プロフィール

上杉安可吏

Author:上杉安可吏
「灯りの扉」は、どんな時にもあなたの目の前にあります。
必用なのは勇気ではなく、幸せになりたいと願う思いだけです。
一歩踏み出して、その扉を開くのは、
他ならぬあなたなのです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

あなたが持っているもの

もっとこうしたい…、
もっとこうなりたい…、
もっと、もっと…。

次のステップや目標を大きく掲げることで、
私たちは向上心を養い、
成長してきたのだと思います。

その結果として日常生活は、
一年を通して著しく便利になり、
金銭の余裕さえあれば、
殆どの物を手にすることが出来き、
様々な経験や知識を身に着け、
沢山の選択肢の中から、
自分が望むら生活のスタイルを、
チョイスすることができます。

一歩外に出ると、
季節感あふれるインテリアや、
手が届きそうにない、
高級品のレイアウトに魅了されながらも、
何処からともなく聞こえてくる、
若い女性たちの、
「マジ可愛いんですけどお~」、
「超可愛い~」の声に、
少しだけ救われた気持ちになったりします。

そこら中に「超可愛い」は溢れていて、
しかもそんなに無理をしなくても、
手が届くのが運のつき、
あと少しで還暦を迎える私も、
か細い声で「カワイイ」と呟きながら、
気が付くと超可愛いキッチン用品や、
マジ可愛いバスグッズ、
激可愛い快眠グッズで家中が溢れています。

そしてその殆どの物が、
利便性の高い実用的なものではなく、
なんとなく癒されたり、
なんとなく楽しくなったり、
何となく心地好いものなのです。

何となく…、
この押し付けがましくない感覚が、
少し疲れてる私たちにあったかい。


単に物質の利便性を追求する時代は、
少しずつ姿を変え、
メンタルに働きかける付加価値、
心の豊かさの提供に向かっている様に感じます。

これだけ長いこと、
もっと、もっと求め得られてきたけれど、
何故か幸せだと言い切れないのは、
いつも先々を思い惑い、
今を見ていないからだと思うのです。


足し算の生活から、
引き算の生活へ変えてみようと、
言い出してから随分と経ちますが、
それを明確なカタチにしたのが、
既にご存知の断舎利だと思います。

加えて最近では、
物を持たない暮らしを提唱する、
ミニマリストが増えている様です。

私もここ二年くらいの間に、
大きな断舎利を三度やりました。

場所ごとに分けて、
数日を掛けてやるのですが、
三度目をもってしても、
物が無くなった感がないのです。

年末の大掃除を、
一気にする時間がないので、
鑑定の合間に、
時間を取って始めていますが、
ついでに四度目の断舎利を決行しています。

振り返ればこれまでの断舎利で、
燃えるものから不燃物まで、
相当を捨ててきましたが、
いまだに「捨てなきゃ良かった」と思ったものがありません。

それどころか、
昨日何を捨てたのかすら、
きっと書き出すことが出来ないでしょう。

それは自分が何を持っているかを、
知らずに生活をしていることと
同じことなのだと思います。


今自分はどんな物や、
どんな人たちに囲まれ生きているのかを、
その手に触れて知ることが、
幸せへの近道なのだと思います。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 鑑定 スピリチュアル 大掃除 幸せ 断舎利 ミニマリスト

霊視鑑定結果のご感想  自分を知るということ


上杉 安可吏 先生

先日はお忙しいところ、霊視鑑定ありがとうございました。
もう、読んでいて感極まりました。

誰にも相談できなくて長い間、もやもやと悩んでいたことを明確に教えていただくことができ、とても気持が軽くなりました。

私は、人の輪の中に入るのが苦手なこと、他人から嫌われることが怖いこと、仲良くなった人と長く続かないこと、敏感と鈍感な自分が今までの人生で常にあったこと、仕事での退職の理由も敏感な自分ゆえにと。
固定観念が強いこともそうですし、心当たりのないことで悩む自分もありました。
物事を上手く言えないことも悩みの種でした。
先生に視ていただいて、本当に良かったです。

