね。
その時には、息子とそのお子様共に、
私も同じとして、成長を応援したいと思います。
少しでも早く、その時が来るのが、望ましい事のようですね。

そして、姉の守護霊様ですが、まだ両親に訪ねてはいないのですが、
父の女性の兄弟はご健在ですから、きっと伯母さんかと思います。
先日、姉が『ふっ』と自分にそっくりな女性が頭に浮かんだらしく、
きっとその方だ!と喜んでおります。
とても優しいそうで、ふっくらした、綺麗な方(?)だったと…姉は…言ってました(^_^;)
改めて、守護霊様方々に、ご挨拶をするようです。

やはり、守護霊様がどなたか、そしてメッセージを聞く事は、
自分に取って、生きる力になると、私は思います。
大切な事だと思うのです。
これも、安可吏先生が居るからこそ、知り得る事。
感謝致します。
私は、迷い苦しむ事があっても、光(守護霊様方々)と共に、
この世を生き抜きたいと、思えるようになりましたから。

有難うございました。
とは言え…まだまだ、未熟な私達ですから、安可吏先生、これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

お疲れのところ、本当に、有難うございました。

●●●●

理由は明確には分かりませんが、
守護霊様が変るということがあります。

ご依頼者様のの向上によって、
役目を終えた守護霊様がバトンタッチをするのかもしれませんし、
現世に生まれ変わってくるためなのかもしれません。

このご依頼者様のように、その存在に感謝されるお気持ちは、
関係性をとても強くされて、
実際にメッセージが声となって聞こえたという方もおられます。

大切に思えば大切にされる…。
それはこの現世の人間関係と何ら変わりはないようです。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 守護霊様 スピリチュアル 霊視鑑定 鑑定

 メッセージ 伝えたいこと

亡くなった方に関しての霊視鑑定は少なくありませんが、
お引受けすることに躊躇いがあることも事実なのです。

生前どんな風にして生きられたのかとか、
どんなご性格で何をお考えになっていらしたのか…、
といったことは生前のお写真から、勿論、霊視できますので、
何ら問題はないのですが、
亡くなられる直前に伝えたかったこととなると、
「直前」というところが躊躇いの理由なのです。

その躊躇いはこれまでの経験から生まれました。
亡くなられた方のお立場や、亡くなった原因、時間…、
といった状況にも違いはありますが、
病床に長くついていらした方の多くは、
その直前の意識は既にこの現世には無いことが殆どで、
霊視をさせて頂いても、が感じているであろう感覚や、
見ているであろう景色は映ってくるものの、
特定の誰かに対して直前のメッセージを伝えてくることは殆どありません。

病床に於いて、まだ意識や感情をまだ伴っていらした頃の、
何方かに対してのメッセージでしたら、
お写真から霊視することができますし、
不慮の事故や突然の病死といった、
ご本人にとって覚悟の時間を持てない状態ですと、
その直前の思いや感情がメッセージ性の高いものとして伝わってきます。

大分前の霊視鑑定のご依頼になりますが、
お母様が突然亡くなられまして、
その原因が家屋の二階からの転落だったようなのです。

娘さんがご依頼者様でしたが、
突然の訃報だったこともあって困惑され、
二階からの転落で亡くなるということが信じ難かったのでしょう。

お母様が亡くなられた時のお気持ちの霊視依頼でした。

お写真から霊視を進めていきますと、
洗濯物を干しておられるお姿が視えて参りまして、
その次に視えてきたのは、
物干し竿から手が滑り落ちるようにして、やはり転落する光景でした。

ただ違っていたのは、
転落をする前に、脳に何らかの異変が生じていたのだと感じたことです。

つまり転落そのものが直接的な原因ではなく、
脳内出血によって意識が失われ転落し、
落下した際に、更に脳にダメージを受けたものと思われました。

事件性がなかったために、転落死というのが見解だったのでしょうが、
ご依頼者様の信じ難さが拭い切れないという気持ちは、
若しかしたら、お母様が真実を知って欲しいという、
願いのだったのかも知れません。


「一期一会」の精神で人と交わり接したいと思いながらも、
身近な人であるほどに、
明日も明後日も、そして一年後も…、あたりまえにあるものですが、
ふと思い立った時に、思い立ったことに正直に行動をすることが大切です。

私たちには間違いなくシックスセンスがあり、
発信も受信も思いというのエネルギーなのですから…。

特に用事じゃなかったけど、変わりない?

