FC2ブログ
 

プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

公式ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 メッセージ 伝えたいこと

亡くなった方に関しての霊視鑑定は少なくありませんが、
お引受けすることに躊躇いがあることも事実なのです。

生前どんな風にして生きられたのかとか、
どんなご性格で何をお考えになっていらしたのか…、
といったことは生前のお写真から、勿論、霊視できますので、
何ら問題はないのですが、
亡くなられる直前に伝えたかったこととなると、
「直前」というところが躊躇いの理由なのです。

その躊躇いはこれまでの経験から生まれました。
亡くなられた方のお立場や、亡くなった原因、時間…、
といった状況にも違いはありますが、
病床に長くついていらした方の多くは、
その直前の意識は既にこの現世には無いことが殆どで、
霊視をさせて頂いても、が感じているであろう感覚や、
見ているであろう景色は映ってくるものの、
特定の誰かに対して直前のメッセージを伝えてくることは殆どありません。

病床に於いて、まだ意識や感情をまだ伴っていらした頃の、
何方かに対してのメッセージでしたら、
お写真から霊視することができますし、
不慮の事故や突然の病死といった、
ご本人にとって覚悟の時間を持てない状態ですと、
その直前の思いや感情がメッセージ性の高いものとして伝わってきます。

大分前の霊視鑑定のご依頼になりますが、
お母様が突然亡くなられまして、
その原因が家屋の二階からの転落だったようなのです。

娘さんがご依頼者様でしたが、
突然の訃報だったこともあって困惑され、
二階からの転落で亡くなるということが信じ難かったのでしょう。

お母様が亡くなられた時のお気持ちの霊視依頼でした。

お写真から霊視を進めていきますと、
洗濯物を干しておられるお姿が視えて参りまして、
その次に視えてきたのは、
物干し竿から手が滑り落ちるようにして、やはり転落する光景でした。

ただ違っていたのは、
転落をする前に、脳に何らかの異変が生じていたのだと感じたことです。

つまり転落そのものが直接的な原因ではなく、
脳内出血によって意識が失われ転落し、
落下した際に、更に脳にダメージを受けたものと思われました。

事件性がなかったために、転落死というのが見解だったのでしょうが、
ご依頼者様の信じ難さが拭い切れないという気持ちは、
若しかしたら、お母様が真実を知って欲しいという、
願いのだったのかも知れません。


「一期一会」の精神で人と交わり接したいと思いながらも、
身近な人であるほどに、
明日も明後日も、そして一年後も…、あたりまえにあるものですが、
ふと思い立った時に、思い立ったことに正直に行動をすることが大切です。

私たちには間違いなくシックスセンスがあり、
発信も受信も思いというのエネルギーなのですから…。

特に用事じゃなかったけど、変わりない?

その一言は、
もらった相手ではなく、自分自身を救うのだと思います。



↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 霊視 現世

<< 霊視鑑定 守護霊  【BACK TO HOME】  霊視鑑定 私の視えかた >>


◆ コメント ◆

「Re:こんにちは」


コメントを真摯に拝読させて頂きました。
私は自分を完璧だと思ったことは一度も無く、むしろ自身の弱さや足りなさ、情けなさを曝け出しながらブログを通して皆様と関わらせて頂きて来ました。
霊視鑑定士としても、完全ではない認識の元、ご依頼者様にとっての更なる豊かさ(精神的・物質的)のために、
微力ながらもお力添えをさせて頂いております。
この意志や感情、そして現状が、あなた様には「独り相撲」と映っていらっしゃるのでしょうか…。
確かに一度苦悩の底から這い出てきた自分が、時にネガティブな感情に覆われそうになるのではないかという不安が、
必要以上に士気を高め、それがブログの文字となって、些か不自然な陽の波動を出してしまっていることは否めませんが、
この度のコメントからは、これまでのあの暖かな応援の氣を感じることが出来ずに、寂しい思いでしたが、
それも現実的なお気持ちなのだと受け取らせて頂きました。
滝業に関しましては、以前より心の片隅にあったものの現実化しておりませんでした。
その際には是非、ご連絡を差し上げたいと存じます。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。