プロフィール

上杉朱璃(あかり)

Author:上杉朱璃(あかり)
「灯かりの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

自分の認め方

穏やかな一年の始まりに、
新たな覚悟をしたのも束の間、

はっ、はやい!

もう二月も半ばになろうとしています。

しかもブログの更新が、
一か月ぶりだなんて、
信じ難い事実の前で、
些か呆然としています。

新年を迎えてから、
私は何をして、
何を思い、
何者として過ごしてきたのだろう…と、
目まぐるしく霊視をしながら、
少し息を整えています。

先週不覚にも感染してしまったインフルエンザで、
沢山のご依頼者様方に、
ご迷惑をお掛けしてしまい、
本当に申し訳ありませんでした。

お待たせしていたにも拘らず、
更に延期をお願いしまして、
お叱りを受ける覚悟でしたが、
皆様に優しい気遣いの言葉を頂き、
有り難いやら情けないやら、
高熱で意識が遠くなる中、
私は幸せ者だとつくづく思いました。

はすっかり下がったのに、
気が遠くなりそうなのは、
延期して頂いた霊視鑑定が、
雪崩の如く襲ってきているためなのですが、
「大変だぁ~」
って口にしている自分が嫌いじゃない。

駆け足でトイレに行くことすら、
何やら心地好い。

人は少し無理をするくらいが、
時間を有効に使い無駄がないだけじゃなく、
頑張っている実感が湧き、
自己の尊重に繋がるかもしれません。

最も私の場合、
自己評価のハードルが低過ぎる傾向がありますが。

自信が持てなくて、
次の一歩が出せない様なときに、
意識的に忙しいスケジュールを立てて、
それを一つひとつこなしていく自分が、
一足早い春一番かも知れません。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 霊視 自己評価 インフルエンザ 自信 尊重

<< 心をひとまず落ち着かせる方法  【BACK TO HOME】  2017年、一年を受け入れていこうという覚悟 >>


◆ コメント ◆

「いつもありがとうございます。」


お身体の方はもう大丈夫でしょうか。

いつも上杉先生に助けられ、今年は本当にいい年になりそうです。昨年は主婦という立場なのに、飲み歩き、年下男性とのイザコザや数多くの恥ずかしい経験をする事になってしまいました。
上杉先生のおかげで私も立ち直り、今ではとにかく家族のため、家族の幸せを最優先に考えられるようになりました。
その頃から氏神様のお導きなのか、仕事帰りの帰宅路を変更し氏神様の神社に参拝し日々無事に過ごせる事を感謝しお参りしています。

去年の夏頃を思い返すとこんな自分に戻れたのも不思議に思います。

これも上杉先生のおかけです。

本当にありがとうございました。

まだ寒い日は続きますがお身体をご自愛下さい。

追伸
私の産土神は宮城の塩竈神社の神様だと知りました。
産土神様にも日々感謝し過ごしております。


「Re: KTさん、コメントをありがとうございました」


せっかくコメントを頂いていたのに、お返事が遅くなってごめんなさい。

ご家族を思い遣るお気持ちを取り戻され、ご自身のお心もきっと清々しく、毎日を送られていらっしゃることでしょう。
霊視鑑定はご依頼者様の人生の一部に関わらせて頂くきもちで取り組んでおりますが、
こうしてご自分の幸福のある場所を再確認されたメッセージを頂きますと、
私自身のことの様に嬉しく胸がいっぱいでございます。

また改めて、感謝の気持ちの大切さを知りました。
私の方こそ、ありがとう。


「Re: コメントをありがとうございました」


桂子さん、私の方こそコメントを頂戴していたにも拘らず、お返事が遅くなってごめんなさい。
お父様に対してのシコリ…、本当に良かったと思います。
様々な出来事から、人生や生き方についての学びに変えていかれるお姿は、
とても力強く美しいものです。
これからは本当の幸せのために、歩んでいかれてください。
あなたの人生の一部に関わらせて頂けたことに、
心から感謝します。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