その一言は、
もらった相手ではなく、自分自身を救うのだと思います。



↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 霊視 現世

霊視鑑定 私の視えかた

霊能力者の多くは臨死体験後に、
その能力が開花されたという話を聞きますが、
私はその経験がありません。

ただ離婚を真剣に考えていた時、
私が離婚を望むことが、子供の人生を変えてしまうことに繋がると考え思うと、
愛情が胸を締め付け苦しくてたまりませんでした。

日がな一日そのことばかりを考え、
無邪気に遊ぶ子供の顔を見ていると、
自分という人間が鬼畜生のように感じ、
理性と感情の狭間で自分自身を追い詰めていましたが、
その時の私は身体的異常がなくても、
深く自分の中に入って行くことで、
霊魂が肉体から離脱しつつある様な状態だったのかも知れません。

プロフィールにも書きましたが、
自分の前世であろう数人の姿を視たのは、まさにその時期でした。

私自身は他の霊能力者との接点もありませんし、
霊視鑑定を受けたことがありませんので、
その方々がどんな風にして霊視をされるのか分かりませんが、
言葉にするとしたら「その方の内なるところに入っていく」、
というのが最も近いかもしれません。

当時のご依頼者の方々は記憶されていると思いますが、
インターネットでの霊視を始めたばかりの頃は、
私の存在やその能力に関して分かって頂く必要があると思い、
現状や鑑定内容を一切聞かずに、
一枚のお写真のみで霊視をさせて頂きました。

でもそれはとてつもなく時間が掛かり、
私自身の疲労もかなりのもので、
鑑定の依頼が多くなるに連れて、現実的には困難になりました。

そこで「その方の内なるところへ入っていく」ための入り口として、
鑑定内容と現状を簡単にお知らせ頂くことで、
霊視の焦点を絞り集中ができ、一日に数人の霊視鑑定が可能になり、
ご依頼者にもご満足いただけると考えたからです。

目の前に一個の箱があるとします。
その箱の中身を確認するためには、
箱を開けなければならないのですが、
明け口がなければ、何処から開けるのが良いのかを考え、
中身に傷が付かないように注意を払いながら、
ここか、あそこかと思案しながら時間を要することでしょう。
それに似ているかもしれません。

何も聞かずに…、というHPの内容を変更した方が良いのですが、
制作会社との連絡がつかなくなってしまい、
やっと探し出したものの、メールの返信もなく留守電が流れるだけなのです。
何か方法を思案中です。

私の霊視はこんな風に、
その方の内なるところへ入っていく」というカタチですが、
視え方は様々です。

それこそ古い映画のワンシーンの様に視えてくる時も、
匂いを感じたり、痛みとなって感じたりと、
五感の総てを通して伝わってきます

胸を痛めるニュースを耳にすると、
もっと高いスキルが備わっていたらと嘆くこともありますが、
至って普通の人間である私にとって最大限のことなのだと思います。

どんな自分も最大限だと自分自身が認めてあげる…、
それは植物に水を与え育てることと同じだと思うのです。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 臨死体験 霊魂 鑑定 霊視 霊能力 霊能力者

魂は知っている

お客様に勧められて、
古い映画をビデオで立て続けに観ていた時があります。

お酒の席での話題だけに終わらずに、
実際にその方が所有していたビデオを持って来てくれたために、
見ざるを得なかったというが始まりだったのですが、
モノクロの世界に次第に引き込まれていきました。

フランク・キャプラ監督の作品に魅入られたのも、
クラークゲーブルが主演の、「或る夜の出来事」という作品が切っ掛けでした。

父親が大富豪の令嬢と、売れない新聞記者とのラブコメディーなのですが、
我儘な令嬢が空腹と眠さを訴えると、
人間は生理的欲求を同時には感じないものだと、
クラークゲーブルふんする新聞記者が淡々と言うセリフがあります。

なるほど、そうなのかって、
お腹が空いて眠れないのは本当なんだと確信したものです。

その生理的欲求と関係があるのかどうか、
身体の痛みを同時に感じることはないとも聞きます。

例えば風邪をひいて頭痛が酷い時に、虫歯が痛み出したとして、
想像をするだけでもビリビリ痛みの電気信号が流れるけれど、
は頭痛と歯痛のどちらか片方の痛みを、
現時点での痛みとして選択するらしいのです。

人はそんな沢山の痛みに耐えられないことを、まるで知ってるみたいです。

精神的苦痛はどうなのだろう…、とこれまでの霊視鑑定を振り返ってみると、
同時に幾つもの問題が重なっていることはあっても、
やはり「○○は耐えられるけれど、○まるは…」って、
最も自分を苦しめている問題を選んでいるように思います。

私たちの意識とは無関係に、
は耐えられるであろう苦痛のキャパを感知しているのだとしたら、

「越えられることしか振り返ってこない」
という言葉は真理、真実ということになります。

私自身、この言葉に支えられ救われたことがどれほどあったことか…。

いまどんな辛い渦中にいようとも、
それはあなたが越えられる領域だと、
あなたのは知っているのです。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 映画 苦痛 痛み 精神的 生理的欲求