また、先生からの丁寧なアドバイスもあり、今後努力していきたいと思います。
また、職業の面でも見ていただき、社会福祉士(高齢者・障害者・児童・地域福祉・病院等の分野があります。)と勤め先によって職務内容も変わるのですが、今までは高齢者(特別養護老人ホーム等)と地域福祉(社会福祉協議会・赤い羽根共同募金の実施をしています。さまざまな事業を展開しています。その中で、私は権利擁護事業(成年後見制度に該当しない高齢者や障害者の方々の金銭管理の仕事をしていました。その際、障害児の方の生活援助に興味を持ったことが記憶にあり、もとは幼稚園の先生を目指していたこともあって、周りの人たちに子供関係向いてるのでは?と言われたこともあって、冗談半分で聞いていましたが、先生の鑑定を読んで、ああそうだったのか、と感じました。)

子育てがひと段落して、気持に余裕が出来てきたら、また社会貢献していきたいと思います。
何より、自分は仕事が出来ないと思っていたので、働いたら迷惑なのかもしれないと思ってもいたので、先生にそうではないことを教えていただいたのが救いでした。

さらに、働いていく上で、コミュニケーション不足であることも、痛感しました。
思いこんだりする自分を克服して、世の中で頑張れるように今の生活の中で克服できることは頑張ってやりたい思います。
「嫌われることを恐れず、人見知りや自信が持てないご自分をも受け入れ、愛されて下さい。」
この言葉を常に忘れないように、頑張ります。

ありがとうございました。
先生もお体に気をつけてお過ごし下さい。
乱筆乱文にて失礼します。

●● ●●


自分の短所だと思うことを書き出すと、
これに、あれに…、
おっと、あれもそうだと、
次から次へと出て来るものですが、
反対に長所は??となると、
誰かに見せるものでもないのに、
大分遠慮気味にひとつか二つを、
捻り出す様に書き出す人が殆どです。

日本人特有の遺伝子の影響もあり、
短所は等身大の自分と向き合いながら、
もっとこうだったら…、
っていう部分を短所として捉え易いのですが、
長所となると自分と向き合うのではなく、
自分以外の人間と比較してしまう傾向にあります。


優しいと思う、けど…。
(私の優しさなんか特別じゃないよね)

明るい性格だと思う、けど…。
(大分無理をして笑顔作ってたりするよね)

真面目だと思う、けど…。
(当り前のことをするのは真面目って言わないか)

こんな声にならない声が、
すかさず脳裏を駆け巡っていき、
なんか違うなって、
グルグルとボールペンの試し書きの様に消していき、
何を書いても何処か嘘くさくって、
書いたものに堂々と胸が張れない。

「十一月の憂鬱」を書いた直ぐ後から、
寒冷前線の「技あり」で、
憂鬱は完全凍結してしまい、(苦笑)
いたって平常心の日々が続いていますが、
こういった心の状態に関わらず、
自己申告の長所に対しては、
やっぱり照れとは少し違う、
後ろめたさが付きまといます。

第三者と比較して勝っていることや、
自信を持っていることが長所だと、
無意識のうちに思い込んでしまっていることが、
後ろめたさの原因なのかもしれません。

霊視鑑定によって視えてきた、
ご依頼者様の短所に関して、
鑑定内容に沿う様に、
お伝えさせて頂きますが、
それは決して否定ではなく、
現在の望まない状況を作り出している、
ひとつの要因としてお伝えしているつもりです。


だから自分を変えてまで、
望むことなどないという選択もあるはずです


望ましい時間や環境をつくるためには、
自分を変える必要性がでてくる、
場面もあるに違いありませんが、
それ以前に、
自分を知ることによって、
心に染み入る気付きがあれば、
自分を変えるのではなく、
変わっていくのではないかと思います。


足りるところ、
足りないところがあっての私たちです。

その両方を受け入れることが、
自分を知ることだと思います。


少しの後ろめたさを感じながら、
情け深いところ…、
と書いてみようと思います。

今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 霊視 調書 短所 コミュニケーション 社会福祉士 固定観念

霊視鑑定結果のご感想  幸せってひとつじゃない

8月に鑑定結果をいただきました●●●●です。


お忙しい中、とてもご丁寧な鑑定結果を本当にありがとうございました。


鑑定結果を読ませていただいた時は驚くような気持ちは全く無く、とても納豆しました。

[私が求める恋愛は私に結婚を与えてくれない…]
本当にその通りだと感じました。わかっていながらもまた彼とよりを戻し、付き合っています。
彼と会えずにさみしくて辛い思いをするのかと思うと怖くて離れる事が出来ないです。でも、いつまでも続かないのはわかっているので、別れた時に後悔されたくないし、後悔しないようにしたいと思います。


本当にありがとうございました。

いただいた鑑定結果のメールなのですが、携帯電話が壊れてしまい保存して大切に何度も何度も読ませていただいてましたが、SDカードに保存出来ておらず、いただいた鑑定結果のメールが消えてしまいました…

すみませんがもし、鑑定結果のメールがそちらに保存されてましたらお手数ですが再送信をお願い出来ないでしょうか?

