FC2ブログ
 

プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

公式ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊視鑑定は、未来の断言ではなく創造であれ

霊視鑑定のご報告がメールの際には、
送信をクリックするとき、
お電話での際には着信音と同時に、
いつも深呼吸をします。

何かを意識してというよりは、
氣がついたら、そうしていたという方が正しいと思います。

始めた頃には緊張を解くためだったのかもしれないし、
お辞儀と同じ気持ちだったようでもあります。

何でわかるんですか
当たってます
その通りです

そう言って貰えることは、心のどこかでホッとするのも確かなことですし、
まずはそこから始まるという意識もあって、
鑑定内容にはない、ご依頼者様やお相手の方のご性格や気質に関して、
霊視によって視えたことをお伝えしています。

霊視ですので、
まずここの部分で視誤ることはないと自負していますが、
仮にあったとしたら、
それ以降の結果がどんなであれ、
文章を読むご依頼者様の心も首も斜めに傾いて、
何も心へは届かなくなってしまうでしょう。

だから、当たってあたりまえで、
問題はそこからなのです。

今という時点で、
先のことが本当に決まっているのでしょうか…。


だとするならば、霊視鑑定は既に決定している未来を、
ただ伝言するに留まってしまいますし、
その時点で未来が決定されていることを、
断言しているようなものです。

人の人生は小さな点と小さな点の集まりが、
沢山の曲線を描き、
時には後戻りしたりしながらも、
一本の線を描いていくこと
だと、
私は思っています。

その点とは、人との出会いであったり、
一冊の本であったり、
様々な何気ない経験であったりします。

この点の一つひとつから感動や刺激を受けたり、
学びへと発展したり、
時に反面教師となり気付きを得たり、
マイナスもプラスも全部含めて、
これらの総てが次の自分…、
つまり未来を創っていくのではないでしょうか。

私は思うのです。
霊視鑑定は知るはずのない過去や、
知るはずもない性格・気質を当てても、
いかなる未来も断言してはならないと…。

膨大なサイトがある中から、
私という霊視鑑定士を選んでくださった、
この出会いの瞬間から、キャンドル一本分くらいの、
明るい未来創造できなければ、
霊視そのものの意味がないと思うのです。

喜ばしいことなら深く考えずに、単純に喜べばいい。
喜ばしくないことなら、
今という時点から未来創造すればいい。

そのための霊視でありたいと、
いつも私は思うのです。

今日も最後まで読んでくだっさって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 霊視 未来 創造

<< 遅ればせながら、明けましておめでとうございます  【BACK TO HOME】  続)幸せのカタチ イブの夜に… >>


◆ コメント ◆

「鑑定について」


突然のコメントで申し訳ありません。
鑑定を依頼する場合どのように申し込めば宜しいでしょうか?


「Re: ご連絡が遅くなって申し訳ありませんでした。」


灯りの扉 EL というHPがございます。

    http://akari-el.com/ijdex.html
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 EL

そこから「お申込み」というところをクリックして頂けますと、
お申し込みのメールのページに入ります。

困難でしたら、下記アドレスまでご連絡をください。

akari0168eco.ocn.ne.jp


「」


返信頂きありがとうございます。 先生は話をするだけで、何に悩んでいるかわかるのですか?
今まで沢山の霊能の方に依頼してきましたがそれぞれ意見が分かれ、未だ解決せず苦しんでいるのですが、病の原因など見えますか?


「Re:返信が遅くなってごめんなさい」


話をするだけで感じてきたり、視えてくる時もございますし、
苦悩が何かをお知らせいただき、其処から深い霊視をさせて頂いた方が、
より明確に視えてくる場合もありますので、一概には断定ができません。

ご病気の原因…、とのことでございますが、
専門医や病院では明確にならなかったり、医学的には問題がないという状況なのでと思われますが、
霊的現象であったり、ご本人様の「魂」に関わることであったりと、
その原因や要因は複雑に絡み合っている場合もございます。

これまでの霊視鑑定で、ご依頼者様の現状を快方へ向かうお手伝いをさせて頂いて参りましたので、
特別な何らかの障害がない限り、視えると思います。


≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。