FC2ブログ
 

プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

公式ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂 溢れてくるものは…

日が落ちるのがとても早くなりました。
夕方の四時を過ぎると、総てのものがそそくさと身支度を始める様な気配の中で、
自分だけが取り残される気がして、カーテンを閉めるのです。

一歩も外に出なかったという日が続くと、
自分という存在が、誰の人生とも融合していないのではないかという感覚が、
急激に襲ってきて、胸がつまったりします。

基本的にアクティブではなく、
家の中で思い立ったように動くだけで、
対面鑑定が入ってなく、霊視鑑定がメールだけだったりすると、
誰とも話をしなかったなんてことも珍しくありません。

それが寂しいことなのかといえば、
決してそうではなく、
孤独なのかといえば、
そうでもない。

ただ、何か足りない…。
そんな欠乏感が、ふと湧いてくるのです。

旅の終わりに感じるもの悲しさに似ている。

私達は自分以外の人間を感じることで、自分を知っていきます。
良くも悪くも、それが存在価値なのだと気付きます。

幸福を知るためには不幸を知らなければならないように、
時に私達は、既に知っているはずのことを再確認するために、
当たり前だったはずのことに違和感を覚えたり、
予想だにしなかった感情が沸き起こってきたりするのかもしれません。

多分私は、関わり合う人々に対しての感謝の念を、
今一度心に刻むべく、
この欠乏感と向き合っているのだろうと思います。

あの時、あの人がいてくれたから…

これまでの人生の中で深く関わりをもった人が、
心の中を通り過ぎていきます。

ありがとう
ありがとうね…


そう声にすると、欠乏感がシャボン玉の様に壊れて消えていきます。

もしあなたが、感情に包まれているのなら、
何かに気付き確認しなければならないのかもしれません。

感情のベールを一枚剥がしてみて下さい。
そこにあるものは、きっとあったかいものなのだと思います。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 対面鑑定 欠乏感 感情 ありがとう 存在価値

<< ただいまが言いたくて  【BACK TO HOME】  霊視 見ないようにしてきた潜在意識 >>


◆ コメント ◆

「こんばんはー」


いま、お仕事終わってシャワー浴びましてベットに入りHP 読ませていただきました。 私は離婚して独り身の生活をして寂しく孤独な人間と思われてしまいがちですが…心は常に明るく前向きで楽しく生きております。孤独とどう向き合うかでその人の生き方が変わるのかなぁ~と思ってます。私は神道が好きで昼はお天道様の天照皇大神、夜は月読命が常に見ていてくれる!!と自分に言い聞かせ心の支えにしております。離婚する前は神道なんて全然興味なかったのですが…今は神様に守られ安心して孤独な気持ちにならず前向きに明るく生きれるようになりました。人それぞれ信じる何かは自由です 安可吏さんが孤独のお話を今回書いてありましたので…フトッ…昔を思い出してしまいました。それでは御休みなさい 夜分すいませんでした。


「Re:再びコメントをありがとうございました」


ブログを読んで下さってありがとうございます。又こうしてコメントを頂いて、とても嬉しく思います。
懸命に書いているつもりでも、私自身の「氣」は間違いなく文章や活字に表れているのだと、
改めて知らされた思いです。
惰性ではないにしろ、書かなければならないという気持ちが先に立っていて、
それは決して楽しいものではありませんでしたし、おっしゃる通り精神の安定を損なっていて、
気持ちの立て直しに精一杯でございました。
自分がどうしたいのか…、望む自分を見つけ出し、今一度歩き出そうとしていました。
そんな折のこのコメントは、やはり偶然ではなく、ポンと肩を叩かれた…、そんな気持ちです。
私の傷に気付いて下さって、本当にありがとうございました。


「こんばんはー」


私こそお話を聞いてもらいありがとうございました 丁寧なお言葉心に響きます お話しして心癒される気持ちになり嬉しいです。


「Re: お礼」


そうでしたか、だからこそ私のつたないブログを読んで頂けたのでしょうね。

私がHPを立ち上げましたのが七年前になりますが、それまでは仰られるように、お店を通しての身近な方々の霊視が殆どでございましたが、もっと多くの方々のためにとの勧めを頂き、些かの戸惑いはありましたが十分な納得の元に始めさせて頂きました。
ネットでの限界という領域に入るのかどうか、ネットという或る意味、人の尊厳に対して無神経な部分に酷く傷付き、少しずつ自分の中に溢れていく負の感情を消化できなくなっておりました。
でも、それはネットの世界が生んだことばかりではなく、福島原発事故により、生活環境も今後の状況も大きく変わった中で、私自身が本当に向き合わなければならなかったものから、時間とお金を使って目を逸らし続けた結果であったことに気付いたのです。
言葉では簡単には説明できない程の苦悩の中で、私自身が望む生き方とは何なのかを、こんな精神状態にならなければ気付くことが出来なかったのだと思います。
私は多くの方々の苦悩や問題に向き合わせて頂きながら、自分が存在する意味を感謝しながら生きていきたいと願っております。
それは私自身の足りなさを世の中に曝け出し、時に悔しく情けなく、傷付くことになったとしても、
其れも含めてありのままの自分を受け止めようと思う覚悟を、今再び持つことが出来ました。
こうして、ご心配を頂き、思いのやり取りをさせて頂けたのも、大きな勇気に繋がっております。
本当にありがとうございました。



「こんばんはー」


応援していますね!!私の知ってる人で『解決しない悩みや物事は何一つない』と言ってます 本当にそう思います その架け橋となってる安可吏さんはご自分の問題は泣けず踏ん張って人様の悩みを優先して解決の道案内をしてるのだから これからも頑張って下さい。今日は少し贅沢してお家のお風呂ではなくワンコインの銭湯に行ってきて、本を読みながら二時間ほどのんびり、ゆったり贅沢な時間を過ごしてきます。ワンコインでも自分なりの贅沢と心の栄養は取れます 自分に感謝です。


「Re: 素敵なことです」


そうなのですよね。
幸福感は何をしたかではなく、どう感じたかなのだと思います。
あなたが応援して下さっていることを、決して忘れません。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。