申し訳ありませんがよろしくお願いします。

●●●●

ご依頼者様のとても正直な気持ちに、
何かしら胸が熱くなったのを覚えています。

私たちはやっぱり人間なんですね、
頭では分かっていても、
心が…、
感情が…、
性がそれを邪魔をする。

幸せも不幸せも、
一本の糸で繋がっている訳じゃなく、
幸せや不幸せ
そして何でもない沢山の時間の、
一つひとつの瞬間が、
時の流れという船に乗って、
人生という航海をしているのだと思います。

だから切望する幸福が、
遥か遠くにすら今は見えなくても、
確かに感じられる温もりを、
あったかいと感じる今が、
確かに未来を創り、
そして未来に繋がっているのだと、
自信を持ってその幸せを感じれば良いのだと思います。

航海の船長は自分であり、
舵はあなたの手にあるのです。


結婚離婚も、
甲板から見える、
景色のひとつなのですから…。



今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : スピリチュアル 霊視 結婚 離婚 未来 幸せ 幸福

十一月の憂鬱

さっきまで顔をのぞかせていた太陽が、
いつの間にか雲に隠れ、
景色は一変して、
今にも雪が舞い降りそうな冬空になっています。

毎年やってくる、
十月のから解放されたのではないかと、
喜びも束の間、
十月のは十一月のに変わっただけでした。(笑)

しかも、遅くなった分だけ、
症状は悪化している気がしてなりません。

以前から天候と精神の安定には、
専門的なことは分からないけれど、
密接な関係があると、
確かに感じることを掲載してきましたが、

太陽がいない!

その瞬間から変わってしまう自身の精神状態は、
果たして如何なものだろうか。

まるで改札口で切符がないと、
慌てる精神構造に似ていると、
半ば呆れながらも、
例年より遅くやってきた、
十一月のと向き合っています。

十月のは、
長雨が大きな要因だろうと推測していましたが、
十一月のとなると、
直ぐには思い浮かばなくて、
湿度や雨のイメージに対しての反応じゃなく、
日照時間の脳への影響かな??

それとも私特有のことなのだろうかと、
記憶に残るこの頃の季節を引き出そうとしたけれど、
憂鬱への入り口は、
そう簡単には見つかりそうにありません。

そして辿り着いたのが、
きっと原因は一つではなく、
幾つかのネガティブが重なって、
重苦しい精神状態を引き起しているのだろうと、
結論を曖昧にした分だけ、
気持が楽に感じるのは何故でしょう。


若しかしたら、
私の精神の不安定さは、
ここにこそ大きな要因があるのではないかと、
ふと…、
しかも鮮明に脳裏を過っていきました。

「何とかなる」
「なるようにしかならない」

出来るだけそう思う様に、
自分を仕向けてきたけれど、
本質との歪みは、
少しずつ蓄積していって、
鼻先を渡る北風にすら、
心が落ち着かなくなってしまうのかも知れません。

スピリチュアル=「」は騙すことができないようです。

懸命に前向きになろうとすればするほど、
後退りしていく気持ち…。

人は何とかなる根拠が欲しいのです。
なるようになる訳が知りたいのです。

それを誰よりも知ってる私だから、
ご依頼者様の希望へ繋がる、
何かを探し出したいと願いながら、
霊視をさせて頂いていますが、
時に思うのです。

頑張らなくていいのかも知れないと…。

ネガティブの川に流されながら、
今一度歩いてみようかと、
心がニュートラルに入るまで、
自分を待ってみようか…、

そんな風に思えたら、
少しだけ太陽が顔を出した様に見えた。

今日も最後まで読んでくださって、
ありがとうございます。

↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 長雨 スピリチュアル 精神状態 ネガティブ 憂鬱 霊視

