プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

自己愛の果て

人から心配されることは、
自分を気にしてくれている…、
特別な思いを持ってくれている…、
という認識に繋がって、
悪い気持ちがしないものです。

仮に相手が自分にとって特別な人ではなくても、
異常行動に出なければ、
迷惑を感じることはないでしょうし、
そんな光景を自分にとっての特別な人が見ていたとしたら、
偶然の人気度アピールになるでしょう。

人から心配される喜び = 自己愛
といった構造が見えてきますが、
これを意識的にやると、
氣を引く…、というところでしょうか。

こういったことは、
成長過程において、
誰にも心当たりがあるのではないかと思います。

幼少期には母親の氣を引くために、
お腹が痛くなったりしますし、
思春期ではただの寝違いに、
オーバーな包帯を首に巻きつけたり、
結婚適齢期では、架空のお見合い話を作り上げたり、
思い出せば身の周りに氾濫しています。

氣を引く言動は、
私を見て
私はここよ
私が大変
私が可哀想
私が…、私が…、

これは若しかしたら、
霊長類最もお粗末な、
求愛行動なのかもしれませんが、
私にも大いに心当たりがあります。(笑)

霊視鑑定をさせて頂いていると、
とても同情心の強い方は、
同じベクトル同情されたがっていることに気付きます。

同情が本来の意味を失って、
することもされることも、
有効的ではなくなっていますが、
氣を引く言動が無関係ではないと感じます。

同情するなら金をくれ

懐かしい名台詞で、
老若男女が至る所で口にし、
拍手喝采を受けていた記憶がありますが、
どうして人の心を捉えたのか…。

同情からは何も得られないことを、
私たち誰もが知っていたからに他成りません。


他人だけではなく、
物事が上手く運ばない自分自身を同情するのは、
自分を可哀想だと思う「自己憐憫」で、
お粗末な求愛行動なんか比べものにならないくらい、
痛いことだと思うのです。

今日も最後まで読んで下さって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 求愛行動 霊長類 スピリチュアル 同情 思春期 結婚適齢期

無気力になるくらいなら怒った方がいい

梅雨に伴う災害に見舞われた方々へ、
心よりお見舞い申し上げます。

熊本地震の災害の記憶も新しいなか、
再び痛ましい土砂崩れによる訃報に、
総てに意味があるというのなら、
この現実の何処に、その意味を知り得るのだろうと、
湧き起ってくる怒りを隠しきれませんでした。

目の前の困難に向かっているとき、
何故なのか…、
どうしてなのかと、
人は苦しみの本当の訳を探すことで、
スピリチュアル=「」と繋がり、
倒れそうな自分を支えていきます。


その渦中にあって、
再び、別の苦悩や障害が降り掛かってきたとしたら、
困難を乗り越えようとしていた気持ちの、
そのエネルギーの分だけ、
心身に打撃を受けることになります。

そして打撃は、総ての感情を消し去り、
総ての負の感情がまとまっても敵わない、
脱力と無気力という、
にとって最も危険な状態へと、
引き摺り込んでしまうかもしれません。

人は同時に二つのことを考えることができませんし、
同時に二つの痛みを感じることもできません。

問題や痛みの強さの大きい方に、
意識が向かうというのではなく、
何処を見ることも出来ずに、
目をつぶってしまうように、
氣力を失ってしまう傾向にあると感じます。

問題を改善、解決して、
困難を乗り越えようとする「氣力」。
痛みと闘おうとする「氣力」。

ピンと張り詰めていた氣力という糸が、
一瞬にして切れてしまうのかもしれません。

現実に抗い、罵り、怒り
矛先を何処へぶつけようと、
それは幸福を望む姿であり、
エネルギーが残っているという事実で、
決して失ってはならない、
最後のエネルギーなのだと思います。

人はひとつの理由で死を選ばないと、
何かの本で読んだことがありますが、
苦しすぎて死を選ぶのではなく、
呼吸をするという氣力さえも、
失ってしまうのかもしれません。

東日本大震災で家族を失い、
一人ぼっちになった老人が、
深い皺を歪ませながら、
様がしたことに文句は言えない」
そう話していた姿が忘れられません。

特別な宗教を持っていなくても、
私たちのの中に、
そして身体の細胞一つひとつは、
間違いなくの存在を認め、
共に生きているのだと思います。

でも、それが生きる最後の砦となる、
怒りのエネルギーすらも奪うのならば、

「もういい加減にしてくれ」
…、とに唾しても良いのだと思います。


今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございます。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 苦悩 無気力 氣力 怒り 災害

何故、やってはいけないのか

私は意識的に、出来るだけニュースを見ない様にしています。

自分に必要なこと以外の、
望ましくないニュースが否応なしに飛び込んできて、
無意識に考え集中してしまうことで、
精神の安定を損なってしまうことが多いためなのですが、
それでも、至る所で流れている、
時のニュースを避けられないも事実です。

日本中の誰もが知っている、
プロ野球選手違法薬物事件に関して、
判決が下ったことで、
様々な人たちがコメントをしていますが、
その方の「人となり」に吐き気すら感じ、
今も私の内に巣食って消化し切れないのです。

