FC2ブログ
 

プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

公式ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊視鑑定結果のご感想  家族のカタチ(誰も欠けてなどいない)

上杉安可吏様

このたびはお忙しい中、ご鑑定をしてくださりありがとうございました。
鑑定内容を拝見させていただき、心のモヤモヤや重石が和らいだ気がします。
退職動機の件は、全くその通りであり、心の中のくすぶりを整理していただいたようで
一歩身を引いた立ち位置からもう一度自分の見直すきっかけになりそうです。
子供たちとの関係においても、おっしゃられる通り、片親の不憫を感じさせないよう
自分が母親代わりをやらなければと気負っていた部分がありました。無理することは
ないんですよね。

これからの仕事の方向性として、業種や職種の選択、資格取得についてご指摘いただき
ましたが、今までの経緯から自宅でも仕事できる資格として、行政書士にチャレンジし、
一昨年合格しております。この資格を生かして独立と考えていましたが、行政書士の
業務の幅が広く、何を専門にやっていくか、そもそもやっていけるのかという迷いが
あります。その辺が、資格取得の可能性や業種・職種の具体的な方向性が見えなku桙「箸い・・実匸ように感じられたのでしょうか?
とにかく、ノープランのまま独立しても上杉様のご指摘通り、よい方向にはいかないですね。
もう少し、具体性をもったプランを検討していきます。
つなぎを着て軽トラックに乗るというのは、心当たりもなく見当もつきません。
これからの人生の中で縁ができるのでしょうか。子供の将来を考え、何か始めるのかも
しれませんね。
今一番重要とご指摘をいただいた子供の面倒をみてもらう人を探すことですが、確かに
子供のことが心配(子供は親が思うより自立しているかもしれませんが)で、一番気がかり
なことです。実際に行動に移さなければ、何も改善しないのは理解できるのですが、具体的に
どうすれば・・・・、このところがまだ自分の中で消化できませんが、何かしら考えていきます。
子供たちとの決め事も大変ありがたいアドバイスで、子供たちとも話し合って子供たちも楽しく
できるようなことを始めていきたいと思います。

そもそも占いや、ましてや霊視鑑定というのは今まで経験w)€「・△蠅泙擦鵑任靴拭・2鵝∨榲・・・実匸行き詰まりをを感じ、上杉様のブログを見つけ、鑑定の申し込みをさせていただきました。
結果、本当に良かったとおもいます。上杉様はすごいですね。なんでもお見通しという感じで
す。今回の鑑定をきっかけになんとか良い方向にいけるよう鑑定内容をよく消化して行動して
いこうと思います。(何度も読み返しています。これからも、迷いが生じたらきっと何度も
読み返すと思います)
ありがとうございました。

                                   ●● ●●



離婚によって、両親のどちらかが欠けてしまう現実は、
多分、私たち大人の想像を遥かに超えて、
子供たちの心を傷付けているのだと思います。

その悲しみや寂しさが理解できるほどに、
父親は母親にもなろうとし、
母親は父親でもあろうとします。

でもその想いが、結果的に自分の無力を知ることになり、
子供たちの純粋な眩しい瞳から眼を逸らし、
自分を責めたり、投げ遣りになったりを繰り返していきます。

自分は自分以外の人間にはなれません。

例えそれが、奪ってしまった、
どちらかの親であっても…。

夫婦にとって、相手がどんな気質、性格の人間でも、
子供にとっては、たった一人の人なのです。

そのたった一人の人を、
子供の前では尊重した言動が、
子供に安心感と愛情を与えるのではないかと感じます。

「お母さんだったら、もっと上手いはずだな」

不器用な手で握った武骨なおにぎりを見ながら、
子供と笑い合うことが、
ベストを奪ってしまった自分に出来る、
精いっぱいのベターなのだと思うのです。

母親代わり、
父親代わりもと、出来ない重い荷物を背負わずに、
どちらかが欠けている日常生活であっても、
関わる人間たちの「思い」の中には、
誰一人欠けてなどいないことを、
子供たちが感じながら生きていけたら、
きっと大丈夫…、と思うのです。


もう直ぐ長いGWです。
国民的行事は、チョッと切ない気持ちが、
込み上げて来るかも知れませんが、
何処からも目を逸らさずに、
自分たちの家族のカタチで、
自分たちのGWを楽しんで欲しいと思います。

今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございました。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 離婚 鑑定 霊視 家族 GW 愛情 安心 母親

<< 祭りのあとに吹く風は  【BACK TO HOME】  弱り目に祟り目 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。