思い遣り、足りていますか

出来るだけブログを更新したい…、
更新しよう…、
いや更新するぞ!
そう自分自身に誓ったのは、
そう遠い昔ではないとハッキリと記憶しています。

頑張って、頑張って三日に一度更新して、
ごめんなさいと誰にともなく謝りながら、
一週間に一度に変わり、
気にはなっているんだけれどと、
言い訳も虚しく一か月が過ぎてしまいました。

恰好を付ける訳じゃないないけど、
読んでくださる人たちがいるという事実を前にして、
背筋を伸ばしている自分がいます。

ソファでくつろぎながら、
携帯で読んでくれている人もいるでしょうし、
何かのついでに立ち寄ってくれている人、
ネットサーフィンで偶然アクセスした人と、
その切っ掛けは様々であっても、
私の思いや考え、価値観が活字となって、
不特定多数の方々の目に触れる、
その責任や影響というものを、
少なからず自覚しているつもりだからか、
記事を更新する時には、
深呼吸と共に姿勢を正します。

ブログを読んでくださって、
霊視鑑定の依頼をして下さる方も多く、
先日のメールでの鑑定の方もそんなお一人でした。

お写真のその女性は、
一見すると人間関係の悩みなど、
彼女の思い過ごしではないかと疑うくらい、
とても爽やかな笑顔でしたが、
霊視を始めて直ぐに、
爽やかさは自分に対しての自信の現れであり、
白黒をハッキリ付けたがる性格が、
周りの人間達に不快感を与えている様子が視えてきました。

ただ本人には悪意はなく、
思ったことや日頃の考えを、
言動にしているだけの意識で、
そもそもそれだけの意識というところが、
一番の問題だと思いますが、

私たちには自己があり、
色々な場面で自己を表現しなければならない必然性も、
した方がいい優位性もあります。

ただ、そこには自己を表現することによって、
特定の誰かを批判したりするものであってはならないという、
暗黙のルールがあるはずなのです。

何故暗黙なのか…、
それが相手を思い遣るという、
人の気持ちに他ならないからです。

思い遣りとは規律や義務の介入しない、
人となりの心の現れだと思います。


自分にとっての正義が、
第三者の不快に繋がらないかを、
思い遣ることが大切ではないかとお伝えしました。



9日の掲載を読んでくださった方は、
以下の文が少々違っていることに、
疑問を持たれるかもしれませんが、
自分のことが公の場にさらされ非難されるのは、
とても辛いとのメールを、
ご本人様から頂戴しました。

個人を特定できない様に配慮させて頂きましたし、
一個人を批判するものでは決してなく、
私を始め誰にとっても起こり得ることの、
気付きとして掲載をさせて頂きましたし、
読んでくださった方々には、
何故、これを掲載させて頂いたのかの意図を、
ご理解頂けるものと確信しておりますので、
公の場での批判と捉えられてしまったことは、
とても残念でございましたが、
その方がお悲しみの中におられるのなら、
それは私の本意ではありませんので、
下記水平線より下を書き換えましたことを、
どうぞご理解ください。




私たちは、何ら特別なこととしてではなく、
いとも簡単に、
そして当たり前に、
思い遣りという言葉を使いますが、
自分を思い遣るように、
果たして私たちは、
目の前の人を思い遣っているのでしょうか…。

大切な人からの思い遣りを欲しがるように、
思い遣りを差し出しているでしょうか。

人間関係の構築は、
特別な人だけの問題ではなく、
家族という身近なものから、
社会という大きな枠組みまで、
何らかの組織に属し生きている限り、
避けては通ることの出来ないものですが、
正義や論理で向かえば、
決して固まることはありません。

人の数だけ正義があり、
人の数だけ価値観があるからです。

他人同士だけじゃなく、
親子だって、兄妹だって、
夫婦だって、みんな違うけれど、
確かに繋ぎ合うものがある。

それが思い遣る気持ちであり、
そのやり取りこそが人間関係の構築の基礎であり、
人となりの姿だと思うのです。


今日も最期まで読んでくださって、
ありがとうございました。


↑↑↑
ブログランキングに参加してします。
ワンクリックして頂けたら、嬉しく思います。
blogramで人気ブログを分析
↑↑↑
blogramランキング参加中!
霊視鑑定・スピリチュアルカウンセリング 灯りの扉 El


人気ブログランキングへ

タグ : 霊視鑑定 スピリチュアル ネットサーフィン 思い遣り 人間関係 深い

  【BACK TO HOME】  


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE



Powered by FC2ブログ