私が私であるかぎり

其処にあることがあたりまえで、
まだ其処にあると思うから特に意識しなかったけど、
無くなってしまうと思うと、とても動揺したりして、
意外な自分の感情に気付いたりするものです。

私にとって「櫂」というお店も、
雇われのママ時代からのお客様も、
そういう存在だった。

対面鑑定にお越し頂いた方は、
何となく覚えていらっしゃるかもしれないけれど、
あの空間は私自身そのもので、
そしてあの空間から、今の私が生まれました。

現実的には困難なことばかりなのに、
それでも何とかならないだろうかと、
往生際悪く真実を先延ばしにしてきたけど、
分かっている、もう再開はできない。

私のお店、私の「櫂」はもうなくなってしまったのだ。

あの人に任せなければ…、
あの人を信じなければ…、
原発事故がなかったらとあの人は言ったけど、
それはのすり替えだということを私は知っていた。

それだけでじゃなく、
絶対に、もう絶対にやらないと誓ったのに、
再び不倫という場所へ足を踏み入れた。

取って付けたを本当にしようと、
また新しいをつく…。

次から次へと視えてくる彼女の感情も思考も、
私は許すことができなかったのです。

八年もの時間と愛情を注ぎ教え伝えてきたことを、
一瞬にして踏みにじられ、
「今ならママが言ってた暖かさがわかるよ」
そう涙していた僅か数年前のあの人を軽蔑した。

来る日も来る日も亡霊のように私の前に現れては、
私を後悔させ、悲しみに突き落としていった。

そう、スタッフのAさんのことです。

私がこんなにも長い時間とお金を掛けながら目を逸らし続けていたものは、
この憤りであり憎しみであり、
そして後悔悲しみでした。

あなたを信じた、私の心を返して…

この暗闇のトンネルを行ったりきたり、
五年近くも、本当に長かった…。

精神が破壊されそうな間際で気付いたのです。

私がなりたかった自分は…、
私が望む人生は、誰にも邪魔されるものではなく、
私が私である限り、何も失うことはないのだと…。


だから、あなたがあなたであるかぎり、
例え環境や状況が変ろうと、
誰かに酷く傷付けられようと、
何も失うものなどないのです。


亡霊は私自身が作り出していた「未練」だったのでしょう。
もう現れることはありません。

ようやく、長い間お世話になったお客様方に、
お礼とお別れのご挨拶ができます。

「いらっしゃいませ」
あたりまえだった、沢山のお客様のお顔が浮かんできます。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 対面鑑定 苦悩 お客様 後悔 憎しみ 悲しみ 亡霊

ただいまが言いたくて

ブログの掲載を始めた7年前から読んで下さっている方々は、
きっと分かっていたのだと思います。
きっと感じていたのだと思います。

私の気持ちや心のあり方が、何処か宙に浮いていることを…。

震災後に環境や状況の変化に、心が付いて行くことができなくて、
放っておくと怒りや憎しみの感情に支配されてしまう。

それを無視するように思考が命令をするのだけれど、
無理矢理に閉じ込めてしまう感情は、無かったことにはなりません。

やり直すのではなく、続きを生きるのではなく、
生き直そうと思うという趣旨のブログを何度か書きましたが、
それすらも、自分に言い聞かせていたに過ぎなくて、
もうすぐ五年になるというのに、
私は私自身を取り戻せずにいたのです。


精神の不安定は、年毎に酷くなっていっていって、
今年に入ってからは、投げ遣りになる自分と、
理想とする自分像との溝があまりにも深く、
私は壊れかけていました。

唯一、かの如く振る舞うことができたのが、
対面鑑定やお電話での霊視鑑定で、ご依頼者様と話をしている時でした。

それも束の間、一息つく間もなく襲ってくるのは、
「こんなはずじゃなかった」という嘆きと息苦しさに、
雁字搦めになっていました。

私たちは…、私たちの潜在意識)は、何をどうしたら良いのかを知っています。

でもそれを知る為には、自分の内なるところへ入って行き、
の声に耳を傾けなければなりません。


私はこの五年の間、最もしなければならなかったそのことから、
時間とお金を使いながら目を背けてきたのだと思います。

若しかしたら、私のそのものが、この状態を自ら選択したのかも知れません。

何故?

この極限の精神状態を経験しなければ、
多くの時間と僅かばかりの貯えを総て使い果たさなければ、
私が本当に望む、私自身を知ることが出来なかったからなのでしょう。


宮城は夜遅くから雪になりそうな、冷たい雨が降っています。

ベランダの手すりから落ちる雨垂れを見つめながら、
何故、どうしてを繰り返す私はもういません。

私が本当に望む生き方が何なのかを、
もう一度この手に掴んだから。

応援してくだった皆様、
ご心配をお掛けした皆様、
本当のただいまです!


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 霊視 潜在意識 精神 対面鑑定

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