プロフィール

上杉安可吏

Author:上杉安可吏
「灯りの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、
他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

感じようとするからこそ、導かれる

特定の工事現場で事故が相次いだり、
誰がどんな商売をやっても、
数年と存続したことがないといった物件があったりします。

そう言えばと、
身近に浮かぶ場所や店舗があるのではないでしょうか。

その土地の波動が、
強い影響を与えていることも少なくありません。

僅か7坪くらいだったでしょうか、
天上も低いとても小さな小料理屋がありました。

駐車場もなく人通りも疎らな、
飲食店としてはかなり不利な環境の店でしたが、
防音設備のない店からは、
いつもお客の賑やかな声が聞こえてきて、
経営していたご夫婦のお人柄や、
コスパもあってのことだったと思いますが、
その盛況ぶりは中に入らなくても、
想像ができる程でした。

そんな状況が続くにつれて、
もっと広い店舗へ移転してはどうかと、
常連客からも言われるようになり、
あまりにも狭すぎ、
お客様に不便を掛けていることや、
満席でお断りする日常に移転を決心され、
私が経営していた店の近所に、
一部改装を入れて越されてきました。

ご挨拶を頂いたので、
新装開店の一か月後くらいに、
スタッフたちと立ち寄らせて頂いたのですが、
新しい木の香りがする清潔な広い店内には、
常連客がお一人カウンターにいるだけで、
奥座敷やこあがりは灯りを落としていました。

嘗ての活気や賑わいが嘘の様で、
広すぎる程の調理場で、
丸椅子に腰を下ろしているご主人が、
お気の毒ですらありました。

立地条件も以前よりはるかによく、
天上も高く圧迫感がなく、
せっかく来て頂いたお客様を、
お断りすることもなくなるはずの新店舗は、
これまで足繁く通ってきた常連達までも、
足が遠のいてしまうような、
負の波動を持った土地だったのです。

似たようなことが、
きっと皆様のご近所でもあるのではないでしょうか。

土地や樹木は人間の意識以上に、
私たちの日常に深い関わりを持って存在しています。

隣人の様に挨拶を交わすわけでもありませんし、
何かを語り掛けてくることも通常はありません。

しかしながら、土地も樹木も生命体であることを、
私たちは忘れてしまっているのかも知れません。


私たち人間は独自の言語を持つことによって、
感じようとするという、
スピリチュアルが持つ能力を、
手放してしまったのかもしれません。


向こうが語り掛けて来ないからこそ、
言葉にならない、
その何かを感じようとすることこそが、
関係構築の基本だと思います。


そしてそれは、
言語を持たないものとの関係ばかりではなく、
同じ人間同士でも言えることなのではないでしょうか。

言葉には意味だけではなく、
その言葉が持つ波動があります。

機械装置で波動を認識することもできますが、
私たち人間は五感を通して、
或いはシックスセンスを持って、
波動をひとつのエネルギーとして感じることが出来ます。


聞こうとする心の耳が、
見ようとする心の目が、
感じようとするが、
大切な何かを教えてくれるのだと思います。

そしてそれは、必用なことに違いないのです。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 波動 スピリチュアル 五感 霊視 生命体 シックスセンス

<< 思い遣り、足りていますか  【BACK TO HOME】  改)  恨みの念  そして… >>


◆ コメント ◆

「」


工場現場はいわくつきになりやすいですね 仕事で名古屋方面に行ったときに、東海北陸道のトンネル50位通過するのですが、トンネルの出口付近で右から左へ横切る黒い服の男性が見えまして、けして肉眼では認識出来ない筈なのに、作業服の中年男性でトンネル工事により亡くなられた方なのかなぁーと頭の中で見えて感じ取りました。そこの50数ヵ所のトンネルでは2度程見えまして、もうひとつは顔だけ右に傾き頭が薄く鼻の穴が大きめで、やはり工事に携わる人に思えました。 最近では進んで祝詞をあげて成仏するように心掛けてます。何故なら肉体が無くなっただけで、私たち同様この世に生を受けて生きていた方だったので亡くなっても辛い苦しい寂しい思いがあるなら救ってあげたい気持ちで祝詞をあげています。師匠もどんどんやりなさいと言ってますので、迷わず実行してます。 悪い土地は人の気が少ないんだと思います 人の気とは人気。 人気があれが悪き土地も良い土地に変わると思います。 あかりさんは小説家や言葉を伝える職業はお好きですか?


「Re: お返事が遅くなりました」


丁寧なコメントをありがとうございます。
高橋様にはとても有り難いお師匠様がいらっしゃる様で、
随分と魂の向上を意識行動に移されておられるご様子、
尊敬の思いで拝読させて頂いております。
最近は小説は殆ど読まなくなってしまいましたが、毎日就寝の際には、
一行でも多くとキンドルで様々な方々の書籍を読んでいます。
心に響く言葉に出会うと、それだけで勇気や励みを頂き、
多くの方々に伝えたい思いと、自分自身もブログを通して、
皆様方に魂への輝きをお伝えできるよう努力していきたいと常々思っています。


「Re: 返信が遅くなって申し訳ありませんでした」


沢山のコメントを下さっていたのに、暫くの間、ブログの更新もできないままになっておりました。
コメントを拝読させて頂きましたが、正直を申し上げますと高橋様がどの様なお気持ちで、
私の何に対して仰っておられるのか、何度か読み返しましたが、その意図が分かりません。
確かに日々多くの方々の苦悩に接しておりますと、その負のエネルギーにやられてしまうことも多々ありますし、
自分自身の霊視が完全だとも思ってはおりません。
また私にも人並みの欲はございますし、決して綺麗ごとで生きている訳ではありませんが、
人を騙してなどおりません。私のブログに何かの切っ掛けで立ち寄って下さってから、時に重いものを感じながらも、何かと応援をして下さっていると感謝をしておりましたが、この度のメールからは何かを諭されているというよりは、非難されている様に感じられ、とても切ない思いでございます。心が「ぼっこれ」そうになることも度々ではございますが、それを癒し励まして下さるのも、姿は変われど、また人でございます。それもご先祖様や神々様のお蔭だと手を合わせ精進の毎日ですが、キッパリと申しあげますが、意図的にその神や仏様を騙したことなどありません。
高橋様が至らない私をお感じになられて、その歯痒さからの言動でございましたら、未熟さを申し訳なく思いますが、
その他に何らかの確固とした意図がおありになるのでしたら、お知らせください。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