FC2ブログ
 

プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

公式ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の夕暮れ

私がまだお店に出ていた頃からのお客さまであり、
ひょんなことから共通の知人がいたこともあって、
親しくなった方から、
「ラインなんぞをはじめました」と連絡がきました。

震災後に高校教諭を定年退職されたはずです。

私が霊視鑑定をメインにして、
お店をスタッフに任せた頃から、
次第に連絡もしなくなって、
震災後の近況をお互いに知りませんでした。

器用な方ではなく、
むしろ愛国心の強さから政治批判も多く、
お酒が入るとしばしば衝突をしてしまう様な、
武骨な方でしたから、
「メールなんぞ…」の文字の向こう側に、
そのご性格が垣間見えて、クスッと笑ったのでした。

それから時々、ありふれた日常の会話をするようになったのですが、
高齢のお母様の介護をされていらして、
多分、メールの文字よりも、
言葉にならない感情を抱えながら、
過ごしていらしているのだろうと、感じていました。

昨日の深夜に、
「介護の認定のために、市役所の方が来てくれました」
「季節を秋といったりして…」
「老いることは悲しいですね」
「新年会を早めに切り上げて来ました」のラインメール。

短い文章の中に、お好きなお酒も、
喉を通らなかったことが伝わってきます。

気丈な方であったでしょうから、
その悲しみは幾ばかりかと胸がつまります。

ただ、私たちがその現状を叱責しない限り、
ご本人が悲しみを覚えたり、情けなくなったりはしません。

痴呆は長く生きた方にとって、最後の幸福なのでしょうか…。

私たちは、人生の死に方を選べないから、
生き方を選ぶと言いますが、
もう、その死に方すら選ぶことが出来ないのでしょうか。

誰もが、最後のその時がくるまで、
五感に触れる季節を忘れたくなどないはずなのです。


老老介護の切なさを実際に経験されていて、
その言葉にならない切なさを、
今は傍目でしか分からない私ですが、

老いた末の悲しみを、ご本人のお母さんではなく、
自分が引き受けたと思えないでしょうか…。

その方が、あなたご自身が救われると思うのです。

…、そんな風にお返事申し上げました。

去年までは何ともなかったことが、
今年は大分苦痛になっていることは少なくありません。

身体を鍛えたり、気持ちのエネルギーを高めたりと、
努力を惜しまなくても、
私たちは自分の最後を選ぶことができません。

誰にも迷惑を掛けずにいきたいと、
願うばかりです。

今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございました。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けると、明日への励みになります!
blogram投票ボタン
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 痴呆 悲しみ 定年退職 幸福 老老介護

<< 自分の運氣が決定した瞬間  【BACK TO HOME】  直ぐそこまで >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。