FC2ブログ
 

プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

公式ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋と長雨と自分

台風秋雨前線の影響で、
多くの地域に甚大な被害が出ている様子に、
どんなにか恐ろしく、
どんなにか悲しかっただろうと心を痛めいています。

季節の変わり目には、
自然災害も起こりやすい不安定な気象状況の影響もあり、
「氣」そのものの変化が強く現れます。

ごとに秋が深まっていくと、
自然の流れと共にいきた、
古の人たちの言葉に、
スピリチュアルの本質を感じ、
今更ながらに五臓六腑に染み亘ります。

烈日から身体エネルギーの消耗を、
静かに癒すには、
すすり泣く様な音も、
止まっているかのような時間も十分ですが、
日照時間が次第に短くなっていく様は、
無意識に心の状態をネガティブにします。


これまでも長雨の心理状態に関して、
の湿気と氣に、
「やられる」という表現をしてきましたが、
その憂鬱さは人の五感を通して、
魂にまで浸透していきます。

何とか「やられない」ための、
防御策はないものかと考えていますが、
今のところ、
心の持ち様しか浮かんできません。

それも大事ではありますが、
ウキウキする様なを新調したりしても、
いいとこ二日で効果は薄れ、
むしろ華やかな色柄が疎ましく感じるかもしれません。

きっとこの時期の憂鬱感や、
漠然とした孤独感といったものが、
心身にとって必要なものなのだと考える様になりました。

自分という人間が構成されてきた、
総てのものに対しての感謝や、
どう足掻いても、
私たちは生かされているのだという、
真理に立ち還るための時間なのかもしれません。

そんなことを感じながら、
秋の彼岸を迎えられたら、
ご先祖様がずっと身近なものに思えるのではないでしょうか。

香を焚き、
感謝のを込め手を合わせますと、
総てのものから解放されるから不思議です。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 秋雨前線 台風 ネガティブ ご先祖様 五臓六腑 憂鬱 長雨

<< 改) 恋  【BACK TO HOME】  改) 魂をのせて >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。