FC2ブログ
 

プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

公式ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊視鑑定結果のご感想  自分を受け入れることから

お忙しい中、鑑定をありがとうございました。
鑑定内容はとても満足のいくものです。

今までも色々と見てもらってきました。
安可吏先生の鑑定は、その中でもとてもあたっています・・・外部からの私の印象も、そうだろうなと思います。
アドバイスが的確で、言葉もえらんで伝えてくれているのかわかります。感謝いたします。

自分が変わっている・・・変だと感じるのは・・・男性を好きになれないことです。
これは結婚以前の問題ですよね。
聖子ちゃんが惚れっぽく、何度も結婚できる感覚みたいなものが・・・私にはわからないのです。
オムツがとれたばかりくらいの幼児期の私が、当時学生だった母の弟達をみて泣いているのをみて
祖母が「この子は男嫌いだよ」といったそうです。
幼稚園児のときには習字をならっていました。
先生は元小学校の校長をしていた男性で、おとなしいけど他の子供とは違う奮囲気を感じたのか
「●●は将来結婚するのに苦労する子だよ」と母に伝えたそうです。
小学生後半とか中学生の頃の・・・子供の頃から、好きでもない人との結婚式を我慢していて、
途中逃げ出そうが迷っている夢をよく見ていて・・・今となっては、予知夢だったのか?と思ったりします(笑)
特に男性で嫌なことをされた記憶はありませんが、生まれたときから潔癖なくらい変な感覚をもっているようです。

誰も気づいていない、私だけが感じている不思議な潜在意識をあてられ・・・すごいです。
確かに大人びた感性をもった子供でしたし、大人になっても誤解されることが多く、できるだけ人と接さないで
生活をしようかとも考えていました。

「感」ですが、嫌な予感はよくあたります。誰もが持っているシックスセンスだと思っていました。
特殊な能力を持っているといわれることもありますが、見えないので・・・。

子供だけは持ちたくて、誰でもいいから結婚しようと躍起になっていた時期もありましたが、今は年齢的に自分で産むのはあきらめました。
子供のいる人と結婚すれば・・・と次に考えたのですが、血はつながっていなくても私のようなものに育てられる子供はかわいそうですね。
どのような形であれ、子供を持ちたいという執着はまだありますが、数年すればあきらめがつくと思います。

どこにいっても迷惑をかけてしまうし、人に合わせるのが苦手なので、一生独身の方がよいのかとも思います。
縁があったら、生きている間に一度でも結婚できたら良いかなと考えれるようになりました。
来世は絶対に若いうちに結婚を経験し、子供をたくさんもてる人生を送るつもりです。

アドバイスを胸に、生活を心がけようとおもいます。
本当にありがとうございました。
また次回みてもらうと思います。
そのときには、宜しくお願いいたします。
ありがとうございました。

●●●●


一般的には…、という囲いから外れてしまう人を、
私たちは「変わっている」と、短絡的に表現してしまう傾向がありますが、
思考と嗜好、そして価値観の違いは、
誰一人として同じ人間などいるはずがありません。

一般的とは正しい人間という分類ではなく、
統計的に多いというだけであって、
成否を判断する材料にはなり得ないと思うのです。

むしろ、長い歴史の中に於いては、
その「一般的」から外れたマイノリティーな人たちが、
文明や文化を変えてきたのではないでしょうか。


価値観や思考の方向性は、
乳幼児からの成長過程に老いて、
周りの大人たちからの影響も大きいものですが、
自我が芽生える頃になると、
自分がこの現世に生れ落ちる時に、
抱えてきた前世の記憶や経験によることも除外できません。

また乳幼児期の刺激的な経験によって、
決定付けられることも少なくありませんが、
その経験が望ましくないことで、
著しく魂を傷付けたり、嫌悪感を伴うことですと、
自己防衛本能によって、記憶を抹消してしまうようです。

でも、経験の結果としての反応は消えませんので、
何故、そう思うのか…、
何故、そう感じるのか…、
の原因が分からないまま、
大人になっていくことも少なくないのです。


その状態を解決するのも良し、
それが自分なのだと受け入れて、
一般的、大勢の中に入らない自分のまま生き抜かれるのも、
また良しなのです。

何処に属するかではなく、
自分は何者か…、
を理解し受け入れることの方が重要なのです。


今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございました。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 霊視鑑定 鑑定 価値観 霊視 自己防衛本能 前世

<< 物質と魂の関係  【BACK TO HOME】  身近なところに、いっぱいある依存症 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。