FC2ブログ
 

プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

公式ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直ぐそこまで

昨年末の宝くじを買っていました。

よく当たりが出るという売り場がいいのだろうけど、
最寄りのイオンで購入。

年末ジャンボがバラで10枚と、
当選金額が七千万円のミニが、バラで20枚です。

毎年買っている訳ではないのだけど、
これまでの当選金額は、
10枚買えば誰もが当選する\300.

もし、当たったら…。
そう想像する時間がとても楽しいものです。

まずここに(宮城)家を建て、
息子に一千万円と、両親に一千万円で…。
さすがに「当たったら…」だけあって、
金額の単位が大きい。

七千万円じゃ、ちょっと足りないな~。
想像が当選金額を遥かに超えてしまう。

東京にもマンションを購入して、
井之頭公園を毎朝散歩し、
朝食は近くのカフェで…、
と想像は膨らみ、妄想とかしていくのだけれど、
それも繰り返し考えていると、
ワクワクしてくるから不思議です。

しかも、今回は何故かワクワクが一味違う。

「来てるかも~」
そんな根拠のない感覚があったのです。

随分と時は過ぎて、
先日息子宅にお泊りの際に持参して、
お嫁さんと照合。

年末ジャンボは、すざましい速さで照合終了。
当然のごとく、例の¥300.

さて、ミニの七千万円の番ですが、
今回ワクワクが止まらなかったのは、
実はこのミニだったのです。

いくよ、え~と、○○○組の、
○○○…、って言ったあたりで、
お嫁さんが「え~っ???」

「お母さん、も一回初めから…」

「へっ?」
「もしかして??」
私も携帯のページと、
お嫁さんが持っている宝くじの紙を見比べ始め、
へっ????だらけ状態。

なんと、下二桁の十の位だけが違っていた。

「いやあ~、どういうこと」
お嫁さん、歓喜?の声。

「やっぱり…」
「何だか、今回は違っていたのだ…」

私は不思議と落胆というよりは、
いよいよここまで引き寄せてきたかという、
むしろ「いいぞ~」の気持ちで、
その残念すぎる事実を噛みしめていた所に、

「お母さん、七千万じゃ足りないって言ってたからじゃないですか~」
…の、お嫁さんの一言で、
物凄い喪失感が襲ってきました。

なんで、七千万円で充分だと言わなかったのだろう。
なんで、なんで、なんで…。

「いや、いや、直ぐそこまで来てる」
ってことに戻るまでに、
三日ほど掛かったのでした。

数字一つで七千万円を逃したと考えるか、
あと一つのところまで来ていると考えるか、
これは捉え方のその後で、よく表現されていますが、
無理矢理に考え方を変えようとすることは、
逃してしまったという負の念を強く肯定することに繋がります。


「結局、はずれたんだろ」
「だったら、一つ違うも全部が違うも同じ」
少し偉そうに息子が言いましたが、
この考え方は真実であっても、とても勿体ない。

数字を追っていったときの、あのドキドキ感は、
快楽物質を促して、間違いなく脳に刻まれ、
近付いていると感じることによって、
再びその快楽状態を作ろうと、
潜在意識が働くに違いないからです。

欲しいものに辿り付く為には、
その過程での快楽の経験の積み重ねが、
一番の近道だと思うのです。


勿論、お金だけの問題じゃないですよ~。

今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございました。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 鑑定 潜在意識 快楽物質

<< 人生の夕暮れ  【BACK TO HOME】  鬼は自身の内にあり >>


◆ コメント ◆

「お帰りなさいー」


そうなんです もう少しです。頑張ります ありがとうございます あかりさん。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。