どう考えるかも、
どんな発言をするかも、
私たちはその自由を有しています。

だからこそ、自由の元の一言に、
「人となり」が見え隠れします。


薬物中毒から完全に抜け出すのは、
専門医も経験者も言っている様に、
本当に容易なことではなく、
自分という人間の弱さとの戦いになるであろうことは明白です。

その背景を十分に考慮し、
尚且つ、K被告に対して余りある愛情から、
「実刑になって収監されることの方が良かった」
…、とのコメントは胸が痛むほど良く理解できます。

「野球人として、野球を通して立ち直っていって欲しい」
何の苦労も努力もなしに、
運だけでプロ野球の世界に入れるはずもなく、
彼の努力や苦悩を知り、また想像が出来る方の、
強い思い入れのあるコメントだと思います。

そんな中、簡単に野球界や野球に携わることが出来れば、
一回だけなら許されるんだと思う人間が出てくるから、
一回でもしてしまたら、もうダメなんだという、
厳しい姿勢が大事だと言っていた人がいました。

その言動の勢いだけで聞き流してしまうと、
頷く方々も少なくないかもしれません。

でも、この言葉には愛情も「人となり」の倫理も、
私は全く感じられず、
不快感でいっぱいでした。

これは「見せしめ」以外の何物ではなく、
一回だけなら許されると考える側の問題をすり替えている、
何とも愚かで幼稚なコメントだと思います。

「○○さんに叱られるからやめなさい」
「お巡りさんに捕まっちゃうからやめない」

聞き覚えのある、
耳慣れた言葉ではないでしょうか。

私たちが子供達や、
身近な人間達に伝えていかなければならないことは、
「何故、やってはいけないのか」、
その本質以外の何物でもありません。


そしてまた、弱い人間の自分を戒め、
二度と同じことを繰り返さない…、
その信念も覚悟も、
「何故、やってはならないのか」に、
繋がっていくのだと思っています。

「何故、やってはならないのか」
それは、
あなたを信じ、あなたを愛し、
あなたを想う人たちを、
決して悲しませてはならないからです。


罰せられるからでも、
許して貰えないからでもありません。

ただ、ただ…、
自分を愛してくれる人たちを、
傷付けてはならないからなのです。


あなたのために涙を流した人たちの、
あなたへの愛情を、
どうぞその手から離さないで欲しいと、
心から祈ります。

スピリチュアルは理想論や感情論ではなく、
総てのことの本質なのだと思います。

様々なコメントの中に、
人となりの本質が語られているか、
どうぞ感じてみてください。

今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El

人気ブログランキングへ

タグ : 判決 プロ野球選手 K被告 違法薬物 スピリチュアル 愛情 霊視

霊視鑑定結果のご感想  何故、闘うのでしょう

上杉様。

鑑定の感想がだいぶ遅くなってしまいました。
すみません。。

改めて、
先日は鑑定して頂きありがとうございました。
お忙しい中、予定時間をだいぶオーバーしての鑑定に、終わった後ただ
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

あらから約1ヶ月近くが過ぎてしまい、なかなか先生に感想等メールをする事が出来ず申し訳ありませんでした。

鑑定直後は正直頭の中が混乱してた自分と
そして日にちが経つごとに自分の中で鑑定内容にまだ疑問に思うことや、
それから、冷静になってみてやっぱり先生の厳しいアドバイス内容に
凹んでしまい私には無理かも・・と正直思ってしまう自分もいて
なかなか書くことが出来ず、まとまらずにいました。

改めて、今回先生に鑑定して頂いた事、結果として良かったと思います。
色々厳しいこと、悲しいこと、ショックな事(書いてる今も思い出したら泣いてしまいそうですが)
沢山言われましたが、今まで私の奥の部分を指摘される事なんてなかったので
すごく辛かったですが、なんていうか救われた気もしました。

今回は主人との関係、離婚に関して鑑定をお願いしましたが、
鑑定が終わってみたら、自分の人生を見直す結果になっていました。

先生に言われた「根拠の無い自信、本当は中身は空っぽ」など
年を重ねるごとに自分でもうすうす気づいていた事だったりしたので、それをはっきり
指摘されて辛かったけど、よかった・・・

でも私、、鑑定を受けてから今日までの日々、鑑定内容を改めて冷静に思い返したりすると先生の伝えようとしてくれた事をどれだけ理解し正確に受け止められたのか自信がないのもあります。

自分の今までの生き方考え方を厳しく言われ、
場合によっては生きる気力を失いかけそうにも思えたのも事実。
でもそううけとめるのは間違い?なんだろうな・・でもあんな厳しいこと言われたら、もう嫌になる・・とも思ったし・・。

