FC2ブログ
 

プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

公式ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が私であるかぎり

其処にあることがあたりまえで、
まだ其処にあると思うから特に意識しなかったけど、
無くなってしまうと思うと、とても動揺したりして、
意外な自分の感情に気付いたりするものです。

私にとって「櫂」というお店も、
雇われのママ時代からのお客様も、
そういう存在だった。

対面鑑定にお越し頂いた方は、
何となく覚えていらっしゃるかもしれないけれど、
あの空間は私自身そのもので、
そしてあの空間から、今の私が生まれました。

現実的には困難なことばかりなのに、
それでも何とかならないだろうかと、
往生際悪く真実を先延ばしにしてきたけど、
分かっている、もう再開はできない。

私のお店、私の「櫂」はもうなくなってしまったのだ。

あの人に任せなければ…、
あの人を信じなければ…、
原発事故がなかったらとあの人は言ったけど、
それはのすり替えだということを私は知っていた。

それだけでじゃなく、
絶対に、もう絶対にやらないと誓ったのに、
再び不倫という場所へ足を踏み入れた。

取って付けたを本当にしようと、
また新しいをつく…。

次から次へと視えてくる彼女の感情も思考も、
私は許すことができなかったのです。

八年もの時間と愛情を注ぎ教え伝えてきたことを、
一瞬にして踏みにじられ、
「今ならママが言ってた暖かさがわかるよ」
そう涙していた僅か数年前のあの人を軽蔑した。

来る日も来る日も亡霊のように私の前に現れては、
私を後悔させ、悲しみに突き落としていった。

そう、スタッフのAさんのことです。

私がこんなにも長い時間とお金を掛けながら目を逸らし続けていたものは、
この憤りであり憎しみであり、
そして後悔悲しみでした。

あなたを信じた、私の心を返して…

この暗闇のトンネルを行ったりきたり、
五年近くも、本当に長かった…。

精神が破壊されそうな間際で気付いたのです。

私がなりたかった自分は…、
私が望む人生は、誰にも邪魔されるものではなく、
私が私である限り、何も失うことはないのだと…。


だから、あなたがあなたであるかぎり、
例え環境や状況が変ろうと、
誰かに酷く傷付けられようと、
何も失うものなどないのです。


亡霊は私自身が作り出していた「未練」だったのでしょう。
もう現れることはありません。

ようやく、長い間お世話になったお客様方に、
お礼とお別れのご挨拶ができます。

「いらっしゃいませ」
あたりまえだった、沢山のお客様のお顔が浮かんできます。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 対面鑑定 苦悩 お客様 後悔 憎しみ 悲しみ 亡霊

<< 魂は知っている  【BACK TO HOME】  ただいまが言いたくて >>


◆ コメント ◆

「お帰りなさいー」


八方塞がり 人は八方塞がりになると何をしても事が上手く運ばず身動き取れず、困り果てて安可吏さんの様な霊能者に相談して解決の糸口を見つけます そして八方の中の一方から抜け出し本来の自分に戻ります 霊能者はナゼ…人を救い 悪き者を除け 呪いや護符を書き 又はパワーストーンに念を込めたり出来るのは、八方塞がったとしても八方以外に天と地があり 十方があるから人を救えます 私はAさんの知り合いでも関係者でもありません 今一度 十方の姿で前え前えとお進み下さい。安可吏さんファイトだよ(^-^)/


「Re:感謝」


私のために祈ってくださる方が間違いなく存在することが、どんなに励みや勇気になることでしょう。
私を祈って下さるあなたが総ての豊かさに包まれますように…。

私は人を信じることも、例え裏切られることも、もう怖くはありません。
ブログに掲載させて頂いたように、私が失うこと等何もないことを知ったからです。
その上に「塞がり除け」の護符まであるのですから!(^^)!


「」


 私たちが 上杉安可吏 を心から信頼しているのは、霊視という特別な能力を持つこと、というよりはむしろ、この人間臭さと、間違いを間違いと認められる誠実さ、なのだと思っています。

 いつもご自身が仰るように、人の生き様におけるきれいな結論など人生が終わるときにすら、きっとその場では出てこないのではないでしょうか。振り返ること、時間が経つこと、がとても重要なのだと思います。

 霊視やブログからいつもヒントを頂き、一つ一つ、ほんの少しずつでも、それまで固執していた思いの形を変えることが出来る、私たちはそんな気持ちで前に進ませてもらっていると実感しています。


「Re: end of summerさん、こんにちは」


私が私自身に気付かせられる…、そんなコメントをとても有り難く、嬉しく拝見しました。

end of summer さんのお気持ち…、いいえ私自身を裏切らないよう、欺かないよう、
これからも皆様方と向き合わせて頂いていこうと思います。

なんて嬉しいことでしょう…

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。