そして今回の鑑定の主旨でもあった主人との離婚、修復に関しても
「求めてはいけない」「変わるにはそうとう努力がいるし、相当辛いこともあ
る・・」の様な事を言われたことなどもそれは今までの自分の言動、態度を振り返れば当然の事と思いつつ、、先生の鑑定をきっかけに変わりたい、変わらなきゃと思い頑張ろうとも本気で思ってますが、
先生がアドバイスしてくれた様に
主人に謝る・・・という事も出来ないでいる私で、
謝るのがやっぱり怖いです。
先生の助言を理解出来てないのかもしれないですが、

主人は裏表のない人間です。思ったことしか口にしないタイプだと
思います。
もうすでに私に何も求めてない・・・
先生は主人も私に求めてたとおっしゃいましたが、
この7年間 私だって時には素直になり、主人に対しての想いや
こんな夫婦関係になりたいと素直に歩み寄ったり
主人の方からたまには甘えたり、求めたりして欲しいと話をしたこと
あったのに、主人は「自分はそんなタイプではない」と
理解しようともせず、段々と荒れ狂って行く私を
最終的には「最初から受け入れてなかった・・」と言うようなこと言われ、
どうしても 主人に全て自分が悪かった。。などの様な事は言えずにいます。

求めずこのまま頑張るのはまるでゴールのないマラソンの様な気がして、
本当に辛いです。

とにかく主人の居心地のいいような家庭環境、なるべく主人の行動範囲を制限せず好きにやらせる・・・主人とは今までみたいに求めず、勿論喧嘩もしない・・・私はまずは子供にとってよき母になり、家庭を平和に保つ・・・
今コレを頑張っています。多分これが主人が望んでいた家庭です。

でも足らないのは夫婦の愛情です。
母として妻として家庭を仕切れますが、
時に寂しくなる気持ちはものすごい不安定感をもたらします。

主人がもう私を愛してなく、離れたい、何も求めてない・・と
言われてしまえば、私から彼に愛されようと歩みよるのは
出来ないのかなと思うと、やっぱり寂しいです。

でもそれを求めちゃいけないのかな・・それを求めたりするなら
主人と離婚して主人を解放してあげたほうがいいのかな・・・とか
毎日頭の中がぐちゃぐちゃになります。
主人から言われた酷い言葉も胸に沢山突き刺さり、正直憎い・・とさえ
思います。でも私はそれを許さなきゃならない立場なのかな・・・
色々考えます・
せっかく先生に鑑定して頂いたのに、今こうして書き出してみると
私結局何も変わってないのかな・・とも思いますが
でも、私の中身が空っぽ・・・と教えてくれ、厳しい忠告を頂けたことは
やはり鑑定を受けてよかったと思います。

離婚は子供の為にも避けたいです。

とにかく冷静に考え感情的にならず、主人の立場になって

考えるような日々をしていこうと思います。

そうとう大変・・・・というアドバイス通り、その大変さにくじけてしまう
事もあるかもしれません。そしたら又鑑定をお願いするかもしれません。
長くなりました。読みずらい文章になってしまいすみません。
でも一生懸命書きました。

又先生とお話できたらいいんですが・・・
では 失礼いたします。
●●●●●


夫婦関係に拘わらず、
どんな人間関係に於いても、
摩擦や障害を生み関係が歪んだとき、
その原因がどちらか一方にあることは、
事件にでもならなければ、
まずないことで、それだって情状酌量という、
罪に対しての背景や行動への酌量があるものです。

なのに、いざ謝ろうと考えると、
私だけが悪い訳じゃないのに…、
とそんな感情が湧き起って、
状況を改善できないでいる方も、
実際には少なくありません。

お電話での鑑定ですと、
「でも…」
「だって…」
決まって言葉の最初に付くのは、
自分がこうなったのは、
相手の言動や行動があったからでと、
まるで鶏と卵の話が続きます。

長い夫婦生活の中で、
関係が拗れに拗れてしまうまでには、
相当の月日が経過しているのですから、
最初もクソも(失礼)ありません。

あの時がとか、この時がじゃなくて、
今まで色んなことが起こって、
お互いに気持ちのいい生活が出来なくなっていたことに対して、
「ごめんね」
なのだということが、どうも理解できないようです。

子供同士の喧嘩の様に、
起こった即座に、
「意地悪してごめんね」って言えていたら、
拗れることはなかったのに、
ギクシャクした空気の中ですら、
夫婦なんだから、そんなこともあるでしょと、
相手の苦痛を流してきて、
自分に降りかかると、
夫婦だって許せないことは許せないと、
しっかりと根に持ち、
日々の生活の中で「ムカツク」という水やりをして、
立派な花を咲かせることになります。

これって、
私だって疲れているのよ…、
俺だって頑張ってるだろ…、
っていう、
相手との比較から始まるんじゃないかと思います。

何だか熱があるみたいなの…、
俺も今朝あったよ。

肩が凝ってて苦しんだけど…、
あら、私なんて日常よ。

これ、覚えがないでしょうか?

付きあった頃の様に扱って欲しいと、
女性は特に言いますが、
何も言わずに肩を揉んであげた、
あなたは何処で迷子になってしまっているのでしょう。

今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございました。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 霊視 夫婦関係 離婚 スピリチュアル

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